U.S.A. アメリカ Vol.50(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.24 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
昨日書きましたとおり、今日はワシントン、ネバダ、ハワイ、アラスカ、プエルトリコ(11日追加)、次回と次々回は College です。アメリカには、University とは別に、素晴らしい College があります。
なお、今日も念のためですが、常々、アメリカの政策情報を紹介する以外の意図は一切ありません。また、舌足らずにならざるを得ない面がありますが、
国益にマイナスにならない範囲で、確たる論拠を持ってであれば、政権批判は、どの国でもその国民の誰でもして構わない、と(弊社を離れた)一個人の一般論としては考えております。
政権与党・政府は、何だかんだ言っても権限を持っていて強く、常に税金を使うことを伴うその権限行使が実際に国民生活や企業活動に多大なる影響をもたらすためです。色々批判があっても、野党よりマシと国民が判断すれば、政権は続きます。頭脳面と実行面の両面で現実的な能力が野党にも必要とされますし、そういう有能な野党の存在が与党の能力をも高めて国力を強くします。

Washington
最近のポスト


加えて、

Nevada
最近のポスト


加えて、

Hawaii

Alaska

Puerto Rico

U.S.A. アメリカ Vol.46(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.20 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今日は、 UCLA と UCバークレー のツイートを貼っておきます。6日、40個ほど追加しました。
なお、この大学ツイート特集に限りませんが、専門家等によるこういう政策議論がありますというご紹介として、あまりに極端なもの等を除いて当サイトに貼っています。その結果、それらの党派色が見えることがありますが、いつも書いておりますように政治的意図等は一切ありませんし、政治的影響も無いと判断しております。

U.S.A. アメリカ Vol.45(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.19 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今日は、University of California, San Diego です。

U.S.A. アメリカ Vol.41(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.15 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今日は、University of California の Merced・Santa Cruz・Riverside・San Francisco の4 campuses です。

U.S.A. アメリカ Vol.39(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.13 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今日からカリフォルニアですが、Cal State(California State University)campuses だけでも2回に分けても1回が多くなるほど集まり、その前半です。多く集まったことからは、Cal State の大学としての各種要素がしっかりしている、と判断していいのではないでしょうか。なお、この大学ツイート特集では、大学密集地域等、とりわけアメリカの東半分(~東3分の1)等については、アメリカ全国の大学のツイートを紹介しようという方針の下で北東部から順に先に取り上げた等のため、(それでも各州一通りはチェック済ですが)必ずしも全ての州立大学からツイートを集めてはいないことを申し添えておきます。

U.S.A. アメリカ Vol.35(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.9 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
引き続き以下貼っておきます。


オクラホマについては、最近の下記ポストをご覧ください。
Concerning Oklahoma, you can check out the below recent post.

U.S.A. アメリカ Vol.33(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.7 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
引き続き以下貼っておきます。
なお、前回書きましたとおり、選挙関連情報は、次の選挙までの政策、ひいては次の選挙までのその国民の日常生活に影響があり得るという認識を持っております。時間が経つとリンクは切れ始めますが、法の下で(政治家でない者の)人権を保護する等の観点からそれが当然という場合もあります。
当サイト全般に党派性・政治的意図・選挙関与は無いところ、アメリカの政権与党等に対する学識者による批判が書かれているツイートも、日本にとって最重要国であるアメリカの次の選挙までの政権与党の政策の詳細把握等のために、このアメリカ各地大学ツイート特集では掲載しており、学問的内容も含んでおります。

U.S.A. アメリカ Vol.27(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.1 -大学ツイート)

All the below tweets are in English.
取り急ぎ標記につき以下貼っておきます。
選挙分析よりあくまで政権与党の政策分析が常に頭の中心にあり、中間選挙後に次の選挙までのアメリカの政策ひいては国民の生活がどうなるかという観点でツイートを拾う、姿勢を前面に出す意味で、標記タイトル日本語部分を「各種政策及び中間選挙」から「各種政策等」に変えました。政策分析も、本来、そう単純ではないので、タイトルも単純であれば良いということは決してないと考えていますが、なるべく曲解されないようにすることも必要ではあります。(当該斜体部分18日追加、19日以降同じ。)

Cyber Security et al. サイバーセキュリティ等 Vol.3

All the below tweets are in English.
Partly because it is the last day of (National) Cybersecurity Awareness Month, and because we have felt odd/suspicious disturbances on a daily basis, we had RTed to try to have a kind of summary of the month on Twitter. During that time, there came such disturbances as usual. If we may, we would say this is not a delusion of persecution, and that there is at least a person who always react to our RTs and work against our efforts while we are very fair under the rule of law. Whoever of any country unfairly disturb lawful/healthy economic activities need(s) to be strictly judged and punished in the end under the rule of law. It is obvious that all the people can live and countries can exist, thanks to the presence of sound private-sector economy.
今日が最終日であり、普段から妙な邪魔を感じてもおり、一応まとめておこうかとリツイートを始めたら、詳細は言いませんがまた邪魔が入りました。
法の支配の下で弊社は公正に業務を行っておりますところ、被害妄想ではなく、RTに反応して弊社業務を毎日少しずつ引っ張る者が居ます。
合法かつ健全な経済活動を不当に邪魔をする者は、どこの誰であれ、最終的に、法の支配の下で厳正に裁かれなければなりません。
言わずもがなですが、民間経済あっての国民や国家の存立です。

U.S.-Japan Summit Meetings 日米首脳会談 Vol.18(Abe’s visit to the U.S. 安倍首相訪米:Trade / UN General Assembly など)

標記及び関連の英文ツイートを取り急ぎ以下貼っておきます。