#Coronavirus #コロナウイルス Vol.7(Japan’s lifting state of emergency 日本の緊急事態宣言解除)

All the below tweets are in English.

For your information, I paste tweets in English, which I easily found on Twitter, concerning the lifting – a bigger turning point – as below. (through around 4pm on 27th)
Note that I think we will not be yet able to be careless at all from now on and that we will continue to need various countermeasures, because we have not yet found completely what the coronavirus is and we will not seemingly get some satisfactory drugs and vaccines soon.
取り急ぎ、一つの大きな節目となった標記等に係る英文報道ツイートで容易に見つかったものを、以下貼っておきます。(27日午後4時頃までのもの)
なお、まだコロナウイルスの実像が完全には解明されておらず、治療薬もワクチンも満足な状態には暫く至らないようであるため、今後も全く油断ならない、各種対策が必要であり続ける、等と個人的には考えております。

#Coronavirus #コロナウイルス Vol.6 / Science and Technology 科学技術 Vol.6(Pharmaceutical products 医薬品 Vol.2:Drugs & Vaccines 治療薬及びワクチン)

取り急ぎ標記関連記事及びその一部抜粋を以下貼っておきます。
念のため申し上げますが、当方は(電子書籍出版時に製薬企業等につき調べましたのでほんの少しだけ予備知識があろうかとも思いますが)医薬品のいわゆる素人ですので、あくまでご参考までご覧ください。色々考える際に参考にはなるとも考えております。

Coronavirus treatment: Vaccines/drugs in the pipeline for COVID-19 (16/04/2020) | Praveen Duddu @ArenaClinical

Chloroquine approved for emergency use by US FDA
Favilavir, the first approved coronavirus drug in China

Pharmaceutical companies involved in developing coronavirus drugs/vaccines
[Novel coronavirus vaccines]
Fusogenix DNA vaccine by Entos Pharmaceuticals
… Fusogenix drug delivery platform is a proteo-lipid vehicle that introduces genetic payload directly into the cells. …
ChAdOx1 nCoV-19 by University of Oxford
…an adenovirus vaccine vector developed by the university’s Jenner Institute. …
Gimsilumab by Roivant Sciences
…a clinical-stage, human monoclonal antibody. The drug targets granulocyte-macrophage colony stimulating factor (GM-CSF), which is a pro-inflammatory cytokine found in high levels…
AdCOVID by Altimmune
…to develop a single dose intranasal vaccine for COVID-19 named AdCOVID. The company is currently carrying out immunogenicity studies after, which phase one clinical trial material will be developed. Altimmune and UAB will work with researchers to conduct preclinical animal studies and phase one clinical trial in the third quarter of 2020.
TJM2 by I-Mab Biopharma
…a neutralising antibody, as a treatment for cytokine storm in patients suffering from a severe case of coronavirus infection. The drug targets the human granulocyte-macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF), which is responsible for acute and chronic inflammation.
Coronavirus vaccine by Medicago
…after having produced Virus-Like Particles (VLP)… …a collaboration with Laval University’s Infectious Disease Research Centre…
AT-100 by Airway Therapeutics
…novel human recombinant protein named AT-100 (rhSP-D)… AT-100 has shown efficacy in preclinical studies in reducing inflammation and infection in the lungs, while also generating an immune response against various respiratory diseases.
TZLS-501 by Tiziana Life Sciences
…monoclonal antibody named TZLS-501… …a human anti-interleukin-6 receptor (IL-6R), which helps in preventing lung damage and elevated levels of IL-6. …reducing chronic lung inflammation.
OYA1 by OyaGen
BPI-002 by BeyondSpring
…a small molecule agent indicated for treating various infections… …to activate CD4+ helper T cells and CD8+ cytotoxic T cells and generating an immune response in the body. If combined with another COVID-19 vaccine, the drug has the ability to generate long-term protection against viral infections. …
Altimmune’s intranasal coronavirus vaccine
…being developed based on a vaccine technology platform that is similar to NasoVAX, an influenza vaccine developed by Altimmune.
INO-4800 by Inovio Pharmaceuticals and Beijing Advaccine Biotechnology
NP-120 (Ifenprodil) by Algernon Pharmaceuticals
…an N-methyl-d-aspartate (NDMA) receptor glutamate receptor antagonist sold under the brand name Cerocal. …
APN01 by University of British Columbia and APEIRON Biologics
…ACE2 protein was the main receptor for the SARS virus. …
mRNA-1273 vaccine by Moderna and Vaccine Research Center
…targets the Spike (S) protein… …shipped to NIAID for phase one human clinical trial. …
Avian Coronavirus Infectious Bronchitis Virus (IBV) vaccine by MIGAL Research Institute
…efficacy in pre-clinical trials conducted by the Volcani Institute. …in the oral form. …
TNX-1800 by Tonix Pharmaceuticals
…a modified horsepox virus developed using Tonix’s proprietary horsepox vaccine platform. … Southern Research will be responsible for evaluating the efficacy of the vaccine, under the partnership.
Brilacidin by Innovation Pharmaceuticals
…a defensin mimetic drug candidate, as a potential treatment… …has shown antibacterial, anti-inflammatory and immunomodulatory properties in several clinical trials. …already investigating the drug for inflammatory bowel disease and oral mucositis in cancer patients. …has signed two material transfer agreements with a university in the US and 12 biocontainment labs in the US for evaluation…
Recombinant subunit vaccine by Clover Biopharmaceuticals
…a recombinant subunit vaccine using its patented Trimer-Tag© technology. …binding with the host cell and causing a viral infection. …successfully produced the subunit vaccine in a mammalian cell-culture based expression system… …antigen-specific antibody in the serum of fully recovered patients who were previously infected by the virus. …equipped with in-house cGMP biomanufacturing capabilities…
Vaxart’s coronavirus vaccine
…in tablet formulation using its proprietary oral vaccine platform, VAAST. …for mucosal and systemic immune responses.
CytoDyn-leronlimab
…(PRO 140), a CCR5 antagonist, as a potential coronavirus drug. …being investigated in phase two clinical trials as a treatment for HIV and has been awarded fast-track approval status…
Linear DNA Vaccine by Applied DNA Sciences and Takis Biotech
…will use Polymerase Chain Reaction (PCR)-based DNA manufacturing technology… …high purity, increased production speed, and absence of antibiotics and bacterial contaminants. …can be effective without being inserted into the patient’s genome. …based on the entire spike gene of the coronavirus, while…based on the antigenic portions of the protein.
BXT-25 by BIOXYTRAN to treat late-stage acute respiratory distress syndrome (ARDS)
…in late-stage patients infected with the coronavirus. The diffusion of oxygen to the blood is comprised in patients suffering from ARDS leading to fluid build-up in the lungs. …designed to be 5,000 times smaller than blood cells and efficiently transport oxygen through the body for a period of nine hours before being processed by the liver. The drug can help in supplying oxygen to the vital organs and enable the patient to recover and survive.
Novavax’s MERS coronavirus vaccine candidate
…designed to primarily bind to the major surface S-protein and developed using the company’s recombinant nanoparticle vaccine technology. Tested along with the Novavax’s proprietary adjuvant Matrix-M™, it inhibited infection by inducing immune responses in the laboratory studies.
Inovio Pharma’s INO-4700
…being developed by Inovio in partnership with GeneOne Life Science. It is delivered as vaccine intramuscularly, using the Cellectra® delivery device.

[Coronavirus drugs]
Remdesivir (GS-5734) by Gilead Sciences
Actemra by Roche to treat coronavirus-related complications
China approved the use of Roche’s Actemra for the treatment of severe complications… …the ability to prevent cytokine storms or overreaction of the immune system, which is considered as the main reason behind organ failure…
Biocryst Pharma’s Galidesivir, a potential antiviral for coronavirus treatment
…(BCX4430) has shown broad-spectrum activity against a wide range of pathogens… …a nucleoside RNA polymerase inhibitor that disrupts the process of viral replication. …has already shown survival benefits in patients against deadly viruses such as Ebola, Zika, Marburg, and Yellow fever. …to combat multiple potential viral threats including coronaviruses, flaviviruses filoviruses, paramyxoviruses, togaviruses, bunyaviruses, and arenaviruses.
Regeneron’s REGN3048-3051 and Kevzara
…the combination of neutralising monoclonal antibodies REGN3048 and REGN3051… Both the antibodies bind to S-protein of MERS coronavirus. …in the mouse model of MERS resulted in the high-level neutralisation of the MERS coronavirus in circulating blood with reduced viral loads in the lungs. … Kevzara is approved for the treatment of rheumatoid arthritis and is known to block the interleukin-6 (IL-6) pathway, which causes an overactive inflammatory response…
SNG001 by Synairgen Research
…an inhaled drug, is planned to be tested by the University of Southampton to treat asthma, chronic obstructive pulmonary disease and lower respiratory tract illnesses… …a formulation of naturally occurring Interferon-β, which is administered through a nebuliser and is delivered directly to the lungs to reduce the severity…
AmnioBoost by Lattice Biologics
…exploring the efficacy of its amniotic fluid concentrate, AmnioBoost, in treating acute respiratory distress syndrome (ARDS)… …for chronic adult inflammatory conditions such as osteoarthritis. …reduces the production of pro-inflammatory cytokines while boosting the production of anti-inflammatory cytokines.

Other companies developing coronavirus vaccines/drugs
Enanta Pharmaceuticals
…plans to develop antiviral drug candidates…
Predictive Oncology
…an AI Platform for the discovery and development of vaccines… …has signed an agreement with InventaBioTech to acquire Soluble Therapeutics, which provides it with access to the HSCTM Technology.
Emergent BioSolutions
…developing two plasma-derived product candidates or hyperimmunes using its hyperimmune platforms… …including vaccines for smallpox, botulism, and anthrax. … The hyperimmunes are polyclonal antibodies derived from plasma, which are capable of generating an immune response and protecting against infection. …with a severe case…
Integral Molecular
…has launched a vaccine programme using its two technology platforms including Shotgun Mutagenesis Epitope Mapping and the Membrane Proteome Array. …isolate the cellular receptors that enable the virus to spread quickly. …while the Membrane Proteome Array technology is capable of identifying the receptors through which viruses infect cells.
CEL-SCI
…using its proprietary LEAPS peptide technology, which utilises conserved areas of the coronavirus proteins to generate T-cell responses and reduce viral load. …to develop immunotherapeutic peptides with both antiviral and anti-inflammatory properties. …in reducing tissue damage from inflammation caused due to lung infection, which is a major cause of mortality in elderly patients.
AJ Vaccines
…will use the latest technology to develop antigens that can mimic the native structures of the virus. …
Takeda Pharmaceutical Company
… The anti-SARS-CoV-2 polyclonal hyperimmune globulin (H-IG) therapy will be designed to treat high-risk patients. The H-IG therapy includes concentrated pathogen-specific antibodies derived from plasma of recovered patients. …
Heat Biologics
…using its proprietary gp96 vaccine platform. …reprogramming live cells to produce antigens that can bind to the gp96 protein and generate an immune response against those antigens.
Pfizer
…antiviral compounds…
Mateon Therapeutics
…an antiviral response programme to develop coronavirus treatments using its therapeutic and artificial intelligence (AI) platforms. …
Hong Kong University of Science and Technology
…have identified B-cell and T-cell epitopes, which are capable of generating an immune response against the SARS virus and a similar response…
Vaccine by Generex
…following a contract from a Chinese consortium comprising of China Technology Exchange, Beijing Zhonghua Investment Fund Management, Biology Institute of Shandong Academy of Sciences and Sinotek-Advocates International Industry Development. The company will utilise its Ii-Key immune system activation technology to produce a COVID-19 peptide for human clinical trials.
Coronavirus drugs by Columbia University
Vaccine by Tulane University
Coronavirus vaccine by ImmunoPrecise Antibodies
…will use its B Cell Select™ and DeepDisplay™ discovery platforms to therapeutic compounds… …will be using the PolyTope mAb TherapyTM and EVQLV’s artificial intelligence platforms develop a COVID-19 therapy.
Serum Institute of India
…collaborating with Codagenix, a US-based biopharmaceutical company, to develop a cure for coronavirus using a vaccine strain similar to the original virus. …
Southwest Research Institute
…virtual screening called Rhodium…
Zydus Cadila
…two novel approaches. The first approach includes the development of a DNA vaccine against the viral membrane protein of the virus, while a live attenuated recombinant measles virus (rMV) vectored vaccine will be developed in the second approach. The rMV-based vaccine works by inducing specific neutralising antibodies…
NanoViricides
…developing a treatment for nCoV-2019 using its nanoviricide® technology. …used to develop ligands that can bind to the virus in the same way as a cognate receptor and attack various points of the virus.
Vir Biotechnology
…a clinical-stage immunology company… has identified two monoclonal antibodies that can bind to the virus… The antibodies target the spike (S) protein of the virus by entering through the cellular receptor ACE2. …a partnership with WuXi Biologics… …also partnered with Alnylam Pharmaceuticals to identify siRNA candidates… …another partnership with Biogen for cell line and process development and manufacturing…
HIV drugs for coronavirus treatment
Abbvie’s HIV protease inhibitor, lopinavir is being studied along with ritonavir for the treatment of MERS and SARS coronaviruses. …HIV infection under the trade name Kaletra®. … Lopinavir is believed to act on the intracellular processes of coronavirus replication and demonstrated reduced mortality in the non-human primates (NHP) model of the MERS. Lopinavir/ritonavir in combination with ribavirin showed reduced fatality rate and milder disease course during an open clinical trial in patients in the 2003 SARS outbreak. Cipla is also reportedly planning to repurpose its HIV drug LOPIMUNE, which is a combination of protease inhibitors Lopinavir and Ritonavir…
Janssen Pharmaceutical Companies, a subsidiary of Johnson & Johnson, donated its PREZCOBIX® HIV medication (darunavir/cobicistat)… Darunavir is a protease inhibitor… …as potentially having antiviral activity… …has no in vitro or clinical data… …has partnered with the Biomedical Advanced Research and Development Authority (BARDA)…

Ireland アイルランド Vol.13(電子書籍「アイルランドの政治・行政・企業・地方・大学」一部抜粋 Vol.4)

《続き》
第一章 政治機関
2.政党
(4)労働党(The Labour Party)
 ダブリン2のHume Streetにある。党首は、ブレンダン・ハウリン前公共歳出改革相(Wexford選挙区)である。
 1948-51年(コステロ政権)/54-57年(コステロ政権)/73-77年(コスグレイヴ政権)/81-82年(フィッツジェラルド政権)/82-87年(フィッツジェラルド政権)/94-97年(ブルトン政権)/2011-16年(ケニー政権)に統一アイルランド党と、92-94年(レイノルズ政権)に共和党と、連立政権を組んできた。
* 
◦ Dublin West(Joan Burton前副首相/定数4)
◦ Wexford(Brendan Howlin党首/定数5)
◦ Limerick City(Jan O’Sullivan前教育技能相/定数4)
◦ Longford-Westmeath(Willie Penrose元住宅計画担当閣外大臣/定数4)
 他方、EUにおいては、欧州人民党グループと協力関係にあり社会民主主義を謳う社会民主進歩同盟グループ(S&D)を、英国の労働党、ドイツの社会民主党、フランスの社会党などの政党と共に構成している。同グループは、2014年の選挙とその後の再編を経て191議席を占め、引き続き欧州人民党グループに次ぐ第2勢力となっている。2014年には、アイルランド労働党の得票率は国内4位で、議席は前回2009年の3から3減で0と惨敗し、無所属のNessa Childers氏1人がアイルランドからの同グループ所属となっている。

(5)緑の党(The Green Party)
 ダブリン2のSuffolk Streetにある、いわゆる環境政党である。党首は、エイモン・ライアン元通信エネルギー資源相(Dublin Bay South選挙区)である。
 2007-11年に共和党・進歩民主党(Progressive Democrats、2009年解党)と連立政権を組んだことがあり、通信エネルギー資源相及び環境遺産地方政府相のポストを占めた。
 他方、EUにおいては、欧州緑グループ・欧州自由連盟(Greens-EFA)を、他の緑の党と共に構成している。Greens-EFAは選挙後の再編も含めて2009年の57から2014年には51議席へと減らした。アイルランドの政党の中では2014年の欧州議会議員選挙の得票率は5位で、引き続き0議席のままである。

(6)その他
 2014年の欧州議会議員選挙での得票率6位以下の政党等に所属等する下院議員(カッコ内)及びその選挙区は以下のとおりである。
① Solidarity – People Before Profit
 AAA系3議席
◦ Cork North-Central(Mick Barry元コーク市議会議員/定数4)
◦ Dublin West(Ruth Coppinger元フィンガル州議会議員/定数4)
◦ Dublin South-West(Paul Murphy元Socialist Party欧州議会議員/定数5)
及び
 PBP系3議席
◦ Dún Laoghaire(Richard Boyd Barrett元Dún Laoghaire州議会議員/定数3)
◦ Dublin Mid-West(Gino Kenny元South Dublin州議会議員/定数4)
◦ Dublin South-Central(Bríd Smith元ダブリン市議会議員/定数4)
の合計6(うちダブリン圏内に5)議席を有している。
 この‘left of Labour’(労働者左派)政治グループは、Socialist Workers Party(SWP)及びSocialist Party(SP)と共に、Anti-Austerity Alliance(AAA)とPeople Before Profit(PBP) allianceにより形成され、正式に政党登録されている。
 尤も、2011年には5議席を獲得したUnited Left Alliance(ULA)でも、イデオロギーの近いSPとSWPは主な勢力であった。他方、両者は歴史的なライバルであり緊張関係があった上、前者はsectarianism、後者はconservatismという体質の違いもある。

② Independents 4 Change
◦ Wexford (Mick Wallace党首〔元建設会社職員〕/定数5)
◦ Dublin South-Central(Joan Collins元ULA下院議員/定数4)
◦ Dublin Fingal (Clare Daly元ULA・元Fingal州議会議員/定数5)
に合計3(うちダブリン圏内に2)議席を有している。

③ Social Democrats
◦ Dublin North-West(Róisín Shortall党首・元労働党下院議員・元保健省副大臣/定数3)
◦ Kildare North(Catherine Murphy元Kildare州議会議員/定数4)
に合計2議席を有しているとされている。

④ Workers & Unemployed Action
◦ Tipperary(Seamus Healy下院議員/定数5)
に1議席を有している。

⑤ 無所属Independent
◦ Donegal(Thomas Pringle元シンフェイン党ドニゴール州議会議員/定数5)
◦ Longford-Westmeath(Kevin Boxer Moran元共和党ウェストミーズ州議会議員/定数4)
◦ Dublin Bay North(Tommy Broughan元労働党下院議員;Finian McGrath障碍対策閣外大臣・元ダブリン市議会議員/定数5)
◦ Dublin Central(Maureen O’Sullivan下院議員/定数3)
◦ Dublin South-West(Katherine Zappone子供若者相/定数5)
◦ Dublin Rathdown(Shane Peter Nathaniel Ross元上院議員/定数3)
◦ Galway East(Seán Canney元ゴールウェイ州議会議員/定数3)
◦ Galway West(Noel Grealish元ゴールウェイ州議会議員;Catherine Connolly元ゴールウェイ市議会議員/定数5)
◦ Roscommon-Galway(Denis Naughten通信気候変動環境相・元統一アイルランド党上院議員;Michael Fitzmaurice元ゴールウェイ州議会議員/定数3)
◦ Clare(Michael Harty下院議員/定数4)
◦ Tipperary(Michael Lowry元交通エネルギー通信相;Mattie McGrath元サウスティペラリー州議会議員/定数5)
◦ Waterford(John Halligan教育技能省訓練技能イノベーション研究開発担当閣外大臣/定数4)
◦ Cork South-West(Michael Collins下院議員/定数3)
◦ Kerry(Danny Healy-Rae下院議員;Michael Healy-Rae下院議員/定数5。両者は兄弟である。)
に合計19議席ある。

⑤ 国会に議席を持たないが地方議会に議席を持つ政党としては、Workers’ Party of Ireland (1905年に創立されたシンフェイン党をルーツとする政党)、などがある。

当ウェブサイトにおける今般の一部抜粋はひとまずここまでとする予定です。

Ireland アイルランド Vol.12(電子書籍「アイルランドの政治・行政・企業・地方・大学」一部抜粋 Vol.3)

《続き》
第一章 政治機関
2.政党
(2)共和党(Fianna Fáil)
 英語では Soldiers of Destiny 即ち 運命の兵士達 という意味であるが、副題のRepublican Partyから日本語では共和党と訳されている。ダブリン2のLower Mount Streetにある。党首は、ミホール・マーティン下院議員(元外相;Cork South-Central選挙区)である。
 2011年に政権を失うまで、エイモン・デヴァレラ(1932-48、51-54、57-59年)、ショーン・リーマス(59-66年)、ジャック・リンチ(66-73、77-79年)、チャールズ・ホーフィー(79-81、82、87-92年)、アルバート・レイノルズ(92-94年)、バーティー・アハーン(97-2008年)、ブライアン・カウエン(08-11年)各氏が首相を務め、1932年からの85年間に合計約60年もの間、政権を担ってきた。
*  2018年9月時点
◦ Cork South-Central(Michael McGrath影の財務相;Micheál Martin党首・元外相/定数4)
◦ Cork North-Central(Billy Kelleher影の保健相・元貿易商務担当閣外大臣/定数4)
◦ Cork North-West(Michael Moynihan野党院内幹事(Chief Whip)/定数3)
◦ Galway West(Éamon Ó Cuív影の地域開発農村地域ゲール語地域相・元防衛相/定数5)
◦ Mayo(Dara Calleary影の公共改革歳出相・元労働問題担当閣外大臣/定数4)
◦ Limerick County(Niall Collins影のビジネス企業イノベーション相/定数3)
◦ Limerick City(Willie O’Dea影の社会的保護相/定数4)
◦ Carlow-Kilkenny(John McGuinness財務公共歳出改革首相委員会委員長・影の小ビジネス規制枠組相・元貿易商務担当閣外大臣/定数5)
◦ Laois(Seán Fleming公共会計委員会委員長/定数3)
◦ Kildare South(Seán Ó Fearghaíl下院議長/定数3)
◦ Longford-Westmeath(Robert Troy 影の交通観光スポーツ相/定数4)
◦ Cavan-Monaghan(Brendan Smith外務貿易共同委員会委員長・元農業水産業食料相)/定数5)
◦ Donegal(Charlie McConalogue影の農業食料海洋相;Pat “the Cope” Gallagher下院副議長・元健康増進食品安全担当閣外大臣・元欧州議会議員/定数5)
 EUにおいては、新自由主義経済・中道主義を標榜して創られた親EUの欧州自由民主同盟(ALDE)の構成員である。2014年の欧州議会選挙では3議席を維持したが、各国のALDE構成政党は退潮しALDEは84議席から70議席へと減らし、第3グループから第4グループへと後退した。

(3)シンフェイン党(Sinn Féin)
 英語では We Ourselves(或いは Ourselves Alone)即ち 私達自身(のみ)という意味である。Arthur Griffithが創ったCumann na nGaedhael(ゲール語。英語ではTribe of the Gaels ゲール民族。)とBulmer Hobsonが創った Dungannon Clubs の両グループが合併して・・・1905年に最初のSinn Féinができた。1922年に英愛条約賛成・反対の内戦により党が割れ、共和党と統一アイルランド党が分派して各々結党された。
 ジェリー・アダムズ議員(Louth選挙区)が1983年から2018年2月まで党首として党を率い、メアリー・ルー・マクドナルド議員(Dublin Central選挙区)がその後引き継いでいる。ダブリン1のParnell Squareにある。
* 
◦ Louth(Gerry Adams党首;Imelda Munster下院議員/定数5)
◦ Cavan–Monaghan(Caoimhghín Ó Caoláin元同党下院議員団長/定数4)
◦ Kerry North-West Limerick(Martin Ferris下院議員/定数5)
◦ Cork North-Central(Jonathan O’Brien下院議員/定数4)
◦ Dublin South-Central(Aengus Ó Snodaigh下院議員/定数4)
◦ Dublin North-West(Dessie Ellis下院議員/定数3)
◦ Dublin Central(Mary Lou McDonald下院議員/定数3)
 EUにおいては、NATO の廃止とロシアも加盟しているOSCEの強化を謳う欧州統一左派・北方緑の左派同盟(GUE/NGL)を、ギリシャ与党のSYRIZAなどの社会主義・共産主義政党と共に構成している。2010年の欧州債務危機により財政規律への反感や改革疲れが広がり、GUE/NGL は2009年の35から2014年には52議席へと増やし、シンフェイン党もアイルランドで2009年の0から2014年には4議席へと増やした。

Ireland アイルランド Vol.11(電子書籍「アイルランドの政治・行政・企業・地方・大学」一部抜粋 Vol.2)

《続き》
第一章 政治機関
1.国民議会
(3)下院
 下院も英国庶民院(British House of Commons)をモデルとして創られている。2016年3月からの第32回議会下院議長(Ceann Comhairle)は、ショーン・オフィアゲイルSeán Ó Fearghaíl下院議員(共和党、Kildare South選挙区/定数3)である。 定数158を有権者の投票で選出する。各市(county)・州(county)を跨ぐものも含めて、40選挙区は、下記*のとおり。
* Carlow–Kilkenny(5)、Cavan–Monaghan(4)、Clare(4)、 Cork East(4)、 Cork North-Central(4)、Cork North-West(3)、 Cork South-Central(4)、Cork South-West(3)、 Donegal(5)、Dublin Bay North(5)、Dublin Bay South(4)、Dublin Central(3)、Dublin Fingal(5)、Dublin Mid-West(4)、Dublin North-West(3)、Dublin Rathdown(3)、Dublin South-Central(4)、Dublin South-West(5)、Dublin West(4)、Dún Laoghaire(4)、Galway East(3)、Galway West(5)、Kerry(5)、Kildare North(4)、Kildare South(3)、Laois(3)、Limerick City(4)、Limerick County(3)、Longford–Westmeath(4)、Louth(5)、Mayo(4)、Meath East(3)、Meath West(3)、Offaly(3)、Roscommon–Galway(3)、Sligo–Leitrim(4)、Tipperary(5)、Waterford(4)、Wexford(5)、Wicklow(5)
 憲法28条のとおり下院が首相を選出し、憲法13条のとおり大統領が首相を任命する。憲法13条・16条・28条のとおり、議会により不信任となれば首相は辞任又は下院解散をする。選挙は5年以内に行うこととされており、また、憲法13条のとおり首相は大統領に解散を求めることができる。憲法15条のとおり、解散後30日以内に選挙が行われる。前回から4年しか経っていなかった2011年の選挙は、解散によるものであり、野党であった統一アイルランド党が勝利した。
 また、憲法28条のとおり議院内閣制であり、閣僚は首相により指名され、議会により承認された後、憲法13条のとおり大統領により任命される。内閣は7人以上15人以下により構成されねばならず、首相・副首相・財務相は下院議員でなければならず、上院議員は2人以下で他は全員下院議員である。

2.政党
 思想面のざっくりとした印象としては、右から、統一アイルランド党/共和党/シンフェイン党/労働党 である。
 なお、選挙が日本人には馴染みのない単記移譲式投票(STV。以下、本書において選挙区 □ 位と記しているのは全て、あくまで地盤の目安として2016年下院選挙での第一選好得票。)で行われている。選挙区毎の人口は少なく、一票で複数候補者を順位付きで挙げる投票がされている。

(1)統一アイルランド党(Fine Gael)
 英語では、 Family/Tribe of the Irish 即ちアイルランド人の家族/部族 という意味である。党本部がダブリン2のUpper Mount Streetにある。
 警察内部告発者スキャンダル等を受けてエンダ・ケニー前首相が退陣し、2017年5月にレオ・ヴァラッカー前社会的保護相が党首そして首相に選出された。
 2011年以降現在まで政権与党であり、02年から党首を務めていたケニー議員が政権を率いていた。11-16年は労働党との連立政権であった。16年には下院の議席を79から49へと大きく減らした 選挙結果を踏まえて共和党とも協議の上で、単独少数政権に無所属が協力する形になっている。
 2011年は14年ぶりの政権交代であり、以前には1933年の結党以来、ジョン・ブルトン(94-97年)、ギャレット・フィッツジェラルド(81-82、82-87年)、リアム・コスグレイヴ(73-77年)、ジョン・コステロ(48-51、54-57年)各氏が同党から首相となっている。
 独立戦争(Irish War of Independence;1919-21年)よりも酷いとされる内戦(Irish Civil War;22-23年)で対峙した英愛条約(Anglo-Irish Treaty;21年)反対派の系譜である共和党とは、政策もかけ離れている訳ではないところ、連立政権が珍しくない政治史において一度も連立政権を組んでいない。
* 2018年9月時点
◦ Dublin West(Leo Varadkar首相/定数4)
◦ Dublin South Central(Catherine Byrne保健省閣外大臣/定数4)
◦ Dublin Bay North(Richard Bruton教育技能相/定数5)
◦ Dublin Bay South(Eoghan Murphy住宅計画地方政府相/定数4)
◦ Dún Laoghaire(Mary Mitchell-O’Connor教育技能省閣外大臣/定数3)
◦ Mayo(Enda Kenny前首相;Michael Ring農村コミュニティ振興相/定数4)
◦ Limerick City(Michael Noonan前財務相(次期選挙にて引退予定)/定数4)
◦ Limerick County(Patrick O’Donovan財務省・公共歳出改革省閣外大臣;Tom Neville元州議会議員/定数3)
◦ Laois(Charlie Flanagan司法公平相/定数3)
◦ Clare(Pat Breen企業イノベーション省・雇用社会的保護省・首相府・司法公平省閣外大臣;Joe Carey元州議会議員/定数4)
◦ Kildare North(Bernard Durkan下院議員/定数4)
◦ Kildare South(Martin Heydon同党下院議員団長/定数3)
◦ Wexford(Michael D’Arcy財務省・公共歳出改革省閣外大臣;Paul Kehoe首相府・防衛省閣外大臣/定数5)
◦ Cork North West(Michael Creed農業食料海洋相/定数3)
◦ Cork North Central(Dara Murphy前首相府・外務貿易省・司法公平省閣外大臣/定数4)
◦ Cork South Central(Simon Coveney外務貿易相/定数4)
◦ Cork East(David Stanton司法公平省閣外大臣/定数4)
◦ Wicklow(Simon Harris保健相;Andrew Doyle農業食料海洋省閣外大臣/定数5)
◦ Meath West(Damien English住宅計画地方政府省閣外大臣/定数3)
◦ Donegal(Joe McHugh政府与党院内幹事/定数5)
◦ Sligo-Leitrim(Tony McLoughlin元州議会議員/定数4)
◦ Cavan-Monaghan(Heather Humphreys文化遺産ゲール語地域相/定数4)
◦ Galway West-South Mayo(Seán Kyne農村コミュニティ省・通信気候対応環境省閣外大臣/定数5)
 他方、EUにおいてキリスト教民主主義を標榜して創られた欧州人民党(European People’s Party)を、ドイツのキリスト教民主同盟(Christian Democratic Union of Germany)、スペインの国民党(People’s Party)、オーストリアの国民党(Austrian People’s Party)などの与党、フランスの共和党(Les Républicains)、イタリアのフォルツァ・イタリア(Forza Italia)などの元与党、と共に構成し、最大グループとなっている。
 欧州議会ではアイルランドには、2009年は12議席、2014年は11議席が与えられている。選挙区は、2009年にはダブリン(定数3)/北部西部(定数3)/東部(定数3)/南部(定数3)と全土を四分割されていたが、定数が11になったのに伴い、2014年にはダブリン選挙区(定数3)/中部北部西部選挙区(定数4;Midlands – North West)/南部選挙区(定数4)と全土三分割とされている。統一アイルランド党は、2014年、定数11議席のうち引き続き4議席を獲得した。

Ireland アイルランド Vol.10(電子書籍「アイルランドの政治・行政・企業・地方・大学」一部抜粋 Vol.1)

 当ウェブサイトにも掲載している私の電子書籍「アイルランドの政治・行政・企業・地方・大学: 英文脚注15000以上-アイルランド・米国・英国・欧州・日本企業情報を含む」(Kindle版;2018年9月出版)の「政治」部分の一部抜粋を、アイルランドの次回総選挙までに当サイトにおいて無料でご紹介しよう、とイギリスの総選挙が終わって二週間ほど経った昨年末に考えておりました。重労働であったことから電子書籍価格自体は安価ではない一方、この書籍内の日本語情報全般が世の中にほぼ無いと考えられるためです。
 しかし、その時点では首相はすぐに下院を解散して総選挙をしようとは考えていないと総合的に理解でき、また、それが妥当な判断であろうというのが私見でもありましたので、今年もう少し後でやろうと考えておりました。ところが、今月中旬、首相は解散に踏み切り、来月8日投票となりました。(※1.)
 アイルランドは大国ではありませんがEU加盟国でイギリス以外の唯一の英語日常言語国家であり、また、イギリスのブレグジット断行、EU域内の企業の動向などを観察する上でも、我が国が現実に実施している日EUEPAを含む対EUや対加盟各国、そして今後の対イギリスの各種の付き合いなどを思考する上でも、アイルランドの総選挙の情勢や結果は、関係の深くない一般の読者の方々も少し把握しておくべきです。その際には、私の今般の一部抜粋等が少しお役に立てそうです。
 念のためですが、この電子書籍自体が、客観的・中立的・非政治的なものになるよう心掛けて創ったものですので、外国の総選挙結果に影響を与えようという意思その他はそもそも毛頭無く、そういう効果が無いとも考えております。また、15000以上の英文脚注のうち、「行政機関」部分は6900程度、「民間企業」部分は6400程度である一方、「政治」部分は500程度であることが示すとおり、同部分の電子書籍全体におけるウェイトは概ね30分の1程度です。それを何回かに分けて当サイトその他において一部抜粋等という形でご紹介いたします。
 なお、アイルランドは議院内閣制であるため、総選挙後には閣僚の一部は交代する等はあるでしょう。しかしながら、行政全体の枠組みや内容・手法、そして民間企業の動向がすぐに激変する、とは基本的には考え難いです。また、「政治」部分でも、投票方法、政党、選挙区情勢などがすぐに激変することも考え難いです。この電子書籍の出版時に書きましたとおり、概ね10年程度以上は活用して頂けるのではないかという考えも、今のところ変わっておりません。
 また、書籍内にある脚注については、この一部抜粋等においては全て省略しておりますが、それは厳密に言えば(他所で書いた)「英語リサーチに関連するレポート等に係る私見」に沿いません。しかしながら、我が国の現状とかけ離れた“べき論”をいきなり強く主張し続けても現実的効果が出るはずも無く、無償である今般は一国民として現実的な対応とさせて頂きたく存じます。
 更に、これは若干細かいと言えば細かいですが、首相の姓は何度聴いても「ヴァラドゥカー」と聞こえますが、インターネット上では「バラッカー」という表記が最も多く、次いで「ヴァラッカー」となっていたため、全て「ヴァラドゥカー」を「ヴァラッカー」と修正した上で出版しました。皆様はどのように聞かれますでしょうか。一般論ですが、世間標準の片仮名表記は今後変更される可能性があろうかと存じます。
 以上、取り急ぎ自分の考えを書きました。
                               中港 拓

 では、標記の本日分、一部抜粋Vol.1をご覧ください。
(英語ではないローマ字の言語は、ゲール語(※2.)です。※1.、2.とも、本投稿一番下をご覧ください。)

第一章 政治機関
1.国民議会(Oireachtas)
 アイルランド共和国憲法 に基づき、議会は、大統領、上院、下院からなる。また、上院(Seanad Éireann;定数60)より下院(Dáil Éireann;定数158)が優位にある。両院ともダブリン2のKildare Streetにあり、ラインスター・ハウス(Leinster House)と呼ばれている。

(1)大統領(Uachtarán na hÉireann)
 大統領府(Áras an Uachtaráin)は、ダブリン8のPhoenix Parkにある。
 アイルランド共和国憲法12条により、共和制の下で国家元首(head of state)として国事行為・儀礼を司る大統領が置かれ、国民による直接選挙で選ばれる。
 1期7年で2期14年まで可能であり、第6代(1976-90年;パトリック・ヒラーリー;共和党)、第3代(59-73年;エイモン・デヴァレラ;共和党)、第2代(45-59年;ショーン・オケリー;共和党)は2期14年務めている。これまで、無所属、共和党、労働党から、大統領が出ている。
 現職は、2011年10月当選・同年11月就任のマイケル・ヒギンズ氏(労働党)であり、第9代である。
 
(2)上院
 上院は英国貴族院(British House of Lords)をモデルとして創られている。上院トップである上院議長(Cathaoirleach)は、2016年6月からデニス・オドノヴァン上院議員(共和党)である。
 憲法18条により、下院解散から90日以内に上院改選を行うこととされている。定数60のうち、11人が首相(Taoiseach)から任命され、3人がTCD卒業生によりまた3人がNUI Galway卒業生により選出され、43人が下院議員や引退する上院議員や州議会議員・市議会議員が構成する文化・教育/農業/労働/産業・商業/公共経営のパネルにより選出される。
 憲法23条のとおり、下院で可決され送られた予算関連以外の法案に90日以内に同意する権限が与えられており、上院が同意しない場合は更に180日後に下院は上院が同意したものと看做されるという意味で、上院には法案成立を遅らせる権限があると言える。予算関連法案については、憲法21条のとおり、21日以内に上院は推薦案と共に下院に戻すものとされ、その推薦案を受け入れない又は法案自体が戻って来ない場合、下院はその21日が経った時点で法案が両院で可決されたと看做される。
 2016年4月の上院選挙を経て、第25回上院は、
◦ 統一アイルランド党(Fine Gael)19議席
◦ 無所属(Independent)14議席
◦ 緑の党(Green Party)1議席
◦ 共和党(Fianna Fáil)14議席
◦ シンフェイン党(Sinn Féin)7議席
◦ 労働党(Labour Party)5議席
となっている。
 首相任命11人中、統一アイルランド党6人/無所属5人(うち3人は統一アイルランド党と共和党の合意による)となっている。TCD選出3人は無所属2人/労働党1人、NUI Galway選出3人は全員無所属である。パネル選出43人については、
◦ 文化・教育パネル5人(統一アイルランド党2/共和党2/シンフェイン党1)
◦ 農業パネル11人(統一アイルランド党3/無所属1/緑の党1/共和党3/シンフェイン党2/労働党1)
◦ 労働パネル11人(統一アイルランド党3/無所属1/共和党4/シンフェイン党2/労働党1)
◦ 産業・商業パネル9人(統一アイルランド党3/無所属1/共和党3/シンフェイン党1/労働党1)
◦ 公共経営パネル7人(統一アイルランド党2/無所属1/共和党2/シンフェイン党1/労働党1)
となっている。

※1. 昨年何度か見ていたものとは異なりますが、今月インターネット上で発見できたものの一例。
https://www.irishexaminer.com/breakingnews/ireland/taoiseach-eyeing-up-may-2020-general-election-date-950360.html
https://www.joe.ie/news/ireland-hold-general-election-early-2020-651483
※2. 第一公用語。ただ、事実上は、第二公用語である英語が日常言語。

Germany ドイツ Vol.3(corporations, etc. 民間企業など)

(All the below links and tweets other than the below tweets in Japanese are in English.)

少し時間が経ちましたが、標記につき以下貼っておきます。

Germany Vol.16 (Pharmaceutical, Agricultural, Personal Care, Medical – Bayer, Merck, Nivea, Schwarzkopf, Fresenius)
Germany Vol.15 (Gas, Engineering – Linde, etc.)
Germany Vol.14 (Engineering – ThyssenKrupp)
Germany Vol.13 (Chemical – BASF)
Germany Vol.12 (Conglomerate / Manufacturing – Bosch)
Germany Vol.11 (Conglomerate / Manufacturing – Siemens)
Germany Vol.10 (Software – SAP)
Germany Vol.9 (Finance)
Germany Vol.8 (Finance)
Germany Vol.7 (Finance)

Germany 外交関係など
https://twitter.com/WSjp_insight/status/1154245381997260800

cf.
European Union Vol.6 (2019 European Parliament elections Vol.6: DE, AT, etc.)
European Union Vol.8 (Commission, Council, Parliament)


https://twitter.com/JPN_PMO/status/1093418763838341120
https://twitter.com/JPN_PMO/status/1092649287685529600


https://twitter.com/JPN_PMO/status/1053143934308741120


https://twitter.com/ijazawan56/status/1150570791169396738


https://twitter.com/en_germany/status/1146267325252997123

https://twitter.com/Lufthansa_JP/status/1151325912559968257
https://twitter.com/Lufthansa_JP/status/1148426812273414147
https://twitter.com/GermanyinJapan/status/1153208313108037632


https://twitter.com/GermanyinJapan/status/1146239318639333376


https://twitter.com/GermanyinJapan/status/1144761649221386242


https://twitter.com/GermanyinJapan/status/1144396747889872896


https://twitter.com/GermanyinJapan/status/1142220716722544640


https://twitter.com/arukikata_book/status/1151699158484447233


https://twitter.com/realdoitsu/status/1138931915485065217
https://twitter.com/harubobo_nikki/status/1135011148586033152
https://twitter.com/tabimarusho/status/1134596021399375873

Australia オーストラリア Vol.6(states, economy, politics, etc. 各州, 経済, 政治 など)

All the below links are in English.

標記につき取り急ぎ貼っておきます。なお、worldsolutions.work の各ポストは、日付が若干新しくありませんが、内容は最近、大幅に拡充等したものです。

Australia
https://twitter.com/WSjp_insight/status/1111191362509037568

Australia Vol.8 (New South Wales) ニューサウスウェールズ州
Australia Vol.13 (Victoria) ビクトリア州
Australia Vol.12 (Queensland) クイーンズランド州
Australia Vol.10 (South Australia) サウスオーストラリア州
Australia Vol.9 (Western Australia) ウェスタンオーストラリア州
Australia Vol.11 (Tasmania) タスマニア州
Australia Vol.6 (Northern Territory) ノーザンテリトリー(北部特別地域)
Australia Vol.2 (Australian Capital Territory) オーストラリア首都特別地域

Australia Vol.5 (Economy) 経済
Australia Vol.1 (Politics) 政治
Australia Vol.15 / Trans-Pacific Partnership #TPP Vol.2 TPP
Australia Vol.16 / Meat Vol.2 
Australia Vol.7 (Climate change) 気候変動
Australia Vol.14 / Antarctic Vol.2 南極

各州名及びJapanなどを入れて検索して出てきたツイートです。政府に関連するという立場でない弊社としては、現時点で日本の命運を左右する話題ではなく経済動向と不可分である国際情勢等の空気も見えるもの を敢えて外さないことがあってもむしろ良いのではないかと考え、今回は一部その類のものを含めています。
The below tweets are found if you enter such words as states’ names and Japan, etc. As far as our LLC, which is not related to the Government of Japan, has considered, this time it would be rather better to dare not to take off the information which does not affect the fate of Japan as of May 15, and which shows the atmosphere of international affairs inseparably linked to economy.


https://twitter.com/solarcitizens/status/1111147038702333952


https://twitter.com/dfat/status/858205993640927232


https://twitter.com/AusAmbCyber/status/1107747754426589184

U.K. イギリス Vol.20(ウェールズ Wales)

Wales LocalAuthorityDistricts
加工元地図及び加工後のこの地図に England の Herefordshire が入ってしまっていますが、当然間違いです。公開及びツイートの後で気付きました。
While the original white map and this retouched one of Wales include Herefordshire of England, it is a matter of course that it is wrong. I found this mistake after I published this post and related tweet.

取り急ぎ、以下貼っておきます。

UK Vol.134 (Wales Vol.8 – Merthyr Tydfil, Caerphilly, Blaenau Gwent, Torfaen, Newport, Monmouthshire)

UK Vol.133 (Wales Vol.7 – Swansea, Neath Port Talbot, Bridgend, Rhondda Cynon Taf, Vale of Glamorgan, Cardiff)

UK Vol.97 (Wales Vol.5 – Pembrokeshire, Carmarthenshire)

UK Vol.83 (Wales Vol.4 – Powys, Ceredigion)

UK Vol.78 (Wales Vol.3 – Isle of Anglesey, Conwy, Gwynedd)

UK Vol.74 (Wales Vol.2 – Flintshire, Wrexham, Denbighshire)

UK Vol.107 (Wales Vol.6)
UK Vol.4 (Wales Vol.1)

「ウェールズ」でツイッター検索すると出て来るものの一部を、以下貼っておきます。
https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1113278725393485824
https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1113004445313318913


https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1107567756898033664
https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1100599687843729409
https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1098881509031727104
https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1068437391298326529


https://twitter.com/rugbyfoot/status/1115831019721064449


https://twitter.com/rugbyfoot/status/1082921676864667648


https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1102335609035726848
https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1091918381526249493


https://twitter.com/UKinJapan/status/1110058733021859840
https://twitter.com/UKinJapan/status/1101392778376802304


https://twitter.com/UKinJapan/status/1097443185012416512
https://twitter.com/britculturejp/status/1109317953902698499


https://twitter.com/k_h3021/status/1094967231539081216

U.K. イギリス Vol.19(スコットランド Scotland)

UK Scotland1 LocalAuthorityDistricts1

取り急ぎ以下貼っておきます。
Subdivisions in Eurostat NUTS 地方
Eastern = Angus and Dundee; Clackmannanshire and Fife; East Lothian and Midlothian; Scottish Borders; Edinburgh; Falkirk; Perth and Kinross, and Stirling; West Lothian
South Western = East Dunbartonshire, West Dunbartonshire, and Helensburgh and Lomond; Dumfries and Galloway; East and North Ayrshire mainland; Glasgow; Inverclyde, East Renfrewshire, and Renfrewshire; North Lanarkshire; South Ayrshire; South Lanarkshire
North Eastern = Aberdeen and Aberdeenshire
Highlands and Islands = Caithness and Sutherland, and Ross and Cromarty; Inverness, Nairn, Moray, and Badenoch and Strathspey; Lochaber, Skye and Lochalsh, Arran and Cumbrae, and Argyll and Bute (except Helensburgh and Lomond); Eilean Siar (Western Isles); Orkney Islands; Shetland Islands

UK Vol.98 (Scotland Vol.22 – North Eastern)

UK Vol.85 (Scotland Vol.21 – Eastern Vol.3)
UK Vol.80 (Scotland Vol.20 – Eastern Vol.2)
UK Vol.76 (Scotland Vol.19 – Eastern Vol.1)

UK Vol.72 (Scotland Vol.18 – South Western Vol.2)
UK Vol.70 (Scotland Vol.17 – South Western Vol.1)

UK Vol.10 (Scotland Vol.1 – Highlands)

Council areas 一部個別地域
UK Vol.23 (Scotland Vol.14 – Dumfries & Galloway economy)
UK Vol.22 (Scotland Vol.13 – Renfrewshire economy)
UK Vol.21 (Scotland Vol.12 – Orkney Islands economy)
UK Vol.20 (Scotland Vol.11 – Shetland Islands economy)
UK Vol.19 (Scotland Vol.10 – Glasgow economy)
UK Vol.18 (Scotland Vol.9 – East Dunbartonshire economy)
UK Vol.17 (Scotland Vol.8 – Clackmannanshire economy)
UK Vol.16 (Scotland Vol.7 – West Lothian economy)
UK Vol.15 (Scotland Vol.6 – Angus economy)
UK Vol.14 (Scotland Vol.5 – Kincardineshire economy)
UK Vol.13 (Scotland Vol.4 – Aberdeenshire economy)
UK Vol.12 (Scotland Vol.3 – Invernessshire economy)
UK Vol.11 (Scotland Vol.2 – Ross & Cromarty economy)

「スコットランド」でツイッター検索すると出て来るものの一部を、以下貼っておきます。