Crisis Management 危機管理 Vol.2

(The below link is in English.)

危機管理は、国家的緊急事態については平時の防災と事態発生後72時間以降の復旧対応の間の事態発生後72時間以内の対処であり、また、国家的緊急事態以外でも事態発生後早い段階での対処を意味します。したがって防災は標題の危機管理には直接は当たりませんが、防災・復旧は危機管理と一体的に平時より十分に準備しておく必要があることから、随時ここで触れていくこととなります。

今日は、ニュージーランドのクライストチャーチ市経済インフラ状況レポートの最新版 Latest Christchurch Economic Infrastructure Situation Report online (see PDF) | @CDCChristchurch @ChristchurchCC @SCIRT_info (#Chch #CDEM #lgnz #ECan #CHC_Airport #ChorusNZ #ufbnz #OrionNZ…) をごく簡単にご紹介します。2011年カンタベリー地震等による被害からの復旧等が記載されており、PDFの総論 General context(p9-21)、水 Water(p23,30,32,34-39)、交通 Transport(p48-50,52-66)、通信 Communications(p72-76,78-79)、エネルギー Energy(p84,87-89,91-94)に本Christchurch市の、その他のページに広域周辺地域及び国の、現状や政策等が記されています。以下、PDF内の図表をいくつか貼っておきます。

CDEM
Game Changers

Water Supply Damage
Wastewater Damage

NZ Transport Networks
Road Damage
Roads Significance
Expenditure
Rail Traffic
Lyttleton Port

Enable Networks
Tasman Global

Energy
Pet Storage

Authorities
Rebuild
Zones
Implementing
Distribution

Ireland アイルランド Vol.4

アイルランド中央銀行の2016年第1四半期レポート Quarterly Financial Accounts Q1 2016 (18 August 2016): Irish households become the fourth most indebted in Europe | @centralbank_ie 概要・抜粋(abstract/excerpts) です。

[概要abstract]
1. Irish households fell from being the third most indebted in the European Union to the fourth most indebted during Q1 2016. This was largely due to the continued reduction in Irish household debt, as well as, further increases in Irish disposable income.
(アイルランド国民の家計は、2016年第1四半期には、EU加盟国中借金が多い3番目から4番目へとなった。可処分所得が一層増えたことと、家計負債が引き続き減ったことが大きい。)
2.Household debt as a proportion of disposable income now stands at 149.4 per cent. That is its lowest level since end-2004.
(可処分所得に対する家計負債は、今、149.4%である。2004年末以来の最低レベルである。)
3. Households net worth increased by 0.3 per cent to reach €628.7bn, or €132,141 per capita. The increase in net worth was largely driven by a rise in housing asset values (€1.7bn), as well as a further decline in household liabilities (€0.9bn).
(家計の純資産は、0.3%増の6287億ユーロ、国民一人あたり132141ユーロに達した。家計負債の更なる9億ドルの減少と、住宅財産価値の17億ドルの上昇による。)
4. NFC debt to GDP declined by 9.8 percentage point over the quarter, falling to €257.3bn. Irish NFC debt has been extremely volatile in recent quarters due to the impact of domiciled MNCs on debt and GDP.
(non-financial corporations 非金融法人の総負債は第1四半期に2573億ユーロとなり、対GDP比率は9.8%減った。アイルランド国内に本社を置く multinational corporations 多国籍企業が総負債やGDPへの影響を持つため、最近のいくつかの四半期において非金融法人の総負債は極端に揺れ動いている。)
Household Debt Cross Country Comparison

[補足・抜粋excerpts]
1. Net Lending/Borrowing of All Sectors (Chart 1.1 関連)
The domestic economy continued to be a net lender to the rest of the world during Q1 2016, as the net borrowing of government and financial corporations was exceeded by deleveraging by households and non-financial corporations…

Net LendingBorrowing Private Sector Debt to GDP

2. Private Sector Debt (Chart 2.1 関連)
… CSO revisions to the National Accounts and International Investment Position… redomiciling of some corporations and corporate restructuring… contributed to significant increases in GDP and NFC debt from 2014 onwards. Private sector debt as a percentage of GDP peaked in Q1 2015 at 400.7 per cent, and has since declined substantially to 315.2 per cent in Q1 2016. … primarily by growth in annualised GDP over the period, but is also reflective of falling private sector debt, which has contracted by 3.7 per cent since Q1 2015. …

3. Household Sector
Household Net Worth Debt Indicators

Chart 3.1 関連
… This was partially offset by a decline in households’ holdings of financial assets (€0.5bm). Compared to a post-crisis low of €454.1bn in Q2 2012, household net worth has risen by 38.5 per cent. However, it is still 12.4 per cent lower than its pre-crisis peak of €718bn in Q2 2007.

Chart 3.2 関連
Household debt continued to decrease during Q1 2016, falling by €1.1bn, or 0.7 per cent, to €148.5bn. This represented a household debt per capita of €31,216. Household debt is at its lowest level since Q1 2006. …

Chart 3.3 関連
Indicators of household debt sustainability continued to improve during Q1 2016. Debt as a proportion of disposable income fell over the quarter, from 152.7 per cent to 149.4 per cent, reflecting both the decline in household debt, as well as strong growth in annualised disposable income. …

Comparison Transactions in Financial Assets Deposit Transactions with MFIsGovernment

Chart 3.4 関連
… Over the year Danish household debt fell significantly more than any other country examined, declining by 23.2 percentage points. In contrast to this, Swedish households saw a 4 percentage point increase over the same period as they climbed to become the third most indebted in the European Union, with a household debt level of 153.5 per cent of disposable income.

Chart 3.5 関連
… The reduction in financial assets over the quarter largely reflected a fall in transactions of insurance technical reserves. … The majority of households’ financial investments over the quarter were in the form of currency & deposits, while shares & other equity experienced positive transactions for the first time since Q4 2013.

Chart 3.6 関連
… This marked the first time since Q4 2013 that household deposit transactions with MFIs (monetary financial institutions) had declined. In contrast, households increased lodgements with government deposit accounts for the first time since Q1 2013.

Chart 3.7 関連
… Over recent quarters net lending has become increasingly driven by higher investment in financial assets, as opposed to deleveraging.

Household Net LendingBorrowing NFC Debt

4. Non-Financial Corporation Sector
Irish NFCs are significantly impacted by the activities of large MNCs. These latest NFC results incorporate the recent annual revisions to the CSO’s International Investment Position (IIP). The revisions include large MNCs which redomiciled to Ireland or moved significant parts of their balance sheets to Ireland during 2014 and 2015. These entities also contributed towards some of the very substantial increase in Irish GDP for 2015.

Chart 4.1 関連
… The decline in debt over the past year largely reflected exchange rate movements. Debt as a percentage of GDP fell from 327.5 per cent in Q1 2015 to 257.3 per cent in Q1 2016. This reflected both falling NFC debt, as well as, substantial GDP growth during 2015.

NFC Debt Comparison Loans AssetsLiabilities

Chart 4.2 関連
… Luxembourg, which also has a lot of large MNCs relative to the size of its economy, had the highest debt at 349 per cent of GDP. … how volatile Irish NFC debt to GDP has been in recent years compared to other euro area countries.

Chart 4.3 関連
… The substantial increase in debt held by non-residents reflects this corporate activity and explains why exchange rate movements have had a significant impact on NFC debt in some quarters. …debt held by Irish residents has been on a downward trend in recent years. …partly reflected NFC deleveraging with Irish MFIs.

Chart 4.4 関連
…largely reflected MNC activities. Net financial assets (financial assets minus liabilities) became even more negative since Q1 2015. This is because some MNCs had large non-financial assets or relocated substantial non-financial assets to Ireland.

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.9

(All the below links are in English.)

Vol.9 金融革命の度合と限界(第4章-2)

 第二の技術革新は、証券が更なる証券の発行によって保証されていることである。一つの債権を細分化する過程で、債務不履行のリスクは債権の他の性質から切り離されるため、理論的には全ての証券が債務不履行しない形即ちリスク無しで購入されることとなる。また、保証人が新たな保証契約を通じてリスクを転嫁することもできるので、債務不履行の際に損害を被る可能性も低い。
 J.P.モルガンが1995年に始めたもう一つの技術革新であるCDS(Credit Default Swap)は、2008年には58兆ドルに達し、世界GDP合計の50兆ドルを抜いていた。非常に小さいリスクと頼りになる手数料のために、AIGインターナショナルやSwiss Reのような大手かつ多角経営の保険会社がこのような保証契約に魅力を感じ取り組んでいた。リスクに対応するために金融当局が定めた自己資本規制比率も結局無駄になった。2003年からの5年間で米欧の10大銀行は資産を倍増し15兆ユーロに達したが、リスク調整資産は5兆ユーロに達したにすぎなかった。

参考
Credit Derivatives Handbook (PDF) | J.P. Morgan
The Value of Risk: Swiss Re and the History of Reinsurance | Peter Borscheid, Harold James, David Gugerli, Tobias Straumann
Global Financial Stability Report, April 2008 | International Monetary Fund

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.8

(All the below links are in English.)

Vol.8 金融革命の度合と限界(第4章-1)

 証券化に係る最も最近の根本的な技術革新は、1990年代半ばに始まり、J.P.モルガンが関係している。決定的だったのは、1997年に着手された Broad Index Securitized Trust Offering (BISTRO) であった。この制度では、元々の債権関係が細分化され、簿外単位で証券化され、Structured Investment Vehicle (SIV) として取引された。21世紀に入ると、証券化は不動産ビジネスの形を変え始めた。サブプライム・モーゲージは、認証後に債権に何が起こっても認証者が責任を負わないものであった。
 2005-07年には、5400億ドルの抵当化債務及び不動産証券が創り出された。2009年初期までにはこれらの内1020億ドルが整理され、優先債の32%、メザニン債の5%しか回収されなかったことになる。ジョージ・ソロス曰く、合理的期待形成モデルへの過度な思い入れについては、経済学者は投資銀行員と同様に責任があり、その間違いの代償を払うべきである。

参考
Robert Lucas, rational expectations, and the understanding of business cycles | @LarsPSyll
LIFE AFTER “RATIONAL EXPECTATIONS”?: Imperfect Knowledge, Behavioral Insights and the Social Context [PDF] | Roman Frydman and Michael D. Goldberg
The New Paradigm for Financial Markets: The Credit Crisis of 2008 and What It Means [PDF] | George Soros

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.7

(All the below links are in English.)

Vol.7 2008年世界金融危機(第3章-3)

 第三に人の流れの減少の面である。
 2008-09年の急速な貿易の収縮においては、グローバルな相互の繋がりを縮小させることが政策として選択されたのでは決してなかったが、外国人の求職に反対する国民が英独では過半数を超えるなど国民感情の転換はあった。
 また、2008年には自国に移民が押し寄せ労働市場が崩壊し得るグローバリゼーションの時代になっており、新興国が自国のみで破綻していた1990年代よりも先進国の不安は遥かに大きく、先進国は新興国にカネ・モノ・労働力の市場において徹底した対策を要求していたが本来効果のある対策も徐々に効果的でなくなった。

(あくまで参考:The Rise and Fall of Pyramid Schemes in Albania | Christopher JervisThe Free Movement of Workers in an Enlarged European Union: Institutional Underpinnings of Economic Adjustment | IZAFact Sheets on the European Union | European Parliament

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.6

(All the below links are in English.)

Vol.6 2008年世界金融危機(第3章―2)

 第二に、モノの流れの減少の面である。
 特に、リーマン崩壊の端緒において銀行信用が収縮し貿易金融が儘ならなくなったところ、多くの先進国では半官の金融機関が貿易保証を出せたが、同様のことをできた新興国は殆ど無かった。そのため、アジア・ラテンアメリカ諸国は、買い手が居ても先進国に輸出できなくなってしまった。そして、生産拡大のための精密機械などの輸入もできなくなり、それらを輸出していた日独の輸出は2008年第4四半期には激減した。
 そして、貿易が減ると人は貿易依存を減らそうとするという脱グローバリゼーションの悪循環に陥った。これは、理想的な防衛手法ではないにせよ、デフレーションの増殖を国境で食い止める非常に満足の行く次善の策であった。開放経済では、需要が自国の枠から漏れ外国に職を創出し税も外国政府に行ってしまう “leaky Keynesianism”(漏れるケインズ主義。あくまで参考:Fixing the Economy? Like Filling a Leaky Bucket | @TheRagBlog。)になることがあるためである。
 加えて、欧州では、通貨統合のためのマーストリヒト条約の中核である、公債発行額をGDPの3%以内、公債発行残高を60%以内とする財政ルールは、ケインズ的反循環政策(景気刺激策)を採らねばならない危機においては、放棄されねばならなかったが、それが可能な仏独と不可能な希伊葡に分かれるなど、意思決定力が麻痺してしまった(あくまで参考:Guest Post by Timothy King: Keynesian Policies Under the Fiscal Treaty | Phillip Lane @irisheconomyieGoverning hand: Philip Lane takes charge of Central Bank in recovering economy | @BeesleyIT)。

イギリス Vol.7(”Brexit”? – UK’s Referendum on EU Membership イギリスEU残留国民投票 Vol.6)

Here is just a part of universities’/scholars’ (academic) articles/papers/videos/podcasts concerning the Brexit on Twitter through early morning, 22 June (BST).

[United Kingdom]

@Cambridge_Uni

@CambridgeNewsUK

@Politics_Oxford

@UniofOxford

@LSEEcon

@ConUnit_UCL

@KingsCollegeLon

@WarwickBSchool

@DurhamLawSchool

@cranfieldmngmt

@UniOfSurrey

@UniofBathIPR

@BristolUni

Manchester @MBSnews

@unibirmingham

@UniofExeter

(@UniofNottingham)

@unisouthampton

@sheffielduni

(@UniofReading)

Leicester @UoLNewsCentre

@lancasterarts

@UniWestminster

(@Uni_of_Essex)

@SussexUni

@imperialcollege

@QMUL

(@RoyalHolloway)

(@GoldsmithsUoL)

London Business School @LBS

@UoLondon

@CityUniLondon

(@StirManSchool)

@lborouniversity

@UniKent

@BradfordUniSIS

@YorkAlumni

@uniofeastanglia

@UniofNewcastle

@UniversityLeeds

@livuninews

(@univofstandrews)

(@UofGlasgow)

@EdinburghUni

@aberdeenuni

(@dundeeuni)

@cardiffuni

(Aberystwyth @AberUni)

@QueensUBelfast

[Overseas]

@tcddublin

UCDDublin @UCDLawSchool

@AucklandUni

(@unimelb)

Melbourne @Government_UoM

(@ANU_Law)

@ArtSS_Sydney

Toronto @UofT_PolSci

(Toronto @munkschool)

@UBCSauderSchool

@UBC

Harvard @Kennedy_School

@Harvard_Law

@YaleSOM

@YaleGlobal

@PrincetonBCF

(Princeton @WilsonSchool)

@StanfordCISAC

Stanford @SIEPR

(@MIT)

@UChicago

@UCBerkeley

イギリス Vol.5(”Brexit”? – UK’s Referendum on EU Membership イギリスEU残留国民投票 Vol.4)

Here is just a part of (academic/analytical) articles concerning the Brexit.

This is how Brexit would affect British trade | Roderick Abbott @wefThey need each otherFree Trade WorldEEA two-pillar structureEEA & EFTA bodies

Will Brexit Destroy Britain and Europe?: @plegrain weighs the views of Joschka Fischer, Richard Haass, Joseph Nye, and others on what Britain’s withdrawal from the EU would mean for both sides. @ProSyn
– On June 23, British voters will decide in a referendum whether to remain in the EU or go it alone. Advocates of remaining, including Prime Minister David Cameron, may have the better arguments, but the future of the UK – and of Europe – is unlikely to be determined by reason alone. –

Britain’s Enemy Within | Harold James @ProSyn

Why Britain Should Remain European | Simon Johnson @ProSynCER-1CER-2

Europe’s Generational War | Harold James @ProSyn

Can the UK Survive Brexit? | Harold James @ProSyn

The Economic Consequences of Brexit | @plegrain @ProSyn @CEP_LSEPriceIncome

The UK Referendum – and the Future of the European Project [with PDF] | @guydej1 @ECIPE

The Brexit briefs June 2016: Our guide to Britain’s EU referendum [PDF] | @TheEconomistBrainsBetterLeverageShare

A background guide to “Brexit” from the European Union | @TheEconomistDebateTimesRegulation

EU referendum special [Podcast]
– @annemcelvoy hosts a special version of The Economist asks. @ZannyMB, editor of The Economist, reveals why the magazine has taken a strong line on Brexit, while Italian ex-Prime Minister and EU Commissioner Mario Monti criticises David Cameron’s handling of the issue. Plus, MPs from Leave and Remain go toe to toe, and Lane Greene gives his take on the language that has defined the campaigns. –

Brexit: the potential of a financial catastrophe and long-term consequences for the UK financial sector | ‏@CFMUK @voxeu @cepr_org

A British Exit from the EU Leaves the Financial Sector Vulnerable | @FTI_SC

日本のガラパゴス症候群 Vol.5(各種Indexランキング: Global Competitiveness, Good Country, Best Countries for Business, Homeownership Linked to Happiness, Global Innovation …)

ガラパゴス化とは直接は関係ありませんが、下記URLウェブサイト(English)は各種ランキングの国別の例です。

Best Countries for Business

Good Country

Global Competitiveness

Homeownership Linked to Happiness

Global Innovation

World’s Smartest Cities

Cost of Living

定量的分析は一般に説得力があり証明力が強いと考えられます。他方、数字は時々刻々動くものである上に、数字の取り方や解釈の仕方などにより結論は変わり得るので、定量的分析が完全に客観的・固定的であるとももちろん言えません。そもそも、国別ランキングは、分析者などの言語や思考の壁によるのか、あくまで個人的な感覚では「本当にそうか?」と思わせるものが少なくありません。。。などなど。

概括的に傾向は掴みつつも、数字やランキングに一喜一憂せず、改革・改善のために地道に研鑽を重ねていくしかないのでしょう。

姉妹都市 Vol.3(Tripartite Economic Alliance ロサンゼルスLA=オークランドAK=広州GZ 三市経済連携)

今日は”サミット”の話、と言っても先月下旬の議長国日本・伊勢志摩G7の話ではありません。〔以下ツイッターリンクは中国の広州市Guangzhouも含めてEnglish、日本の各市町のホームページはそれぞれ。〕

ロサンゼルス市(LA、人口380万人、アメリカ。参考:@MayorOfLA 市長)・オークランド市(AK、市人口40万人強・都市圏人口150万人、ニュージーランド。参考:@Auckland_NZ 市役所)・広州市(GZ、人口1300万人、中国。参考:@Guangzhou_City 市役所)の相互に姉妹都市である三市による Tripartite Economic Summit 2016 三市経済サミット が先月中旬にオークランドで開催されました。21世紀の都市間交流のあり方を打ち立てるべく2014年11月に世界初の三市経済連携協定(Tripartite Economic Alliance agreement)が結ばれ、初回”サミット”が昨年6月にロサンゼルスで開催されたとのことです。

都市間交流・地域間交流は一対一・文化交流という形である印象がありますが、太平洋を跨いだ三大都市の継続的な経済連携枠組みで世界初というのは第一印象としてはインパクトがあります。もちろん細部を少しずつ継続的に理解して行く必要がありますが、民間企業が収益を上げるのに役に立つ経済連携の形を取れば地方公共団体にも(もちろん中央政府にも)予算的労働的に負担がかからないということは言えます。また、人間で言えば、二人の方が突っ込んだ内容を話せるけど三人以上の枠組みの方が派手だったり長持ちしたりもする(あくまで参考:下記※)、というような感じでしょうか。従来型交流と適宜並行して進むと良さそうです。
なお、上記三市の日本の姉妹都市は、ロサンゼルス市とは名古屋市(参考:名古屋市英語ホームページ)、オークランド市とは大阪市(参考:大阪市英語ホームページ)・福岡市(参考:福岡市英語ホームページ)・富岡町(友好都市。参考:福島県富岡町ホームページ。)・宇都宮市(参考:宇都宮市ホームページ)・品川区(参考:品川区英語ホームページ)、広州市とは福岡市、のようです。また、広州市の姉妹都市には、当都市経済連携には入っておらず、ニュージーランドとは隣国かつ同盟国であるオーストラリアのシドニー市(参考:@cityofsydney 市役所)もあり、先月で両市姉妹都市30年になり喜ばしいとの報道が何度か目に入ってきました。シドニー市の姉妹都市には日本の名古屋市もあります。

※ 各人が手抜き無しに努力を怠らないチームの人数は、例えばWhy Less Is More in Teams | Mark de Rond では、4人とされています。他方、適度な頑張りが必要となる姉妹都市経済連携のような組織間の持続的試みにおいては、検証等必要ですが、各者が一定程度以上望んでいれば3者というのが一番長持ちしそうだと第一感では思いました。