Cyber Security et al. サイバーセキュリティ等 Vol.3

All the below tweets are in English.
Partly because it is the last day of (National) Cybersecurity Awareness Month, and because we have felt odd/suspicious disturbances on a daily basis, we had RTed to try to have a kind of summary of the month on Twitter. During that time, there came such disturbances as usual. If we may, we would say this is not a delusion of persecution, and that there is at least a person who always react to our RTs and work against our efforts while we are very fair under the rule of law. Whoever of any country unfairly disturb lawful/healthy economic activities need(s) to be strictly judged and punished in the end under the rule of law. It is obvious that all the people can live and countries can exist, thanks to the presence of sound private-sector economy.
今日が最終日であり、普段から妙な邪魔を感じてもおり、一応まとめておこうかとリツイートを始めたら、詳細は言いませんがまた邪魔が入りました。
法の支配の下で弊社は公正に業務を行っておりますところ、被害妄想ではなく、RTに反応して弊社業務を毎日少しずつ引っ張る者が居ます。
合法かつ健全な経済活動を不当に邪魔をする者は、どこの誰であれ、最終的に、法の支配の下で厳正に裁かれなければなりません。
言わずもがなですが、民間経済あっての国民や国家の存立です。

Cyber Security et al. サイバーセキュリティ等 Vol.2

All the below tweets are in English.

標記関連等記事を以下貼っておきます。
Whatever ranks/positions/occupations they belong/have, there always seem to be cases in which assailants/attackers lack IQ/EQ that enable them to precisely understand each kind of damages including victims’ anxieties and time. However, it is a matter of course that such cases usually constitute crimes, and that they impede people’s healthy economic activities and daily lives.
A fair, democratic society, based on the rule of law, needs to strictly punish such assailants/attackers who can’t understand the fatigue of victims who repress their own emotions to directly fight back.
Japanese people/government have to participate in and cooperate with the international society’s countermeasures.
いつも感じるのは、被害者の心労や時間も含めた各種被害の大きさを認識できるだけのIQやEQが、どういう肩書であれ加害者には欠如している場合もあるということです。ただ、それでも勿論、犯罪は成立し、そういう行為は健全な経済活動・日常生活を妨げもします。
直接反撃をグッとこらえる被害者の疲労を理解できない加害者を、公正な民主主義社会においては法の支配の下、厳正に処罰しなければなりません。
日本人・日本国も国際社会の対処に参画協力して行かねばなりません。


https://twitter.com/sultanofcyber/status/1034826723186098177

U.S.A. アメリカ Vol.25(Policy Changes 政策変更 Vol.11 – incl. Turkey’s lira crisis トルコ通貨危機含む)

All the below links are in English.

取り急ぎ、標記につき以下貼っておきます。

US Policy Changes Vol.98 (Foreign Policy Vol.14: Turkey’s lira crisis)
トルコリラ急落ニュースの抜粋です。

US Policy Changes Vol.97 (Foreign Policy Vol.13)

US Policy Changes Vol.95 (Foreign Policy Vol.12)

US Policy Changes Vol.94 (Foreign Policy Vol.11: NATO & G7 summit)

US Policy Changes Vol.93 (Foreign Policy Vol.10)

US Policy Changes Vol.92 (Quantitative Easing)

US Policy Changes Vol.90 (Trade)

US Policy Changes Vol.83 (G7 Canada, Trade, et al.)

US Policy Changes Vol.81 (Economy, Monetary policy, Budget, Trade, Urban-Rural, et al.)

US Policy Changes Vol.79 (National Defense Strategy, National Security Strategy, Geopolitics, Transatlantic divide, et al.)

US Policy Changes Vol.78 (Global politics, Nuclear deterrence, Economic inequality, Mobility, et al.)

US Policy Changes Vol.76 (Trade, Energy, National Security, Financial Regulation, Tax, Values, et al.)

Cyber Security et al. サイバーセキュリティ等 Vol.1

全ての面で予測可能性をぶち壊す(狭義の cyber security である)cyber attacks/crimes は、断じて許されてはなりません。
また、関連して、現実と異なることなどが書かれたり、風評として広まったりというのは、珍しくありません。Fake news と一蹴してニュース全般を軽んじるのはいけませんが、実際に Fake news っぽいものも流れることがあり、(広義の cyber security への)現実の対応は単純には行きません。
どういう会社等でも主業務に追われなかなか手が回らない傾向にありますが、AI・ロボット・IoTの時代背景からも取り組んで行かざるを得ないサイバーセキュリティ等につき、関連ツイートを取り急ぎ以下貼っておきます。


午後0時50分頃に投稿し、上の3記事を追加するために午後1時20分頃に再ログインしたら、宣伝もしていないのに通常無い形で殺到されていますね。驚きました。
冒頭に書きましたように、狭義広義のサイバーセキュリティ等には取り組んで行かざるを得ませんので、そういう表れなのでしょう。

TPP (Trans-Pacific Partnership) Vol.2

All the below tweets are in English.

標記につき若干古いものも含めて以下貼っておきます。


https://twitter.com/StevenCiobo/status/1014071120444547072

EU-Japan Economic Partnership Agreement 日EU経済連携協定(EPA)

All the below links but cf. are in Japanese, and all the below tweets are in English.

17日に首相官邸で日本とEUが署名した標記につき、以下貼っておきます。

日本語
日本とEU EPAに署名|NHK(下記は抜粋)
チーズ
日本が現在29.8%の関税をかけているカマンベールやモッツァレラといったいわゆる「ソフトチーズ」を含む最大3万1000トンまでの新たな輸入枠を設けます。
この輸入枠の関税は、協定の発効後、年々削減して15年後に撤廃するとしています。
また、この輸入枠を上回るチーズの関税率は現在の水準を維持します。
豚肉・牛肉
「豚肉」については、日本が価格が安い豚肉にかけている1キロあたり最大482円の関税を、協定発効後、9年をかけて50円まで削減します。
また価格が高い豚肉の4.3%の関税率は9年かけて撤廃します。
「牛肉」は、日本がかけている現在の38.5%の関税率を、15年かけて9%まで削減します。
「牛肉」と「豚肉」では、輸入量が急増した際に生産者への影響を緩和するため日本が関税率を引き上げることができる「セーフガード」と呼ばれる措置を導入します。これらは、TPP=環太平洋パートナーシップ協定とほぼ同じ内容になっています。
乗用車/自動車部品
EUは、日本から輸出される「乗用車」にかけている10%の関税を協定発効の7年後に撤廃するほか、「自動車部品」は、貿易額ベースで92.1%の品目について協定発効後、関税を即時、撤廃します。
日本とEUがEPAに署名、米保護主義に対抗(2018年7月18日)| BBC (下記は抜粋)
人口6億人、世界の国内総生産(GDP)の3分の1近くを占める経済圏が生まれる。2019年初頭の発効を目指している。
日欧EPA調印、「自由貿易前進の意思示す」と安倍首相(2018年7月17日)| ロイター
EPA署名 日本ワインに転換点 山梨「『甲州』の積極的な世界進出を」(2018年7月20日)| 産経新聞
日EU経済連携協定(EPA)| 外務省
cf. European Commission
Excerpt:… The EPA includes a free trade agreement (FTA) which opens up trade in goods between the two regions. Unlike other FTAs, the EPA helps their development through trade…

English

TPP (Trans-Pacific Partnership) Vol.1

All the links and tweets are in English.

今月署名された標記の協定に係る報道等につき取り急ぎ貼っておきます。

Canada Vol.38 / Trans-Pacific Partnership #TPP Vol.4

Australia Vol.15 / Trans-Pacific Partnership #TPP Vol.2

New Zealand Vol.15 / Trans-Pacific Partnership #TPP Vol.1

Trans-Pacific Partnership #TPP Vol.3 (Miscellaneous)

追加


TPP, RCEP, and Japan’s Agricultural Policy Reforms (PDF; 03/31/2014) | Hiro Lee, Ken Itakura @osaka_univ_e
CPTPP ‘levels the playing field’ in Japan (02/03/2018) | @WTO Center VCCI

U.S.-Japan Summit Meetings 日米首脳会談 Vol.14(関連6: Australia, European Union, Russia, China, North Korea など)

日米首脳会談自体からは離れていますが、標記関連ツイートの一部を以下貼っておきます。

U.S.-Japan Summit Meetings 日米首脳会談 Vol.13(関連5: NAFTA, TPP, India, China, North Korea など)

日米首脳会談自体からは離れていますが、標記関連ツイートの一部を以下貼っておきます。


https://twitter.com/PennLaw/status/927544602126618625

U.S.-Japan Summit Meetings 日米首脳会談 Vol.11(関連3: Australiaメディアの報道 — TPP, APEC, China, North Koreaなど)

日米首脳会談自体からは離れていますが、標記関連ツイートの一部を以下貼っておきます。