U.K. イギリス Vol.3(”Brexit”?? – UK’s Referendum on EU Membership イギリスEU残留国民投票 Vol.2)

Here is just a part of articles/videos concerning the Brexit on Twitter on 6 June (BST).

Pro-Europe MPs could defy Brexit poll victory | @michaelsavage @elliotttimes @BrunoBrussels
Pro-Europe MPs could defy Brexit poll victory | @michaelsavage @elliotttimes @BrunoBrussels

Pound plunges as polls point to Brexit momentum | @oliver_wright
Pound plunges as polls point to Brexit momentum: Cameron urges voters to register as Leave camp surges ahead | @oliver_wright
– Cameron urges voters to register as Leave camp surges ahead –

Brexit would not make £8bn available for the NHS | @TheIFS
Brexit would not make £8bn available for the NHS | @TheIFS
Michael Gove

Farage: Brexit Would Be ‘First Domino’ In Disintegration Of EU | @BreitbartLondon

Economics of Brexit | @JacobReesMogg @SkyNewsTonight

Leading bookmaker Coral has slashed the odds on the UK voting to leave EU | Robert Kellaway
– A LEADING bookmaker slashed the odds on the UK voting to leave EU after political punters continued to show their support for Leave. –

Pro-EU MPs could stage guerrilla campaign to reverse Brexit decision | @patrickwintour
– MPs could initiate ‘reverse Maastricht’ to minimise number of EU laws the UK pulls out of, or push for a second referendum –

Brexit would leave EU less liberal, less Atlanticist | @ReutersAyataylo

Sterling falls after polls suggest growing Brexit support | @andrewwalker167

UK EU referendum | @NCPoliticsEU

Brexit huge risk for German economy | @Isabel_Schnabel @winterbiz @dw_business

Will the UK leave the EU? Keeping track of the polls, bookmaker odds, and the financial markets |‏@Pete_Spence

Brexit Lords have a cheek to complain about EU democracy | @nick_clegg
– It is ridiculous for a group of unelected British peers to criticise the lack of accountability of EU institutions –
[Excerpt] …With more than 800 members, the House of Lords is only second to China’s National People’s Congress in size and is about as undemocratic: unique in Europe, its members can revise and amend the laws of the land without anyone actually being elected…
Yet this obvious inconsistency appears to have escaped Lord Lawson et al when they berate the EU as “profoundly undemocratic”. I find what they do every day in the House of Lords profoundly undemocratic too.
Similarly, Boris Johnson, Michael Gove, Chris Grayling and the other Brexit ministers appear to be entirely untroubled that they serve in a Government that garnered no more than 24 per cent of the eligible vote…
… It took the EU almost 30 years, for instance, to agree a common definition of chocolate … A body that takes three decades to define chocolate can be described as many things — not least slow and bureaucratic — but an undemocratic conspiracy is hardly one of them…

@SirJohnRoyMajor on Brexit | @StrongerIn

Conservatives will stand up for Britain if the EU lets us down | @SteveBakerHW
[Excerpt] …David Cameron has been spectacularly successful in Europe. No other Prime Minister has secured a cut in the European Union budget.

Poll gives Brexit campaign lead of three percentage points | @DanielBoffey
– Opinium survey suggests remain camp has lost four points in two weeks, as Boris Johnson prepares to campaign on security –

Brexit and the union: Tug of war | @TheEconomist
– Brexit could lead to a second Scottish independence referendum. But the place to fret about most is Northern Ireland –
[Excerpt] …Remainers have tried to use the Scottish card to strengthen their hand in England by warning that Brexit would trigger a second independence referendum which…a resurgent Scottish Nationalist Party (SNP) might win…
…a month ago it lost its overall majority in the Scottish parliament… And even if she were able to call a second referendum, Ms Sturgeon cannot risk it… The example of Quebec suggests that two lost votes…for decades…
…Oil prices are half as high as then, so an independent Scotland would face even bigger economic and fiscal difficulties. After Brexit, the EU might be more welcoming to a Scotland seeking membership, but it would still object to its keeping the pound instead of adopting the euro. And if a post-Brexit United Kingdom ended free movement of people from the EU, that might mean erecting a border between north and south…
…Farming matters more in Northern Ireland than on the mainland, and it depends more on EU subsidies. Links to Ireland are crucial: it takes 34% of Northern Irish exports…
Ireland is the EU country most worried about Brexit. Irish ministers regularly state their opposition… Britain is Ireland’s biggest export market, and… Dublin to London is the world’s second-busiest international air route…

姉妹都市 Vol.3(Tripartite Economic Alliance ロサンゼルスLA=オークランドAK=広州GZ 三市経済連携)

今日は”サミット”の話、と言っても先月下旬の議長国日本・伊勢志摩G7の話ではありません。〔以下ツイッターリンクは中国の広州市Guangzhouも含めてEnglish、日本の各市町のホームページはそれぞれ。〕

ロサンゼルス市(LA、人口380万人、アメリカ。参考:@MayorOfLA 市長)・オークランド市(AK、市人口40万人強・都市圏人口150万人、ニュージーランド。参考:@Auckland_NZ 市役所)・広州市(GZ、人口1300万人、中国。参考:@Guangzhou_City 市役所)の相互に姉妹都市である三市による Tripartite Economic Summit 2016 三市経済サミット が先月中旬にオークランドで開催されました。21世紀の都市間交流のあり方を打ち立てるべく2014年11月に世界初の三市経済連携協定(Tripartite Economic Alliance agreement)が結ばれ、初回”サミット”が昨年6月にロサンゼルスで開催されたとのことです。

都市間交流・地域間交流は一対一・文化交流という形である印象がありますが、太平洋を跨いだ三大都市の継続的な経済連携枠組みで世界初というのは第一印象としてはインパクトがあります。もちろん細部を少しずつ継続的に理解して行く必要がありますが、民間企業が収益を上げるのに役に立つ経済連携の形を取れば地方公共団体にも(もちろん中央政府にも)予算的労働的に負担がかからないということは言えます。また、人間で言えば、二人の方が突っ込んだ内容を話せるけど三人以上の枠組みの方が派手だったり長持ちしたりもする(あくまで参考:下記※)、というような感じでしょうか。従来型交流と適宜並行して進むと良さそうです。
なお、上記三市の日本の姉妹都市は、ロサンゼルス市とは名古屋市(参考:名古屋市英語ホームページ)、オークランド市とは大阪市(参考:大阪市英語ホームページ)・福岡市(参考:福岡市英語ホームページ)・富岡町(友好都市。参考:福島県富岡町ホームページ。)・宇都宮市(参考:宇都宮市ホームページ)・品川区(参考:品川区英語ホームページ)、広州市とは福岡市、のようです。また、広州市の姉妹都市には、当都市経済連携には入っておらず、ニュージーランドとは隣国かつ同盟国であるオーストラリアのシドニー市(参考:@cityofsydney 市役所)もあり、先月で両市姉妹都市30年になり喜ばしいとの報道が何度か目に入ってきました。シドニー市の姉妹都市には日本の名古屋市もあります。

※ 各人が手抜き無しに努力を怠らないチームの人数は、例えばWhy Less Is More in Teams | Mark de Rond では、4人とされています。他方、適度な頑張りが必要となる姉妹都市経済連携のような組織間の持続的試みにおいては、検証等必要ですが、各者が一定程度以上望んでいれば3者というのが一番長持ちしそうだと第一感では思いました。

日本のガラパゴス症候群 Vol.4(勤務等形態)

本稿の勤務・雇用・経営という大きなテーマについても、基本的には弊社が承る業務の範囲外であるため、深くは触れません。二十年以上に亘って感じてきた点と関連情報を日本語で簡単に挙げておきます。

日本をガラパゴス化・停滞させているのは、正に日本式の勤務・雇用・経営であると感じています。例えば、ネット検索で見つけた出口治明ライフネット生命保険代表取締役会長blog(日本語)は端的に状況を表しており、この原稿から二年半経った今でもさほど大きな変化は無いように定性的には感じられます。企業も政府も組織を動かすのは人間ですから、個々の人間の能力が努力等によって発揮向上されまたそうされ易い合理的な状況ができているようにしておかなければ組織全体が停滞する、というのは論理的です。そして結局、個々の停滞が国全体の停滞となります。さらにざっくり言うならば、この点も定量的検証等が必要ですが、東西冷戦時代の右肩上がり成長の成功記憶がある日本は、今までやってきた延長上でのガラパゴス化に走り易いように感じられます。

そろそろ、まず、社会全体の大きな建前だけは、完全成果主義に一気に変えてしまわないと、個人の能力が伸びず、会社も潰れ、日本経済もさらに停滞するように感じています。成果や能力などを判断するのは人間ですし、組織や業務などによって判断基準ももちろん違うので、一律に同じ方向に同じ速度で変わっていくはずがなく、そこはやはり個別の人間や組織などに任せるしかありませんが。

U.S.A. アメリカ Vol.2(U.S. Top10 high-tech cities アメリカ国内ハイテク産業10都市等)

Data don’t lie… U.S. high-tech cities(English)で取り上げたシンプルな記事以外にも様々な記事が出ていますが、概括的に傾向を見るには足りる記事かと思われます。補足として一応ネットで拾ったのが、添付の2~4番目の図表であり、記事と直接の関係はありません。
この記事で当然ながら面白いと思ったのは、アメニティ密度、徒歩移動可能範囲、ハイテク産業集団度、地域経済の活気が”market dynamism”としてランキング決定指標となっていることです。人間が気持ち良く生活して働いてこそ仕事の成果が上がるという当たり前のことがハイテク業界では(一番進んでいるからこそ?)基本におかれている、と考えます。

U.K. イギリス Vol.2(UK’s Referendum on EU Membership イギリスEU残留国民投票 Vol.1)

イギリスのEU残留国民投票(6/23)は、“Why the UK should stay in a reformed EU” 首相と国民との対話集会 でのキャメロン首相の定性的な主張の大筋のとおり、統計の精緻な分析に基づき定量的な説得力を持たせるというのが困難な性質のものかと考えられます。

確かに、EU非加盟国であるノルウェー(参考:Norway & EU & EEA)が国民一人あたりいくら払ってEU市場に入り、いくら売り上げていくら利益が出ている、EU加盟していればそれぞれの額はこうなっている、などと聴衆に訴えられればベストであったとは考えます。しかし、上記性質に加えて、そもそも本来的には、現状をひっくり返すと良くなる点を具体的・明確に示す証明責任はひっくり返したい離脱派にあり、できなければ “論理的には” 離脱派の負けです。
とは言え、政治・投票ですから、論理的或いは科学的に正しい方が勝つとは限りません。そこで、その点を大いに考慮してだと思われますが、あくまでこのビデオ二回と今まで部分的に見た他の映像による個人的印象としては、今まで対峙した各党党首等より非論理的にムードで訴える点でも勝っているように感じます。

今月どのような動きになるか、そして、投票後に投票結果が及ぼす波状的・連鎖的影響も、適宜追って参ります。〔リンクは全てEnglish。UK’s referendum on EU membership | Department of Foreign Affairs and Trade, Ireland に残っている文書も参考になります。〕

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.4

(All the below links are in English.)

Vol.4 第2章-2  

 他方、1931年のdisasterでは、容易な解決策は無かったが、ハイパーインフレーション(参考:In today’s debt crisis, Germany is the US of 1931 | @flindner23)などを引き起こした愚策の後の銀行のバランスシートの悪化が原因であると明白であった。メガバンクが崩壊した欧州が、小規模地域銀行が主体の米国での不安を煽って、崩壊に導いたと言える。
 一つの解決策としては、1944年のブレトンウッズ会議(参考:Establishment of the Bretton Woods System | @AtlantaFed)での中心的議題であった、逆行しているカネの流れの封じ込めがあったが、民主主義の時代には難しかった。
 もう一つは、1930年代にゴットフリート・ハバーラー(Gottfried Haberler (by @mises))など何人かから指摘された、固定為替制は通貨危機に対して脆弱であるので、為替変動制に移行することであったが、金融制度の未発展国の国民は自国では自国通貨を長期的に調達することができず、常に為替変動リスクに晒されるというものである。尤も、21世紀初頭には、1929回避のための通貨政策と共に、1931回避のための金融機関なども整備されてきた。

U.S.-Japan Summit Meetings 日米首脳会談 Vol.1(Obama’s visit to Hiroshima Vol.1)

Here is just a part of articles concerning the visit (through May 27). [All the below are in English.]

Obama’s Hiroshima visit strengthens his call for nuclear disarmament | Sharon Squassoni

Text of President Obama’s speech in Hiroshima, Japan

Obama Makes Historic Visit To Hiroshima Memorial Peace Park [with Full Remarks (17:21)] | ELISE HU & CAMILA DOMONOSKE

Obama should not apologise for Hiroshima. He should heed its lessons | Simon Jenkins

Hiroshima | JOHN HERSEY

[Editorial] The Guardian view on Obama in Hiroshima: facing a nuclear past, not fixing a post-nuclear future

More and more Americans question the Hiroshima bombing. But would they do it again? Maybe. | Adam Taylor

Obama at Hiroshima: What to watch for | Kevin Liptak

Bombing Hiroshima changed the world, but it didn’t end WWII | Oliver Stone and Peter Kuznick

NOT JUST WAR: HOW HIROSHIMA BECAME A WAR CRIME | JONATHAN HUNT

Hiroshima: Was the atomic bomb necessary? [Video] Mehdi Hasan asks if the US needed to drop the atomic bombs.

Nuclear-Free Aspirations of Obama, Abe Conflict with Reality

Why Obama Is Wrong to Focus on Hiroshima | Bruce Klingner

Obama should go to Hiroshima — but not for the reason he gave | Michael Auslin

President Obama Is Visiting Hiroshima. Why Not Pearl Harbor?: On the 75th anniversary of Pearl Harbor, what lessons does the U.S. need to relearn? | Victor Davis Hanson

5 Things That Should Happen When Obama Visits Hiroshima:The president’s decision was the right one and can make Japan-U.S. ties even stronger. | Scott W. Harold

FPI Bulletin: The Enduring Value of the U.S.-Japanese Alliance | David Adesnik

WHAT THE POPE SAW AT HIROSHIMA | Robin Wright

The Last Days of Imperial Japan | CFR

For Japan, a G7 to Remember | Sheila A. Smith

日本のガラパゴス症候群 Vol.3(産業構造 | The Information Technology and Innovation Foundation)

本稿テーマの産業構造は、ガラパゴス化と関連はあると考えますが、直接的と言うよりは間接的なものかと考えております。また、この大きなテーマは、弊社が初期段階で承る基本的業務の範囲外であるため、深くは触れません。さらに、もちろん改善改革に向けた事実抽出等のために言わざるを得ない場合がありますが、英語で(国外に向けて)日本の弱点を声高に言うのは好みではありません。他方、日本にとって良くない情報が英語で世界的に公然と日常的に出されているという重みを認識しておく必要があるように考えますので、本稿でも日本語で簡単に挙げておきます。

@ITIFdc(English) が出してから五年半経つらしい The Good, The Bad, and The Ugly (and The Self-Destructive) of Innovation Policy | Stephen J. Ezell & Robert D. Atkinson(English) 30-31頁では、「…日本は本気で非貿易分野の成長に力を入れたことがないので、日本経済の約四分の一を占め世界に名を馳せる輸出者たる製造業だけが日本では成長し、世界レベルのサービス業が存在しないことが目を引く。….輸出外需頼みの国は、輸出市場が飽和してしまえば逞しいサービス業を持つ国に抜かれ衰えてしまう『一つの芸当しかできない子馬』となるリスクを孕んでいる。」とされています。内容が正しいように感じられてしまう現状が改善され、『日本は改革されて真に強くなり、one-trick ponyではなくなった。』、と書かれることになるよう望んでおります。

日本のガラパゴス症候群 Vol.2(Monetary Policy et al. | Milken Institute)

一般論として解決策の検討に入る前に(評価の入らない)事実を正確に把握することが必要であるところ、本件でも事実の捻出のためしばらくこういうものが続きます。

このパネルディスカッション Milken Institute Global Conference は今月行われたものであり、玉石ある中で上質のものであると感じましたので、ご紹介します。何だかんだ言っても世界の動きを創り続けている北米欧州では日本がこのように認識されているということもよく分かりますし、とりわけこの方の日本に係る認識は全般に正しいように感じました。なお、少なくとも私自身は決して日本も含めてQEその他の努力を否定する訳ではありません。

U.K. イギリス Vol.1

イギリスは何と言っても、アメリカが握る前の時代に世界の覇権を握っていた国。今でも、英語という世界第一言語を筆頭に、英連邦(the Commonwealth、参考:realms(英語))やイギリス文化などの様々な遺産を有し、経済力・人口・国土面積それぞれ強大ではないものの大きな国際的影響力を維持しています。積極的な貿易や地域間交流などに加えて、EU残留国民投票(6/23、参考:英ポンド見通し(日本語))前後の政治経済情勢など国際政治に係る動静や思考も追い少しずつ掘り下げて参ります。 標題『イギリス Vol._』とは異なる場合も含めて、記事や報道なども適宜ご紹介します。その際、〔以下リンク:原則、English。Welcome to GOV.UKから政府各省や大使館などへ繋がっています。〕

在日イギリス大使館(日本語)、@UKScienceJapanBritish Chamber of Commerce in Japan 在日イギリス商工会議所Foreign & Commonwealth Office イギリス外務英連邦省UK Trade & Investment イギリス貿易投資総省@UKTIJapan(日本語)、Department for Business, Innovation & Skills イギリスビジネスイノベーション技能省@UKSINetDepartment for Transport イギリス運輸省Department of Energy & Climate Change イギリスエネルギー気候変動省Department for Environment, Food & Rural Affairs イギリス環境食料農村地域省@walesoffice ウェールズ省@UKGovScotland スコットランド省@NIOPressOffice 北アイルランド省Her Majesty’s treasury イギリス大蔵省Bank of England イギリス中央銀行Prime Minister’s Office イギリス首相官邸Confederation of British Industry イギリス産業連盟、地方公共団体(EnglandWalesScotlandNorthern Irelandの各リストなど)・商工会議所(英国商工会議所 British Chamber of Commerce(日本語)など)、
@MatthewRycroft1 イギリス国連大使@BraithwaiteUKUN 在ジュネーブ国際機関イギリス政府代表部特命全権大使@UKMissionVienna 在ウィーン国際機関イギリス政府代表部特命全権大使@ukineu EUイギリス政府代表部@UKDelCoE@UKOSCE@UKNATO NATOイギリス政府代表部@UKOECD OECDイギリス政府代表部
@DChilcottFCO イギリス駐アイルランド大使@KimDarroch イギリス駐米大使@HDrakeUK イギリス駐加大使@MennaRawlings イギリス駐豪大使@JWRSinclair イギリス駐NZ大使@maritimeuk@SocMaritimeInd@BMCF_UK@ukshipping@ScotMarineInst@Arctic_Office@BAS_News@rbthUK@ICT_FRANCE_UK や他の公共機関、大学・研究機関・専門機関、企業・団体、新聞などの情報も拝見しながら、関連事情を随時総合的に把握する所存です。