Japan’s tourism boom reaches the burbs | NIKKEI ASIAN REVIEW

日本への観光についてのNikkei Asian Review紙の記事を、イギリスの @Export2Japan がツイートしています。
東京都静岡県佐賀県茨城県成田空港静岡空港茨城空港羽田空港新千歳空港広島空港松山空港小松空港 について記されています。

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.2

Vol.2
 globalization グローバリゼーションとそれによる反動・崩壊の傾向は、以下のとおりです。
 1.世界についてのユビキタスな理解の仕方であるグローバリゼーションを分析手法として固定的に捉えていた人達は、そのvolatilityとinstabilityを理解するのに失敗した。
 2.グローバリゼーションは、モノ・人・資本の国際的移動のみならずideasの転移やテクノロジーの転回にも関連するので、人々の嗜好にまで影響しそれを再構築する。
 3.結果、value(価値、価値観)に係る継続的な確信の無さを、一時的にも長期的にも齎す。経済的現象を遥かに超えるものである。
 4.グローバリゼーションは非常に突然に価値の変更を伴う周期的な金融大惨事に対して脆弱であるため、大惨事の間に人々の価値の再評価が起きてしまう。
 5.そこで、人々は、世界が複雑に相互に関連している模様を見始める。
 6.価値の再評価には、deflation デフレーションinflation インフレーション、そしてその両者が同時に起きる統合失調的状態のような通貨の(monetary)根本的な不安定さも含まれる。
 7.この不安定さは、gold standard 金本位制であれ管理通貨制であれ、通貨の管理のための専門的力量につき疑問を想起させる。
 8.そこで、今日、人々は、1920年代30年代のGreat Depression 世界大恐慌を回想することとなる。
 9.政治と経済はほどけない形で本来的に繋がっており、政治がグローバリゼーションの危機への対処のための市場メカニズムへの代案を提供する。
 10.崩壊が起きると、再構築は極めて難しい。価値の再生には時間がかかる。
 これらの指摘の上で、当世のグローバリゼーション(第1章)、戦間期(1919-1939年)の崩壊(第2章)、から第6章まで、著者の洞察などが書かれています。次回以降、代表的な部分を挙げます。

UK’s referendum on EU membership | Department of Foreign Affairs and Trade, Ireland

Republic of Ireland アイルランド政府による隣国イギリスのEU残留国民投票(6/23)に係る投稿です。 @dfatirl

なお、同政府のニュースサービスである @merrionstreet には良いレポートが並んでいたようですが、非常にセンシティブな状況のためかリンク切れが多い印象です。それでも残っているものもありますし、著者や所属機関が分かりますので、ご覧ください。

Former US trade deputy wary of protectionist bent | Takeshi Kawanami, NIKKEI ASIAN REVIEW

アメリカ政府元高官の見解です。 @AmChamJapan

mExcerpt: TPP is a high-standard agreement. It’s high standard, it’s ambitious, it’s comprehensive, and an agreement that will produce benefits to all the members, including the United States and Japan.

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.1

【国際政治経済を読み解く書籍の紹介】
“The Creation and Destruction of Value – The Globalization Cycle”(ハーバード大学出版会、2009年)ハロルド・ジェームズ著

Vol.1
 原油価格激落など経済見通しの只ならぬ不透明さが目に付く時代に、今の人々は生きています。一市民が普通に生活しているだけでも、経済についての基本的な理解の必要性を痛切に感じると言えます。
 即ち、一方で、二度の世界大戦、東西冷戦、断続的な地域紛争などを経て、科学技術は相当に、人々の意識も一定程度発達して、先の見通しが立ち易くなった面はあります。他方、大震災や原発事故、伝染病、欧州移民などの従来からの問題、 また、気候変動や水不足、テロリズムなど新たな問題も生じ、経済への影響が時々刻々出ています。結局、経済に完全な見通しや客観的な正解は無く、あくまで一定程度の見通しや理解が必要とされると考えて良いのです。
 今の経済に係る理解を深める上で避けて通れないのが、2008年リーマンショックなどを含む世界金融危機(2007年-)でありましょう。ジェームズ・プリンストン大学教授(専門:経済史)の本書は、1929年・1931年の世界大恐慌を解説した上で世界金融危機や価値・価値観の不透明さを記し、2016年になっても賞味期限が切れた感じがありません。それゆえ、抜粋してなるべく日本語に直して、今後、二十回以上に分けて本ウェブサイトに掲載することといたします。