ツイッター paper.li Vol.24

All the below links are in English.

弊社ツイッターアカウントの一つ @WSjp_insight のRTによる paper.li 掲載記事9件を貼っておきます。

Private Banking and Wealth Management are still stuck in the past (07/25/2017) | @DeloitteCH @FintechCH

ETH Zurich team creates all-concrete SkelETHon canoe built on slender “bones” (27/06/2017) | @emmatucker @dezeen @swissnexSF

Dunedin suits publishing business well (06/07/2017) | @sallyrae8 @odtnews @otago

Profiles of Norwegian science: Russia, Norway’s High North neighbor (06/30/2017) | @IlanKelman @NAWeekly

Profiles of Norwegian science: Russia, Norway’s High North neighbor (06/30/2017) | @IlanKelman @NAWeekly

7 Ways to Celebrate Canada’s 150th Birthday (12/22/2016) | @daliahsinger @outsidemagazine

Joint Ocean Ice Studies | @DFO_Science

Complaints to CER about energy suppliers down (w Voice; 08/06/2017) | @Irish_Biz @rte

Aberdeen scientists need your help to track the spread of New Zealand Flatworms (01/06/2017) | @aberdeenuni

日本のガラパゴス症候群 Vol.8 (rankings… 各種世界ランキング等)

(All the below are in English.)

標記につき @WSjp_insight にてRTしたもの等を貼っておきます。
ランキング等は客観的とも言い切れず、数や種類も個別に全てを追いかけるには多すぎ、自国のランキング等について一喜一憂しても意味がありません。しかしながら、自国を含め世界各国に関する様々な分析及び対応は常々必要です。
なお、「日本のガラパゴス症候群」という標題でこれまで来ていますが、総じて我が国を否定する趣旨では当然なく、あくまで今後の一層の繁栄のために改善すべき点を常々考えておかねばならないという趣旨です。当然ながら、我が国には素晴らしい面がたくさんあります。

The 10 Safest Countries in the World (06/09/2017) | Ryan Craggs & Lilit Marcus @CNTraveler

The Most Powerful Passport in the World (03/16/2017) | Katherine LaGrave @CNTraveler

Which country has the best reputation in 2017? | @Reputation_Inst

No. 2 ranking on index makes Canada one of world’s best countries (06/28/2016) | DON BUTLER @OttawaCitizen

CANADA’S BEST PLACES TO LIVE 2017 | @MoneySense

Leeds ranked fifth on Lonely Planet’s Best In Europe 2017 list (23/05/2017) | @fperraudin @guardian

How free is the press… | @RSF_en

The USA toppled as world’s most competitive economy (30/05/2016) | @IMD_Bschool

Global Peace Index 2017 | @VisionHumanity

Vienna tops Mercer’s 19th Quality of Living ranking (14/03/2017) | @mercer

The Legatum Prosperity Index™ 2016 | @ProsperityIndex

Sweden officially the ‘goodest’ country in the world, study says (02/06/2016) | @Mal_Siret @Independent

Finland is one of the best countries to live, so why are so many smart young people leaving? (04/07/2017) | @wef

Denmark, Finland and Sweden are the world’s best at clean technology innovation (14/06/2017) | Tom Turula @BINordic
Finland is ranked the world’s 2nd most innovative cleantech country (06/13/2017) | @CleantechFIN

WHAT IS THE GREENEST COUNTRY IN THE WORLD? (04/30/2016) | @atlasandboots

2016 @EdelmanPR TRUST BAROMETER

What You Need to Know About Sweden’s Fintech Scene (05/18/2017) | @joeliebkind @TechCoHQ

These are the world’s most creative countries (13/10/2015) | Jenny Soffel @wef

The 31 happiest, richest, healthiest, and safest countries in the world (05/30/2016) | WILL MARTIN @BIAUS

39% Drop in Foreign Students Enrolling in US Universities | @edarabia

Ranking business taxes 2016 | @KPMG

Why Invest in Canada? | @invest_canada

Which countries spend the most on research and development? (09/07/2015) | Paul Muggeridge @wef

cf. 欧州のみ
Best European countries for business 2017 | @eucham

Which Europeans have the longest working lives? (09/05/2017) | Stéphanie Thomson @wef

Denmark is the second most innovative country in the EU (21/06/2017) | @CopenhagenIPA
Netherlands in top 5 of Europe’s most innovative countries (06/20/2017) | Janene Pieters @ NLTimes.nl

UCPH tops the Nordic bill in Nature and Science (25/04/2017) | @uni_copenhagen

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.17

(All the below links are in English.)

Vol.17 パワーポリティクスの重要性(第5章-7)

 『今世紀の米国』とも言われる中国は、当初は中小民間企業の発展による近代経済の奇跡を起こしていたが、1990年代までには大手国営企業が民間企業を邪魔するようになってしまい、世界で最も近代的な都市と評されることもある上海は、中国で最も非起業的な都市とも言われている。
 また、中国は、IMFやWTOにおける自国の国際的影響力が国力ほど大きくないのではないかという心配をしている。戦間期に米国が、古き覇権国であった英国のパワーの道具かのようで英国の利益に直結していた国際連盟に、心地悪さを覚えたのと同様である。
 そして、2009年初期のベストセラー『不幸な中国』は中国が超大国として自国の権利を主張することを促し、2008年10月24日のASEM直前には胡主席(当時)は構築される国際秩序においてより大きな声で中国のリーダーシップを発揮していくと約束している。2009年3月には、世界の中心国家たる中国は、米ドルの将来の役割の不透明さを取り上げ、世界の中心国家で無かったフランスが1960年代に主張していた基軸通貨をドルから総合的準備通貨へ変更する計画を持ち出したりもした。

あくまで参考
Capitalism with Chinese Characteristics – Entrepreneurship and the State (PDF; 2008) | YASHENG HUANG @MITSloan
Is China the New America?: The Great Depression made the United States the world’s unquestioned financial leader. The current crisis can do the same for China. (3/25/2009) | Harold James @ForeignPolicy
Towards a new reserve currency system? | @HrReisen @OECD_Centre @OECDObserver

ツイッター paper.li Vol.22

All the below links are in English.

弊社ツイッターアカウントの一つ @WSjp_insight のRTによる paper.li 掲載記事5件を貼っておきます。

The Ocean Conference (5-8 June 2017) | @SustDev

Which countries provide their citizens with the best higher education? (5/4/2017) | @wef

Predicting a quake’s impact: Kiwi scientists model seismic waves to identify at-risk buildings (w Video; 5/7/2017) | @mcquillanator @NZStuff @UCNZ

Building an Economy that Works for Everyone: Implications of Privatization and the Pacheco Law (5/11/2015) | @MassBudget

FRANCE IS THE IDEA – Who are the new movers and shakers of French creativity? (w Video) | @nytimes @BFranceNA

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.16

(All the below links are in English.)

Vol.16 パワーポリティクスの重要性(第5章-6)

 銀行規制の問題と財政出動の問題の両方を欧州の政治が解決する策としては、前者については、欧州の銀行を一般的に監督するための技術的分析的能力を明らかに持っているECB(欧州中央銀行)がEU加盟各国の中央銀行を導管として活用することであった。
 その上で問題となったのが、財政面での支援負担を各国政府間でどのように分かち合うのかである。一つのもっともな魅力的提案は欧州債の発行であったが、各国政府とりわけ大国がこの一時的危機対応によっていつも責任を負わねばならなくなるという政治的な圧力のシフトが起きるのを怖れて反対した。
 結局、前者及び後者の解決において、より一層の欧州化を進めるか欧州統合を元に戻すのかというジレンマに直面した。
 欧州化においては特にECBかEC(欧州委員会)を活用しなければならないのは明白であったが、ECBは欧州経済共同体加盟国中央銀行バーゼル委員会の拡張としてEUの枠外で拡大されたものであり、ECは永く行き詰っていた(ため容易ではない)。
 更に、一層の欧州化は加盟国国家とりわけ独仏のような大国が主導者として進めるものであるが、相対的にその大国を弱くすることを含意しているため、大国は抵抗するであろうし、自国のケインズ的政策が効く状態即ち自国銀行のみを規制する現状に留まり納税者有権者という政治的支援者に恩恵を向けようとするだろうということがあった。この相反は、世界最良のモデルと一時は持て囃されたEUを急速に不安定にしている。

あくまで参考
Speech “Financial crisis: Where does Europe stand?” (12/2/2009) | Lorenzo Bini Smaghi, Member of the Executive Board of the ECB
Will the Euro survive, David Marsh? (12/07/2011) | @OlafStorbeck
Guide to banking supervision (PDF; 11/2014) | @ecb
GLOBAL IMBALANCES AND THE LESSONS OF BRETTON WOODS (PDF; 5/2004) | @B_Eichengreen @nberpubs

ツイッター paper.li Vol.19

All the below links are in English.

弊社ツイッターアカウントの一つ @WSjp_insight のRTによる paper.li 掲載記事12件を貼っておきます。

Cape Town bursting at the seams (12/19/2014) | @nashhannibal,@rox_henderson @TimesLIVE

Rightsizing the Region: France Redraws its Map (12/9/2014) | @BrookingsInst

Signs of an economic improvement (1/19/2015) | @Bundesbank

Analysis: UK wind generated more electricity than coal in 2016 (1/5/2017)| @DrSimEvans @CarbonBrief

Quebec tables balanced budget; says economic climate remains ‘favourable’ (3/17/2016) | @NickVanPraet @globeandmail

B.C. could lead Canadian economic growth in low-loonie era, economists say (1/15/2016) | @CBC

Economic Outlook 2016: B.C. to fly above resource mire (1/5/2016) | @jenstden @bizinvancouver

Prince Edward Island | @UWaterloo

Economic Development and Tourism | @CornwallHeath @InfoPEI

Saskatchewan to Rebound from Recession in 2016 (12/7/2015) | @Conferenceboard

Strong Saskatchewan economy despite challenges (1/16/2016) | @MJTimesHerald @PressReader

How will low oil prices affect Saskatchewan’s economy? (1/18/2016) | @LeishaCBC,@JSGSPP @CBC

Global Power City Index(世界の都市総合力ランキング)2016 - Institute for Urban Strategies, Mori Memorial Foundation(森記念財団都市戦略研究所)

The below link is in English.

標記 Global Power City Index 2016 | Institute for Urban Strategies, The Mori Memorial Foundation において、東京が3位にランクインしています。
日本発の数少ない指標において日本の代表都市が正々堂々上位ランクインしていることを残しておく意味でも、ご参考まで summary の一部を以下貼らせて頂きます。
GPCI5GPCI6
GPCI7GPCI8GPCI9
GPCI10GPCI11
GPCI12GPCI13
GPCI14GPCI15GPCI16GPCI17

U.S.A. アメリカ Vol.16(Policy Changes Vol.6 ー 政策変更)

All the below links are in English.

以下弊社ページ(全て英語)は、標記につき取り急ぎ関係記事等の一部を抜粋したものです。
各回、複数の分類に入り得る記事があります。
今後も、原則として、弊社英語サイトにて動向を追う等して参ります。

Vol.55(ニクソン政権との比較 Vol.1)

Vol.54(R&D Vol.2)

Vol.53(観光、IT等 Vol.3 - ホテル産業、デジタルディバイド)

Vol.52(その他 Vol.7 - 価値観、国体)

Vol.51(その他 Vol.6 - 論文:格差と民主主義制度の反応性)

Vol.50(インフラ Vol.5 - 水道)

Vol.49(外交 Vol.8)

Vol.48(ヘルスケア Vol.4)

Vol.47(その他 Vol.5 - 論文:政治の機能不全)

Vol.46(雇用 Vol.5 - 貿易、有給休暇、最低賃金、収入)

Vol.45(外交 Vol.7 - 論文:グローバリゼーション)

Vol.44(安全保障 Vol.3 - テロリズム、予算、核、IS)

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.15

(All the below links are in English.)

Vol.15 パワーポリティクスの重要性(第5章-5)

 ユーロの新興国の中央銀行が保有するのに、米国国債の代替としてユーロ建て国債を挙げる考え方もある。しかし、ユーロの先行きも米ドル同様に不透明である。そして、米国金融危機の新興国市場への爆裂により、欧州の銀行の不安定に係る懸念材料が新たに加わった。
 第一に、中欧のEU加盟国及び非加盟国の銀行の為替リスクが非常に高まったために、例えばオーストリアでは同国銀行が周辺国に貸出等している同国GDP比70%相当の2300億ユーロが危険に晒されることとなった。
 第二に、ユーロ地域でのマクロ経済政策の難しさである。1999年の単一通貨・為替レート固定により競争力の違いを為替レートで調整できなくなり、物品生産構造から生じる競争力の違いを助長した。例えば、皮革や繊維などを売り物にするイタリアは、精密機械などを売り物にするドイツよりも、高成長の新興国との競争において脆弱である、などである。
 第三に、マーストリヒト条約締結以来永く論じられてきた財政政策である。EUの予算は加盟国のそれに比較して少なく、各加盟国がそれぞれ拠出している。問題は、伊希葡などは公債比率が高く、財政政策によっても経済危機を免れそうになく、EU全体としては財政政策は無力であることであった。
 第四に、経済情勢下降局面でのケインズ的需要喚起策は1930年代の不況期の知的生産物であったので、あくまで国内を満たす仕様であったことである。財政出動の恩恵が国内から漏れてしまい外国も恩恵に与る時代には、国内経済浮揚策としては無駄が多く魅力に欠けてしまうこととなった。加えて、ケインズ主義は大国には効果的だが、小国には財政出動の負担が大きいため抑制的にかつ国民の自己犠牲的にならざるを得ないという点があった。

あくまで参考
The Euro as a Reserve Currency (PDF; Nov 1997) | Barry Eichengreen @UCBerkeley
Global Imbalances: past, present and future (PDF; 2011) | Marcello de Cecco, Scuola Normale Superiore di Pisa and LUISS @INETeconomics
The euro as a reserve currency: a challenge to the pre-eminence of the US dollar? (PDF; 2009) | Gabriele Galati & Philip Wooldridge @BIS-org
Global Imbalances: The New Economy, the Dark Matter, the Savvy Investor, and the Standard Analysis (PDF; March 2006) | Barry Eichengreen @UCBerkeley
AN ESSAY ON THE REVIVED BRETTON WOODS SYSTEM (PDF; September 2003) | Michael P. Dooley, David Folkerts-Landau, Peter Garber @nberpubs
Regulation and supervisory architecture: Is the EU on the right path? (speech; 2/12/2009) | Lorenzo Bini Smaghi @ECB

Japan: land of the rising sharemarket

The below links are in English.

Japan: land of the rising sharemarket (1/13/2017) ‏| @ComminsP @FinancialReview の一部抜粋及び抄訳を以下貼っておきます。

You may be surprised to hear that the best performing sharemarket in the developed world over the past six months is Japan’s. And strategists reckon there’s more where that came from in 2017.
The words “blockbuster growth” and “Japan” are rarely used together in the same sentence. …
But economic growth and sharemarket returns often bear little relation to each other. …
…earnings – and share prices – typically receive a boost as the currency falls. And with the US-dollar exchange rate trading in a range of ¥115-¥118… @GaveKal…
…not enough to push the yen price of imported commodities up to painful levels…(円安は…輸入コモディティの日本円での価格を痛いというほどのレベルまでには押し上げていない…)
That has helped spark the 23 per cent surge in the Japanese sharemarket over the past six months. “That strength is set to continue into 2017, with the Tokyo market remaining well bid on the back of a monetary policy stance that the Bank of Japan will find it hard – even impossible – to retreat from.”(この円安で過去6ヶ月に株価が23%上昇した。2017年も引き続き上昇傾向にあり、東京市場は金融緩和に支えられているので日銀は緩和から撤退できない。)
文中参考: Bank of Japan Introduces Yield-Targeting Resime for Government (9/21/2016) | @Tim_ber_wolf @FinancialReview
…even as global bond yields climbed at an alarming rate, Japan’s government bonds, or JGBs, remained pinned at zero per cent.(…グローバル債の債券利回りが異常に上昇していても、日本国債の利回りはゼロのままである。)
“Against a backdrop of rising long rates elsewhere in the world, this policy trap has significant implications for flows out of the yen and into foreign currency asset markets, as well as for the Japanese equity and real estate markets,” Newman writes. “These outflows have added to depreciation pressure on the yen.”(日本以外の世界での長期国債の利回り上昇を背景にして、この(10年物)国債利回りのゼロ%程度への誘導政策は、日本の株式市場と不動産市場に対するのと同様に、日本円から流出する外貨建資産市場に対しても重大な含蓄を持っている。”この流出は円安圧力に加勢してきた。”)
…Morgan Stanley…
…a “double upgrade” of the Japanese sharemarket: from an underweight to overweight position. … …plenty of solid appetite for Japan’s equity market, including from big government players such as the BoJ and the national pension fund, or GPIF.
…a combination of renewed re-engagement from foreign investors coupled with equity and ETF purchases from the GPIF and BoJ, respectively, that are equivalent to around 2 per cent of market capitalisation…(GPIFと日銀からの株式とETFの購入、そして、外国人投資家による買いが組み合わさって、株価が上昇し得る。これらは、(一部上場全銘柄)時価総額の約2%に相当する…)
…aggregate earnings per share in Japan will jump 24 per cent…a 16 per cent climb in the Topix index to 1800 points.
… The world economy certainly has built a head of steam, and Japanese businesses are firmly tied to the cyclical uplift. …(…循環的上昇…)
“About 14 per cent of Japanese company profits come directly from North American-based production and so should benefit from Donald Trump’s promise to dramatically cut US corporation tax rates,” Newman says. “Japan, which sells about 45 per cent of its offshore production in the US, is well placed to deal with a more ‘de-globalised’ world.”(日本企業の約14%の利益は北米での生産から直接来ているので、ドナルド・トランプの劇的な法人税引き下げ公約の恩恵に与る。日本は海外生産の約45%をアメリカで販売しているので、脱グローバル化した世界に対応するのに有利である。)
…the easiest way to play the Japanese theme is via the the currency-hedged Betashares WisdomTree Japan exchange-traded fund. The ETF tracks a “smart beta” fund, which applies some mechanical rules to put together a portfolio of the biggest Japanese listed names, and has an inbuilt tilt towards exporters. …
…a sharemarket that comes to be seen by offshore investors as primarily a currency bet does not make for a great long-term investment, and leaves your investment vulnerable to a sharp rebound in the yen. …
…125 yen…