U.K. イギリス Vol.16(Brexit Vol.13:報道等において正面から触れられていないブレグジット三点 3 points concerning Brexit which have not been confronted in the media etc.)

期日である3月29日まで1ヶ月近くとなった。3年前の英国国民投票以来、ブレグジット(英国のEU離脱)に係る報道・報告・分析や英国政府等発表を英語及び日本語で折に触れて追う中で、あまり正面から触れられていない印象のある三点を以下挙げる。

一.関税同盟離脱とハードボーダー不実施の非両立
英国においては、議会・国民・企業・有識者等に跨ってEU残留派及び離脱派それぞれが、国民投票前政治運動に始まり現在まで延々と主張をし続け、現時点から見て期限までの両派の合意そしてEU英国の合意等への道は険しい。報道等からは、こんな印象を受ける。
結局、南北アイルランド国境がこの険しさの原因であろうと昨年前半に感じ、バックストップ(1998年グッドフライデー和平合意の下で南北国境に物理的な管理施設を設けない措置を2020年末の移行期間終了までに導入できない場合にも引き続き現状どおり国境を開放しておく安全策)について報道が多く出た昨秋にその感覚が強まった。
英語報道等では、端的な説明報道はあり、非両立を前提とした報道等も少なくないが、正面から上記非両立自体を取り上げて一つ選ぶしかないとしたものは無い印象がある。他方、日本語報道等でも、上記非両立について正面から論じている報道等は皆無という印象があり、(一昨日発見した)筆者が存じ上げないある日本のシンクタンクの研究者の方が書いておられる論のみではなかろうか。
その論においては、完全離脱のためにはハードボーダー(全く別個の経済地域として日本が外国との間で設けているような厳しい国境管理)が必要である一方、現状どおりハードボーダー無しのままにしたいならEUと同じ経済地域としてEUの関税同盟・単一市場の中に留まるしかないので完全離脱は諦めるしかない、とされている。そのとおりではないか。これを公式に言うと元も子も無いから妥協案を探し続けたというのが現実であったという総合的な印象を持っている。しかし結局、無いものは無い。
不両立であるから、最終的には「誰かがどちらか一つを選ぶ」しか無い。方法は国民投票・議会議決・解散総選挙とあるが、2015年総選挙時の公約とされた国民投票が2016年に行われその結果によって現在まで本来不要と思えなくもない混乱が続いているので、国民投票結果が実際の国民の意志であるのかを確認する国民投票を実施するのが最も無理の少ない論理ではないか。
そもそも、国民投票に限らず投票行為自体が民意を問われる内容そのものよりも政治的な風に左右され易い上に、国の現状を変えるための国民投票結果があまりに僅差であった。仮に現状維持であれば政治的な風に左右され易い投票結果が僅差でも、たった一回で決めてしまって構わない。他方、50年100年に一回の現状大転換であれば、僅差を民意の確かな証明と捉えて本当に国を変えてしまっていいのかと民主主義下において問うて何が不味いのか。これが具体的に分からないまま今に至る。二回目の国民投票までやって確認した上でハードブレグジット(合意無き離脱)に突入するのであれば、英国国民の多くは納得するのではないか。

二.離党議員の選挙区事情
21日時点で、野党第一党たる労働党の下院議員8人が離党した。党首のブレグジットに関する煮え切らない姿勢や反ユダヤ主義的姿勢への不満等が、理由とされている。他方、保守党下院議員3人も、政府与党の破滅的なブレグジット対応への不満等を理由に離党した。両者は野党自由民主党に合流するのではなく独立グループを結成し、(おそらく筆者の上記考えと同じか近い)二回目の国民投票を目指すとのことである。「選良」「代議士」として純粋に国を憂い改善するための行動であるとも、選挙区の支持者あってこその議員であるため何らかの事情が関係しているとも、一般には諸々考えられる。
今回離党した元労働党の8議員(以下カッコ内は、苗字;選挙区・片仮名州名)は、コフィ(Coffey;Stockport・グレーターマンチェスター)、スミス(Smith;Penistone and Stocksbridge・サウスヨークシャー)、シューカー(Shuker;Luton South・ベッドフォードシャー)、ゲイプス(Gapes;Ilford South・グレーターロンドン)、ウムンナ(Umunna;Streatham・グレーターロンドン)、レスリー(Leslie;Nottingham East・ノッティンガムシャー)、バーガー(Berger;Liverpool Wavertree・マージーサイド)、ライアン(Ryan;Enfield North・グレーターロンドン)各氏、同じく離党した元保守党の3議員は、スーブリ(Soubry;Broxtowe・ノッティンガムシャー)、アレン(Allen;South Cambridgeshire・ケンブリッジシャー)、ウォラストン(Wollaston;Totnes・デヴォン)各氏である。
例えば、最近見た英国のある大学の研究によると、上記コフィ議員のStockport選挙区では、EU残留及び離脱の両支持数が拮抗している一方、(持家価格上位層より中位層の方が人数が通常多いであろうが)残留投票者割合が持家価格に比例して増加した分布となっていた。とすると、二回目の国民投票を推す背景に、人数のより多い持家価格中位層のうち一回目は離脱投票をした少なからぬ層が現在は残留派に転じているとは考えられないか。今後の下院議決における議員の投票行動を見る際に、持家価格に限らず選挙区事情の分析が有効である場合があろう。

三.金融街シティの非嗜好政策
2015年総選挙には大勝したとは言え、現在までそして今後も続く混乱を考えると、二大政党が根付いた英国においては、多くの保守党支持が離れても本来おかしくないはずである。また、現に労働党党首の煮え切らない上記姿勢は、ブレグジットについてはむしろ軟着陸嗜好を示していると考えられる。
しかしながら、左派色の強いコービン労働党による政権、具体的には同党の公共事業の再国有化富裕税導入などは、望まれていない、ハードブレグジット以上に恐れられている、というのが概ね報道等論調である。前者による財政赤字拡大・インフレ率急騰及び英国国債需要低下・長期国債価格低下、後者による年収 8 万ポンド以上の層に対する所得税増税及び同層の海外流出による歳入減、をシティは警戒しているとされ、概ねその警戒は的外れではないと考えられる。
字数の関係上、例えば前者のみ触れると、GDP比87.5%(2017年)という極端には酷くない債務残高、PFI(社会資本の整備・運営を民間資金・経営能力・技術力により行う)などのPPP(官民連携)を積極的に推進したのがブレア労働党政権であり労働党と言っても今さら再国有化は望まれないという空気、などは考慮せねばならない。その上で、このような保革の路線対立は、古今東西よくある話とも言える常々大きなテーマであり、上記以外でも要考慮要素を容れてその時に採るべき策を随時探って行くしかない根気の要る話である。

なお、即時の報道やその直後の可能な範囲の分析は無論重要である。また、長いプロセス、重大な国際社会的影響、複雑怪奇な政治経済事情などを節目節目で整理して取り上げる重要性も、筆者個人は通常むしろ充分に尊重する方である。しかしながら今回は、既に数えきれない報道等が流れた後の現時点で、期日までに一回だけ書くということで、このようにした次第である。

平成31年2月22日午後1時50分
文章:中港 拓

France フランス

Most of the below links (incl tweets) are in English.

取り急ぎ以下貼っておきます。

France Vol.3 (Finance)
France Vol.4 (Finance)
France Vol.5 (Brands)
France Vol.6 (Food)
France Vol.7 (Pharma/Health/Biotech/Food)
France Vol.8 (Energy/Utilities, Airplane/Train)
France Vol.9 (Digital/Telecommunications/Media)
France Vol.10 (Automobile)
France Vol.11 (United States)
France Vol.12 (U.S., Canada, U.K.)
France Vol.13 (Government, diplomacy, Ireland, technology, etc.)


France Vol.2 (2017 French Presidential Elections)
France Vol.1 (France regions, history, technology, et al.)

EUJEPA Vol.3


All the below links, excerpts, and pictures (charts/tables) are in English.

Japan-EU EPA 【Benefits and Backgrounds】(PDF; 07/2018) | MOFA Japan You can also check out the first one of the below pictures.
Japan-EU Strategic Partnership Agreement (SPA) (07/17/2018) | MOFA Japan
2018 Japan-EU Summit: Signing Ceremony Of EPA And SPA (YouTube)

The EU – Japan Economic Partnership Agreement (w PDF; 09/2018) | Policy Department for External Relations @ European Parliament (@Bruegel) You can also check out all the below pictures but the first one.
PDF p11 Within the EU-28, in 2017 the top goods exporters to Japan were Germany, Italy, the UK and France, respectively accounting for 32.87 %, 10.82 %, 10.67 % and 10.53 % of the EU’s EUR 60.66 billion of commodity exports to Japan in 2017. Germany, Italy, the UK and France were also the top four importers of Japanese goods, with respective shares of 23.28 %, 16.48 %, 14.37 % and 12.76 % of the EUR 68.89 billion worth of EU commodity imports from Japan in 2017.
Japan is among the low-tariff countries for industrial goods with a trade-weighted tariff average of 1.4 % (Table 2). On the other hand, Japan’s agricultural markets are relatively protected. Simple average applied most-favoured nation (MFN) tariffs stand at 13.3 % for agricultural goods, with high tariffs on animal products (10.6 %), dairy items (63.4 %), beverages and tobacco (15.1 %).
Figure 4 depicts the EU’s and Japan’s tariffs by harmonised system (HS) product categories. In terms of the average applied MFN tariffs, we note that Japanese tariffs are low across numerous sectors such as electrical machinery (0.1 %), transport equipment (0) and manufactures not elsewhere specified (n.e.s) (1.2 %). Prominent exceptions are clothing (9 %), leather and footwear (7.7 %).
p12 The dominant sectors in the EU’s total service exports to Japan in 2016 were financial services (23.53 %), telecommunications (14.5 %) and transport (13.97 %).
p13 Japan accounted for only 1.1 % of the total extra-EU FDI in 2016 (Figure 7). By comparison, EU investments in the US and Canada are much higher, representing 38 % and 3.7 % of total extra-EU FDI. Japanese investment in the EU stood at USD 56.8 billion, 33.7 % of its total FDI stock abroad in 2017. However, it should be noted that a substantial share, approximately 38 %, of Japan’s FDI stock in the EU is in the UK …
p15 A low score (0.05) in OECD’s FDI Regulatory Restrictiveness Index (2017), which measures statutory limitations on FDI, is indicative of the relative openness of the Japanese economy to foreign investors, as the OECD average is 0.07. On the other hand, the US (0.09), Canada (0.162) and China (0.316) are all relatively more restrictive as destinations for FDI. Except for a few countries in Europe (Austria, Poland and Sweden), all EU Member States are more open to FDI than Japan, with Luxembourg, Portugal and Slovenia being the least restrictive.
p17 Tariffs Agricultural goods. … significant reductions in customs duties for the EU’s major food exports to Japan such as pork (e.g. 4.3 % to 0 over 10 years for high value cuts), wine (15 % to 0 % on entry into force), beef (38.5 % to 9 % over 15 years), pasta and chocolates (complete tariff liberalisation in 10 years). For cheeses, the EUJEPA will deliver complete liberalisation for hard cheeses and provide tariff rate quotas (TRQs) with duty free access for fresh, processed and soft cheeses.
Industrial goods. In the agri-goods industry, South Korea was traditionally protectionist with a trade-weighted tariff of 49 % in the pre-FTA period. By 2014 however, these had been reduced on a preferential basis for EU goods to 28 %. The EU also liberalised its agricultural markets for South Korea by reducing trade-weighted tariffs from 11 % to 3 %.
Non-Tariff Barriers … Commission’s Impact Assessment Report (CIAR) in 2012 (European Commission, 2012). Japan is aligning itself with international standards on medical devices (Quality Management Systems), textile labelling (ISO international care labelling), motor vehicles (UNECE international vehicle regulations) and pharmaceuticals (ICH).
p18 Services The EUJEPA seeks to promote bilateral trade in a broad range of services but does not require governments to deregulate or privatise the provision of public services such as healthcare, water supply and education. … In telecommunications, the agreement covers issues such as mobile roaming, number portability and confidentiality of users’ traffic data. In financial services, the agreement calls for deeper regulatory cooperation and establishes a Joint Financial Regulatory Forum for this purpose. In e-commerce, the parties commit to keep electronic transmissions duty-free, recognise the legal validity of electronic contracts and signatures and may not require source codes to be transferred or accessed. In postal and courier services, the EUJEPA will attempt to build a level-playing field for EU suppliers and their main competitors such as Japan Post.
p21 Japan is one of the least restrictive economies in the world according to ECIPE’s Digital Trade Restrictiveness Index Report …
pp30-33 Bilateral trade There is substantial variation in the anticipated trade response. DG Trade (2018) found that the EUJEPA would lead to an increase of +13.2 % (EUR 13 billion) increase in EU exports to Japan. EU exports to Japan would rise by 22.6-32.7 % in the CIAR (2012) simulations. A much stronger export response for the EU is found in Ifo 2017 (61 %) and Ifo 2018 (73 %).
On the import side, DG Trade (2018) reports a 23.5 % (EUR 22 billion) increase in EU imports from Japan. This result is similar to that of CIAR (2012) which predicted increases in EU import purchases from Japan in the range of 17.1-23.5 %. In contrast, Ifo (2017) and Ifo (2018) simulations lead to increases in EU imports from Japan of 55 % and 63 %, respectively.
Sectoral value added All EUJEPA studies report a positive impact on value added in agri-food industries e.g.+0.82 % according to Ifo 2018, +0.2 % increase in output for processed foods in DG Trade (2018), 0.5-0.6 % for processed foods in the CIAR (2012) and +13 % for meats in Ecorys (2009). For automobiles, projections of value added are model-dependent.
By 2035, Japan’s car exports to EU increase by nearly 51 % in this study. Because of significant NTB reductions by Japan in motors, the EU also increases its exports to Japan following the EUJEPA (+11.5 %).
Textiles, apparel and leather products benefit from the agreement as well. The industry is expected to increase its output by 2 % (EUR 7 billion) in the EU, with exports to Japan rising by 220 % (EUR 5 billion) in DG Trade (2018).
Impact of Brexit Brexit has a greater impact on Japan, as it reduces the economic benefits from EUJEPA by 14 % (EUR 1 billion) and 20 % in Ifo 2017 and Ifo 2018, respectively. This is the result of a smaller market size for Japanese companies following Brexit.
Impact of CPTPP-11 Ratification of the CPTPP-11 agreement between Japan and 10 Pacific countries may also affect gains from EUJEPA. This scenario is evaluated in Ifo 2018. Simulation results reveal that the conclusion of the agreement leads to slightly smaller positive gains for the EU and slightly higher real-income gains for Japan (from 0.308 % to 0.314 %) compared to the simple baseline scenario. CPTPP-11 is expected to reduce Japan’s costs of sourcing inputs from the Asia-Pacific, improving its competitiveness and trade with the EU.
pp44-45 1/Investment liberalisation and promotion ISDS is the mechanism preferred by Japan, one that it has also supported under the CPTPP-11. In the investment negotiations held during July 2018, chief negotiators from the EU and Japan acknowledged the convergence of positions on investment protection standards but not on investor-state dispute settlement.
2/US investigation into auto imports … In March 2018, the US Department of Commerce initiated a National Security Investigation into the import of automobiles and auto parts into the US. This investigation is motivated by Section 232 of US’s Trade Expansion Act of 1962 and will examine whether declining American domestic production in the automobile sector poses a threat to its national security by weakening the internal economy and reducing domestic research on advanced technologies. Given the deep value chains in the auto industry, EU and Japanese car producers would be significantly harmed if the investigation leads to an increase in duties on foreign vehicles entering the US market.
On 25 July 2018, European Commission President Jean-Claude Juncker and US President Donald Trump announced plans to hold off on any new unilateral tariffs against each other as bilateral negotiations proceed on liberalising non-auto industrial goods, increasing EU imports of US soybeans and liquified natural gas (LNG), addressing WTO issues, reassessing US steel and aluminium tariffs and EU’s imposition of retaliatory tariffs on US goods. The EU will therefore be shielded from the conclusions of the US auto investigations, unless ongoing negotiations are halted by either party.
4/Tariff rate quotas (TRQs) … In the EUJEPA, Japan provides TRQs for agri-foods such as whey products, malt, potato starch, fresh and processed cheeses. …
5/Japan’s future trade ties with the UK … during the transition period (March 2019 to end of 2020). The exact terms of EUJEPA would hence be applicable to the UK over this period. Their implementation will be crucial for Japan’s car manufacturers that collectively produce 800 000 vehicles in the UK, accounting for 50 % of the UK’s total annual production …

In Focus EU-Japan ECONOMIC PARTNERSHIP AGREEMENT | European Commission
EU-Japan Economic Partnership Agreement: texts of the agreement | European Commission
EU-Japan: A Partnership of Renewed Importance (w PDF) | Cristina de Esperanza Picardo @eucentresg
New EU-Japan economic, strategic partnership may work better than past efforts (07/19/2018) | Bastian Harth @ Asia Times
… The SPA lays out the first-ever framework between the EU and Japan for cooperation and dialogue across various bilateral, regional, and multilateral issues such as cybercrime, disaster management, energy security, climate change, and aging populations. It also calls on both sides to synergize on promoting peace, stability, and international prosperity, and to recede from a sectoral and segmented approach to a comprehensive and legally binding cooperation framework. …
Especially, cybersecurity is of enormous importance for Japan, given the upcoming 2020 Tokyo Olympics. Millions of cyberattacks are predicted, and despite the country’s remarkable public safety… The topic is of such importance that Japan is even going to join the NATO Cooperative Cyber Defense Centre of Excellence in Tallinn. …

Brexit, a Catalyst for Closer EU-Japan Relations? (PDF) | Irina Angelescu
… Consequently, there is an implicit understanding from the Japanese side that the UK government “owes” special attention to Japanese interests, and should keep those interests in mind when negotiating Brexit. The former UK Ambassador to Japan, David Warren, indicated that some of his Japanese counterparts share a sense of “betrayal,” …
…three Japanese car manufacturers (Honda, Nissan and Toyota) now make almost half of the 1.67 million cars produced in the UK. …
… GlaxoSmithKline Plc estimates that, in the next two-three years, it could incur costs as high as 70 million pounds ($98 million) of Brexit-related costs. Similarly, Johnson & Johnson estimated that it could face as many as 50,000 additional tests in the amount of 1 million pounds if there will be no post-Brexit mutual recognition of testing between the EU and the UK. AstroZeneca and MerkKGaA raised similar concerns. …
… Mitsubishi Bank UFJ picked Amsterdam as its base for EU securities operations, while Nomura Holdings, Daiwa Securities and Sumitomo Matsui Financial Group said they would move to Frankfurt. …
… Decisions such as that of Unilever – the UK’s third largest company to consolidate its HQ in the Netherlands and abandon the separate London HQ is just one recent example that has caused more unease among third parties about the outcome of Brexit. …
The Japanese position has remained consistent about its preferences for Brexit from the very beginning: no Brexit or the “softest” form of Brexit, with unhindered access to the European Single Market – preferably preceded by a very long transition period that would allow Japanese businesses to adapt to changes. …
… In particular, joint training and cooperation to address newer threats like cybersecurity or disinformation campaigns conducted by countries like Russia and China could prove to be mutually beneficial. In principle, the U.S. should also welcome the closer economic ties between the EU and Japan as a means to promote free trade worldwide. At the same time, the EU-Japan data protection agreement and certain provisions in the EU-Japan EPA such as Geographic Indicators (GIs) for agricultural products could negatively affect U.S. interests. …
EU-Japan partnership agreements herald new era of closer cooperation (29/01/2018) | Irina Angelescu @ European Council on Foreign Relations

The EU-Japan Strategic Partnership Agreement (SPA): Good but Good Enough? (16/10/2018) | Axel Berkofsky @ ISPI
The EU-Japan Strategic Partnership Agreement (SPA) – Responding to the Crisis of the Liberal World Order (PDF; 12/2017) | Axel Berkofsky @ University of Pavia, Italy & Istituto per gli Studi di Politica Internazionale (ISPI) (@ Bertelsmann Stiftung) You can check out Table 1 and Figure 2 (in this PDF).
The EU-Japan EPA/SPA and the ‘Abe Doctrine’: Reinforcing Norms Globally, Changing them Domestically (PDF; 07/2018) | Edward Danks @ European Institute for Asian Studies
JAPAN-EU COOPERATION IN THE ERA OF INTERNATIONAL ORDER TRANSFORMATION: IN SEARCH OF A STABLE WORLD SYSTEM (w PDFs; 28/11/2017) | INSTITUTE FOR EUROPEAN STUDIES
EU-Japan Strategic Partnership Agreement (w PDFs) | Lords Select Committee, UK Parliament
EU-Japan Security Cooperation: trends and prospects (PDF; 07/03/2018) | The Royal Institute of International Affairs of Belgium & the University of Essex
EU-JAPAN – READY FOR A NEW STAGE IN RELATIONS? (PDF; Spring 2014) | Friends of Europe
The EU-Japan Strategic Partnership Agreement (SPA) – A Framework To Promote Shared Values [International Agreements In Progress] (12/10/2018) | Enrico D’Ambrogio @ European Parliamentary Research
Largest Bilateral Free Trade Agreement: Japan, EU Conclude Bilateral Economic Partnership Agreement (18/07/2018) | Ankit Panda @ The Diplomat

〔Charts, Tables, etc.〕
EUJEPA MOFAjapan BenefitsTopProducts EU-JapanAve MFNdutiesEU servicesTrade wJapanEU FDIJapan outwardFDITradeFacilitationIndicator JapanEU ExImReduction EUtariffsComparison simulations Tab11Comparison simulations Tab11-2Comparison results Tab13

EU-Japan Economic Partnership Agreement 日EU経済連携協定(EUJEPA)Vol.2

This time all the below links and pictures are in Japanese.
取り急ぎ標記につき以下のとおり抜粋とリンクを貼っておきます。次回、英文情報を貼ります。
平成31年2月15日、下記「cf. EU加盟28国」及び記事等10件を追加しました。

日EU経済連携協定交渉に関する主要閣僚会議及び交渉推進タスクフォース | 首相官邸
日EU・EPA(概要)(平成30年12月11日)| 外務省
◦上記概要(12月11日) 内の概要PDF から下の画像1枚目抜粋
◦上記概要(12月11日) 内の日EU経済連携協定(EPA)に関するファクトシート(PDF) から他の画像4枚(同PDFの3―10頁)抜粋
◦上記概要(12月11日) 内の 日EU・EPA関税交渉の主な結果(平成30年11月6日〕| 外務省
◦上記主な結果内の農林水産省所管品目経済産業省所管品目 等
日EU・EPA大枠合意内容(農林水産分野の概要)(YouTube;2017年7月27日)| 農林水産省
日EU経済連携協定(日EU・EPA)の大枠合意について(平成29年9月)| 財務省
日欧EPA大枠合意 発効のメリットと国内対策(2017年7月30日)| 公明新聞
…チーズでは、カマンベルチーズなどのソフトチーズの関税(主に29.8%)を中心に、2万トン(製品ベース)の低関税輸入枠を設けて段階的に引き下げ、15年でゼロにする。ワインの関税(15%または1リットル当たり125円のいずれか低い方)は、即時ゼロになる。…パスタ(1キロ当たり30円)やチョコレート菓子(10%)は10年でゼロに。バッグなど皮革製品(最高30%)の関税も10年または15年で撤廃、消費者はその分安く購入できる。…欧州が日本製の乗用車に課す関税(10%)は段階的に引き下げ7年で撤廃。自動車部品(最大4.5%)や一般機械や化学工業製品、電気機器の関税も即時ゼロに。交渉が難航したテレビ(最大14%)は5年間かけて関税を撤廃する。
一方、日本酒(100リットル当たり最大7.7ユーロ)や、緑茶(最大3.2%)の関税も即時撤廃。海外での日本食ブームを背景に欧州への輸出拡大が期待される。…日本の国産ブドウのみを原料として国内で製造した「日本ワイン」について、現在は輸出証明書の取得が義務付けられていたが不要になる。
欧州議会、歴史的な日・EU自由貿易協定を承認(2018年12月12日)| 駐日欧州連合代表部
欧州議会議員団、日本・EU間のEPAの評価のため訪日(2018年9月14日)| 駐日欧州連合代表部
日EU経済連携協定(PDF;平成30年2月)| 在英国日本国大使館
日本とEUのEPA 来年2月発効へ 世界最大の自由貿易圏に(2018年12月13日)| NHK

日欧EPA妥結、19年発効めざす 世界貿易4割カバー(2018年12月8日)| 日本経済新聞
…関税分野では、EU側が日本産乗用車にかける関税(10%)が、協定発効から8年目でゼロになる。日本産の自動車部品も全体の92%の品目で、協定発効と同時に関税がなくなる。
日本側は、EU産ワインにかける関税(1本当たり93円もしくは15%)を協定発効と同時にゼロにする。欧州産が強いソフトチーズは、低関税の輸入枠を作り、協定の発効から16年目に関税を無くす。…
日欧EPA承認案を閣議決定 最大級の自由貿易圏(2018年11月6日)| 日本経済新聞
サッポロ「日欧EPA発効と普段のワイン飲用に関するアンケート」、70%以上が関税撤廃に期待(2018年12月17日)| ニコニコニュース(食品産業新聞社 酒類飲料日報)
日EU EPAの大枠合意について (2017年7月10日)| 住友商事グローバルリサーチ 国際部
…ここで問題なのが、38の議会での批准である。EUはリスボン条約で民主主義の原理を強化したため、EU域内の38の中央政府、地方議会の批准が必要である。2016年秋に合意されたEUとカナダのCETAがまだ発効していないのは、この38議会の批准に時間がかかっているためで、問題はISDS条項にあると言われている。…
日本とEU、EPAで大筋合意—日本自動車工業会が歓迎(2017年7月7日)| Response
日EU・EPA大枠合意を受け、EU農業団体は歓迎の意(2017年7月11日)| 独立行政法人 農畜産業振興機構
日EU・EPA交渉の大枠合意に関するJA全中会長談話(PDF;平成29年7月7日)

日 EU・EPA の合意内容と日本農業への影響(PDF;2018年3月)| (株)農林中金総合研究所 基礎研究部
6頁  EUからの農林水産物輸入のうちアルコール飲料が1,683億円で最も多く,なかでもワイン(1,186億円)の割合が高い。豚肉は1,648億円で食品ではアルコール飲料とともに日本の輸入が多い。  日本からEU向けの農林水産物輸出では,アルコール飲料,ホタテガイ,ソース混合調味料,緑茶,牛肉などの品目が多くなっている。牛肉は2013年にEU向け輸入が解禁され,輸出額を伸ばしている。
7頁  CETAはEUとカナダの自由貿易協定。2009年に交渉を開始し,13年に原則的合意,14年に条文を完成し公表して16年に署名した。さらに,17年に双方の議会が承認し,17年9月に暫定発効した。原則合意から署名までに3年間,暫定発効までに4年間が経過した。正式発効は未定である。
9-10・13-15・21・25-26・31・33・40・43・45・53頁等の図表等は分かり易いです。

TPP11及び日EU・EPAによる北海道への影響について(PDF;平成30年2月) | 北海道
日EU・EPA及びTPP11による京都府農林水産業への影響について | 京都府
林業・木材産業の成長産業化(日欧EPA対応)(PDF)| 高知県
妥結した日EU・EPAの活用に向けて | 日本貿易振興機構
日EU・EPAの署名 2019年春までの発効を目指す(PDF;2018年7月18日) | みずほ総合研究所
『日 EU・EPA 交渉のビジネス影響』 ~ 大枠合意を受けて経営者が持つべき視点~ (PDF;2018年8月17日)| Deloitte
通商白書2018: 第1節 メガFTAの進展(CPTPP、日 EU・EPA、RCEP)等
日 EU・EPAと日本の通商戦略(PDF)| 安田信之助
日EU・EPA等の経済効果分析(PDF;2017年12月21日)| 内閣官房TPP等政府対策本部
日欧EPAの評価(PDF;2017年7月)|JC総研所長・東京大学教授 鈴木宣弘

日EU戦略的パートナーシップ協定(SPA)(平成30年7月17日)| 外務省
日EU戦略的パートナーシップ協定(SPA)(PDF)| 外務省
日・EUの連携を強める戦略的パートナーシップ協定(SPA)| EU MAG
欧州議会外交委、日EU戦略的パートナーシップ協定締結勧告案を採択(2018年11月22日)| 日本貿易振興機構

ナショナリズムと難民危機を乗り越えて -日欧EPAのもたらす衝撃(PDF;2018年10月)| 国際貿易投資研究所客員研究員・法政大学名誉教授 長部重康
2頁 5年にわたる交渉を経て 2018年7月にようやく締結に漕ぎつけた。衝撃的ともいえる画期的意義は、以下のようである。まず 3本の協定の同時誕生となる。日欧 EPA は最終的に関税事項とルール作りとに純化される。投資事項は保護条約として別建てになるが、これは決着までにはかなりの時間がかかろう。加えて政治マターである戦略的パートナーシップ協定(SPA)が、すでに同時調印された。
第2の衝撃は、投資事項が別建てにされたために、日欧 EPA が混合条約ではなくなった事実にある。発効を早期化でき(fast track)、欧州理事会の承認と欧州議会の批准のみで済む。地域議会を含む各国国民議会による合計38にまで達する批准を、クリアできる。
この結果第3の衝撃が生まれ、Brexit の期限、2019年3月よりかなり早い時期に、発効可能となった。EU 発足以来の最大の危機たる Brexit を前に、市民に対して欧州統合の再始動を鮮明にアピールできる。
最後に第4の衝撃だが、結論で詳述されるように、これまでのアメリカ主導の FTA とは異質な、日欧主導による新たな型の連携協定を世界に示し得る。以下に第1節で EU 分解の危機を分析し、第2節から第4節で日 EU 経済連携協定の意義を考察したい。
5頁 ドイツは2016年以降3年にわたり、経常収支黒字で世界のトップを続け(中国、日本がこれに次ぐ)2018年には3,000億ドル、GDP比8%と歴史的記録を達成した。これとは対照的に、資本ストックの伸びでは米、仏に劣り、設備投資では仏、EU、伊などを大きく下回る。
8頁 2018年8月、プーチン大統領はドイツを訪問したが、総工費 110 億ドルの巨大プロジェクト、「ノルドストリーム(NS)2」の2019年完成を促すためである。シュレーダーが深く関わった「ノルドストリーム 1」がすでに 2011年から稼働しているが、これに並行してバルト海底に独露間を直接結ぶ天然ガス・パイプラインを通す計画である。従来のウクライナとポーランドを通るガス動脈はますます先細って行くことになるが、現在すでに稼働率は50%に落ち込んでいる。
10頁 2018年6月、仏、独首脳は、ユーロ圏共通予算を 2021年に発足させることで合意した。EUも年末までに中期共通予算を含むユーロ圏改革の具体案作りを目指しており、ユーロの脆弱性を財政面から支えたい。…フランスでは 2002~06年、2007~17年に SGP違反で 3%を超えた前歴があり、マクロンによってようやく長年の違反状態を脱し得た。ドイツも例外ではなく 1996~99年、2002~05年、2008~10年に、イギリスでも 2003~05年、2008~15年にと、大国も軒並み違反状態を長年繰り返し、制裁金の支払いも免れてきた。
12頁 2017年7月と12月に「大枠合意」が報じられたが、これまで使われてきた「大筋合意」より完成度は低いとされるが、英語ではともに political agreement と表記された。その後、締結に至るまでかなり時間がかかったが、自動車と乳製品、特にチーズに関する合意でてこずった…
16頁 CETAについて、2018年7月になって驚愕のニュースが飛び込んできた。左派ポピュリスト政党、「5つ星運動」の党首である伊のディ・マイオ経済発展・労働相がこの条約には批准しない、と明言したからである。条約崩壊か、との不安が再び迫った。6月発足のイタリア新政権は、「自国産農産物を守る」と公約したが、最近カナダからの輸入が増大している。地理的表示に関しても不満が鬱積する。原産地呼称や地理的表示が保護される件数は、イタリアでは290品目に上るが、このうち CETA で認められたのはパルマ・ハムを含むわずか40品目に止まった。
2017年7月の大枠合意は、直前の6月に日本で、牛乳の流通拡大を盛り込んだ改正畜産経営安定法が成立したことで可能になった。
ヨーロッパにとって、農産品の輸出拡大は至上命題である。理由は2つあり、第1は、ロシアによる EU 農産品への輸入禁止措置にある。
17頁 第2は、アメリカの農産品貿易収支における巨額な対欧赤字の存在である。
日本市場は EU からの輸出額が57億ユーロに上り、第4位の農産物輸出市場である。いずれ農産品輸出の85%に日本が関税譲許することになれば、きわめて魅力的に映ろう。牛肉は関税38.5%を15年間で9%に、豚の加工品は無関税に、豚肉は低関税になる。ワインは15%関税が即時撤廃され、チーズでは29.8%が大幅に引き下げられて16年後には撤廃される(図表5)。なお国内消費におけるEU産チーズの比重は23%であり、オーストラリアの30%に次ぎ、ニュージーランドの19%を上回る。
18頁 2013年、ユネスコは日本人の伝統的食文化として、「和食」の無形文化遺産への登録を認めた。これを追い風に、世界各地で和食ブームに沸く。日欧EPAでは、和牛、緑茶、水産品、日本酒など重点品目をはじめ、ほぼすべての農産品について EU 市場で即時関税が撤廃される。2016 年の日本の食品輸出はアジアへ4,200億ドル、アメリカへ1,000億ドルに対して、ヨーロッパへはわずか400億ドルにすぎないが、この拡大への期待が膨らむ。
食の安全性への国際認証の取得である。ドイツ発祥のグローバル GAP(Good Agricultural practice)の認証取得には、農薬・飼料の使用量、農業用水管理、衛生面の配慮等々で、数100項目の検査をクリアしなければならない。現在、認証取得農業者は、世界で約18万を数える。
2011年に EU韓 FTA 発効のおかげで、その 4年後に関税撤廃され、テレビの14%関税も5年後になくなった。韓国は2011年以降、対欧自動車輸出を55%拡大させ、ヨーロッパも対韓輸出を3倍増と歴史的な高さを実現し、貿易赤字は解消された。2009~16年に、EUにおける韓国車のシェアは4.1から 6.3%に急増したが、日本車は逆に13.1から12.7%に落ち込んでしまった。
19頁 入札対象は、これまで都道府県に限られていたが、新たに人口20万人以上の 48中核都市にまで開放され、日本の人口の15%に及ぶ。
20頁 日欧EPAは、中国の進める広域経済圏構想、一帯一路に対する選択肢ともなりえよう。中国は2016年にラトビアの首都、リガで、中東欧16カ国を集めて「16+1 グループ」を発足させたが(図表6)、巨額のインフラ関連投資を餌に、ヨーロッパへの進出を加速させるとともに、南シナ海やチベット、新彊ウイグル自治区などでの国際紛争を前に応援団を増やす戦略とみられる。ギリシャとハンガリーが応援団の先頭を切っているが、すでに中国は2016年にギリシャ最大のピレウス港を2.8億ユーロで買い取り、一帯一路の到着地として、さらに将来的には軍事基地として、着々と整備を進めてきた。今回は中東欧の貧しい移行国が狙われ、アルバニア、モンテネグロ、チェコ、ハンガリー、セルビアなどに、道路、鉄道、発電事業への大型投資計画を打ち上げている。これらの国もギリシャ同様、いずれ巨額債務で中国に首根っこを押さえられる危険が高まったが、マケドニアではすでに高額融資による高速鉄道建設が凍結される事態となった。
21頁 とりわけ極左、極右が貿易自由化反対を叫び…
22頁 だが日欧間交渉においては、非対称性の障害は相対的に小さい。EU の構成単位が国民国家で日本と共通し、移民関連の競合は存在せず、価値観では「旧大陸」同士ゆえ概ね近いからである。

日欧EPAはアベノミクス・日本外交の大成果(PDF;平成31年2月14日)| みずほ総合研究所 専務執行役員 平成31年2月15日追加
[メガFTA] 日欧EPA発効 小売り先行値下げ ワイン、チーズ 国産と競合激化(平成31年2月2日)| 日本農業新聞 平成31年2月15日追加
日欧EPA「日本ブランド」守るカギ 6億人の巨大経済圏誕生(平成31年2月2日)| FNN PRIME 平成31年2月15日追加
日欧EPA 恩恵の影も忘れずに(平成31年2月2日)| 東京新聞 平成31年2月15日追加
日欧EPA発効 GDP3割の自由貿易圏(平成31年2月1日)| 中日新聞 表 平成31年2月15日追加
日欧EPAあす発効 農産品など値下げも…(w 動画;平成31年1月31日)| 西日本放送 平成31年2月15日追加
<日欧EPA>東北もワイン一斉値下げ 日本酒業界は輸出増に期待(平成31年2月2日)| 河北新報 平成31年2月15日追加
欧州で評価の高いホタテは段階的に削減、撤廃される。石巻魚市場(石巻市)は高度衛生管理型で国際的な食品衛生管理方式「HACCP(ハサップ)」に対応し、衛生基準が厳しいEUへの輸出も見据える。
日欧EPA発効 ワイン関税撤廃で値引きセール(平成31年2月1日)| ひょうご経済+ 平成31年2月15日追加
【社説】農林水産物輸出拡大へ技術と独自性(平成31年2月15日)| 化学工業日報 平成31年2月15日追加
〇 全て英文 日欧経済連携協定(Japan=EU EPA)の経済効果の推計 Quantifying the EU-Japan Economic Partnership Agreement(w PDF;平成30年9月11日)| 大久保敏弘、木村福成、Gabriel Felbermayr、Marina Steininger @ 慶應義塾大学経済研究所 平成31年2月15日追加
22-頁 
5 General Equilibrium Results
… In our Ricardian trade model, lowering trade costs allows countries to specialize more strongly in sectors in which the comparative advantage
is the strongest. But such a trade liberalization does not necessarily lead to an overall welfare gain. Consumers benefit from lower prices, but they may source from more inefficient countries. At the same time, governments lose tariff income. Moreover, the preferential nature of trade liberalization gives rise to the Viner-ambiguity. The FTA may affect world market prices such that some partner countries could be hurt. Further …
5.4 Changes in trade
Outcomes of the two trading regions look quite complementary in the agri-food and goods sector. All the sectors that can generate gains in terms of value added are losing in the other region and vice versa. The only exceptions are the electronic equipment, machinery sector and the textiles and apparel sector. The services sectors behave similarly and are confronted with positive value added effects in both regions. The EU-Japan trade agreement would seemingly lead to diversion effects in the agri-food and goods sectors and to output creation in the service industry. …
Overall, Japan is able to increase its exports towards all countries and regions. Not surprisingly, Japan’s exports to the EU increase to the largest extent, by 79 bn USD, which is equivalent to a 64% increase in Japanese exports towards the EU. The export increases towards the remaining countries and regions cannot be neglected either. Chinese imports of Japanese products increases by 23% (470 mio USD), ASEAN by 0.2% (200 mio USD), USA/Canada by 0.33% (520 mio USD) and imports of the rest of the world from Japan by .2% (690 mio USD). Japanese imports from the EU increase by 74%, which is equal to an increase of 83 bn USD. Other than on the export side, Japanese imports from the remaining world decreases by 6.5 bn USD. Trade diversion away from third countries and towards the EU is evident on the import side.
The largest export increase towards the EU can be expected in the automotive sector (20.8 bn USD). Further, Japanese exports towards the EU increase in the chemical industry (14.9 bn USD). The same is true for the machinery and equipment, raw materials and metal industry that export additional products worth 25.3 bn USD more towards the EU. The increase of exports in the Japanese service industry is not negligible either. …

cf. EU加盟28国 平成31年2月15日追加
オーストリア共和国(Republic of Austria) 基礎データ | 外務省
ベルギー王国(Kingdom of Belgium) 基礎データ | 外務省
ブルガリア共和国(Republic of Bulgaria) 基礎データ | 外務省
クロアチア共和国(Republic of Croatia) 基礎データ | 外務省
キプロス共和国(Republic of Cyprus) 基礎データ | 外務省
チェコ共和国(Czech Republic) 基礎データ | 外務省
デンマーク王国(Kingdom of Denmark) 基礎データ | 外務省
エストニア共和国(Republic of Estonia) 基礎データ | 外務省
フィンランド共和国(Republic of Finland) 基礎データ | 外務省
フランス共和国(French Republic) 基礎データ | 外務省
ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany) 基礎データ | 外務省
ギリシャ共和国(Hellenic Republic) 基礎データ | 外務省
ハンガリー(Hungary) 基礎データ | 外務省
アイルランド(Ireland) 基礎データ | 外務省
イタリア共和国(Italian Republic) 基礎データ | 外務省
ラトビア共和国(Republic of Latvia) 基礎データ | 外務省
リトアニア共和国(Republic of Lithuania) 基礎データ | 外務省
ルクセンブルク大公国(Grand Duchy of Luxembourg) 基礎データ | 外務省
マルタ共和国(Republic of Malta) 基礎データ | 外務省
オランダ王国(Kingdom of the Netherlands) 基礎データ | 外務省
ポーランド共和国(Republic of Poland) 基礎データ | 外務省
ポルトガル共和国(Portuguese Republic) 基礎データ | 外務省
ルーマニア(Romania) 基礎データ | 外務省
スロバキア共和国(Slovak Republic) 基礎データ | 外務省
スロベニア共和国(Republic of Slovenia) 基礎データ | 外務省
スペイン王国(Kingdom of Spain) 基礎データ | 外務省
スウェーデン王国(Kingdom of Sweden) 基礎データ | 外務省
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国) (United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland) 基礎データ | 外務省

〔図表〕
日EUEPA主内容
日EUEPA 日本市場へのアクセス 農日EUEPA EU市場へのアクセス日EUEPA 対EU輸出入日EUEPA 直接投資

U.K. イギリス Vol.15(Brexit Vol.12)

All the below links are in English.
width="300"
標記につき以下貼っておきます。

UK Vol.125 (Post-EUref #Brexit Vol.43)
UK Vol.124 (Post-EUref #Brexit Vol.42)
UK Vol.123 (Post-EUref #Brexit Vol.41)
UK Vol.122 (Post-EUref #Brexit Vol.40)
UK Vol.121 (Post-EUref #Brexit Vol.39)
UK Vol.114 (Post-EUref #Brexit Vol.38)
UK Vol.113 (Post-EUref #Brexit Vol.37)
UK Vol.112 (Post-EUref #Brexit Vol.36)
UK Vol.111 (Post-EUref #Brexit Vol.35)
UK Vol.110 (Post-EUref #Brexit Vol.34)
UK Vol.109 (Post-EUref #Brexit Vol.33)
UK Vol.108 (Post-EUref #Brexit Vol.32)
UK Vol.106 (Post-EUref #Brexit Vol.31)
UK Vol.105 (Post-EUref #Brexit Vol.30)
UK Vol.104 (Post-EUref #Brexit Vol.29)
UK Vol.103 (Post-EUref #Brexit Vol.28)
UK Vol.102 (Post-EUref #Brexit Vol.27)
UK Vol.101 (Post-EUref #Brexit Vol.26)
UK Vol.100 (Post-EUref #Brexit Vol.25)
UK Vol.95 (Post-EUref #Brexit Vol.24)
UK Vol.94 (Post-EUref #Brexit Vol.23)
UK Vol.67 (Post-EUref #Brexit Vol.13)
UK Vol.66 (Post-EUref #Brexit Vol.12 – Theresa May’s Trump visit)
UK Vol.65 (Post-EUref Vol.11 – including UK Prime Minister Theresa May’s Brexit speech)

U.S.A. アメリカ Vol.52(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.26 - 大学ツイート Colleges)

usAll
All the below tweets are in English.
全米 College 後半、そして、大学ツイート特集の最終回です。


cf. 1月28日追加
U.S. National Liberal Arts Colleges Vol.2
U.S. National Liberal Arts Colleges Vol.3

U.S.A. アメリカ Vol.46(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.20 - 大学ツイート UC LA (Los Angeles) & Berkeley)

All the below tweets are in English.
今日は、 UCLA と UCバークレー のツイートを貼っておきます。
6日、40個ほど追加しました。
なお、この大学ツイート特集に限りませんが、専門家等によるこういう政策議論がありますというご紹介として、あまりに極端なもの等を除いて当サイトに貼っています。その結果、それらの党派色が見えることがありますが、いつも書いておりますように政治的意図等は一切ありませんし、政治的影響も無いと判断しております。


cf.
1月7・13日追加
California Vol.16 (University of California, Berkeley / San Diego)
California Vol.18 (University of California, Los Angeles)
California Vol.19 (UCLA, University of Southern California, Pepperdine University, etc.)
12月18日追加 2017年のほぼ同時期です。
US Policy Changes Vol.65 (US law professors Vol.1) テキサス以西、主にカリフォルニア。

U.S.A. アメリカ Vol.45(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.19 - 大学ツイート UC San Diego)

All the below tweets are in English.
今日は、University of California, San Diego です。


cf. 1月7・9日追加
California Vol.17 (UCSD)
California Vol.16 (University of California, Berkeley / San Diego)

U.S.A. アメリカ Vol.44(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.18 - 大学ツイート UC Santa Barbara)

All the below tweets are in English.
今日は、University of California, Santa Barbara です。


cf.
California Vol.15 (University of California, Irvine / Santa Barbara / Hastings)

U.S.A. アメリカ Vol.35(Policies & Midterms 各種政策等 Vol.9 - 大学ツイート Colorado・Oklahoma)

All the below tweets are in English.
引き続き以下貼っておきます。


オクラホマについては、最近の下記ポストをご覧ください。
Concerning Oklahoma, you can check out the below recent post.



https://twitter.com/WSjp_insight/status/1064793124214460416