U.S.A. アメリカ Vol.51(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.25 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
さて、全米の College 前半です。
専門的研究内容の(言語についてではない、仲介)翻訳人のような存在が必要であろうケースも少なくない感もありますが、各種研究成果を現実の政策立案・施行に上手く活用することは企業活動や国民生活の向上に大きく資します。アメリカでは、大学(University 及び College)における各分野の研究成果が、少なくとも現実社会で日常的に見られてはいます。

U.S.A. アメリカ Vol.46(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.20 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今日は、 UCLA と UCバークレー のツイートを貼っておきます。6日、40個ほど追加しました。
なお、この大学ツイート特集に限りませんが、専門家等によるこういう政策議論がありますというご紹介として、あまりに極端なもの等を除いて当サイトに貼っています。その結果、それらの党派色が見えることがありますが、いつも書いておりますように政治的意図等は一切ありませんし、政治的影響も無いと判断しております。

U.S.A. アメリカ Vol.45(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.19 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今日は、University of California, San Diego です。

U.S.A. アメリカ Vol.38(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.12 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今日は、オレゴンです。(地域性はあるにしても大学全体ではないのでしょうが)ある国との関係に傾き過ぎているスクールもあるのはここには無い情報から察しておりますが、あくまでツイート内容自体を見る機会として、原則通り貼っています。一貫して、政治的意図等は一切ありません。

U.S.A. アメリカ Vol.37(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.11 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
今回は、ニューメキシコ、アリゾナ、ユタ、アイダホ と北上しました。アジア関連が多かったです。

U.S.A. アメリカ Vol.35(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.9 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
引き続き以下貼っておきます。


オクラホマについては、最近の下記ポストをご覧ください。
Concerning Oklahoma, you can check out the below recent post.

U.S.A. アメリカ Vol.34(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.8 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
なるべく内容のあるものを党派性等を持たずに選ぶといういつものスタイルで、歴史関連を含めて数が多くなりましたが今日も以下貼っておきます。
なお、前回から、Central Time Zone と Mountain Time Zone を行ったり来たりしています。あと、何でもない“トリビア”ですが、語源が同じとされ綴りも近いアーカンソー Arkansas とカンザス Kansas は州境を接していないんですね。
Here, without partisanship, we have done and will continue doing our best to choose copious tweets of U.S. universities. …

U.S.A. アメリカ Vol.33(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.7 - 大学ツイート)

All the below tweets are in English.
引き続き以下貼っておきます。
なお、前回書きましたとおり、選挙関連情報は、次の選挙までの政策、ひいては次の選挙までのその国民の日常生活に影響があり得るという認識を持っております。時間が経つとリンクは切れ始めますが、法の下で(政治家でない者の)人権を保護する等の観点からそれが当然という場合もあります。
当サイト全般に党派性・政治的意図・選挙関与は無いところ、アメリカの政権与党等に対する学識者による批判が書かれているツイートも、日本にとって最重要国であるアメリカの次の選挙までの政権与党の政策の詳細把握等のために、このアメリカ各地大学ツイート特集では掲載しており、学問的内容も含んでおります。

Cyber Security et al. サイバーセキュリティ等 Vol.3

All the below tweets are in English.
Partly because it is the last day of (National) Cybersecurity Awareness Month, and because we have felt odd/suspicious disturbances on a daily basis, we had RTed to try to have a kind of summary of the month on Twitter. During that time, there came such disturbances as usual. If we may, we would say this is not a delusion of persecution, and that there is at least a person who always react to our RTs and work against our efforts while we are very fair under the rule of law. Whoever of any country unfairly disturb lawful/healthy economic activities need(s) to be strictly judged and punished in the end under the rule of law. It is obvious that all the people can live and countries can exist, thanks to the presence of sound private-sector economy.
今日が最終日であり、普段から妙な邪魔を感じてもおり、一応まとめておこうかとリツイートを始めたら、詳細は言いませんがまた邪魔が入りました。
法の支配の下で弊社は公正に業務を行っておりますところ、被害妄想ではなく、RTに反応して弊社業務を毎日少しずつ引っ張る者が居ます。
合法かつ健全な経済活動を不当に邪魔をする者は、どこの誰であれ、最終的に、法の支配の下で厳正に裁かれなければなりません。
言わずもがなですが、民間経済あっての国民や国家の存立です。

Cyber Security et al. サイバーセキュリティ等 Vol.2

All the below tweets are in English.

標記関連等記事を以下貼っておきます。
Whatever ranks/positions/occupations they belong/have, there always seem to be cases in which assailants/attackers lack IQ/EQ that enable them to precisely understand each kind of damages including victims’ anxieties and time. However, it is a matter of course that such cases usually constitute crimes, and that they impede people’s healthy economic activities and daily lives.
A fair, democratic society, based on the rule of law, needs to strictly punish such assailants/attackers who can’t understand the fatigue of victims who repress their own emotions to directly fight back.
Japanese people/government have to participate in and cooperate with the international society’s countermeasures.
いつも感じるのは、被害者の心労や時間も含めた各種被害の大きさを認識できるだけのIQやEQが、どういう肩書であれ加害者には欠如している場合もあるということです。ただ、それでも勿論、犯罪は成立し、そういう行為は健全な経済活動・日常生活を妨げもします。
直接反撃をグッとこらえる被害者の疲労を理解できない加害者を、公正な民主主義社会においては法の支配の下、厳正に処罰しなければなりません。
日本人・日本国も国際社会の対処に参画協力して行かねばなりません。


https://twitter.com/sultanofcyber/status/1034826723186098177