ツイッター paper.li Vol.4

All the below links are in English.

弊社ツイッターアカウントの一つ @WSjp_insight のRTによる paper.li 掲載記事7件を貼っておきます。

Irish economic growth | @RTEbusiness

Ireland’s national accounts | @ucddublin @Aidan_Regan

Soon Your Smart Car Will Also Be an Amazon Locker | @BloombergCA @ElisBehrmann @rweiss5

2016 @BSAnews GLOBAL CLOUD COMPUTING SCORECARD (pdf) | @invest_canada

IMF Backs More BOJ Easing If Coupled With Comprehensive Reforms | @business @RichMiller28

Nagasaki, 1945: “The world did not need your experiment” | @jricole

Rio 2016: What Olympic sports taught 8 leaders about successfully running a business | @Inc @JustinJBariso

World Vol.1(UNCLOS 国連海洋法条約)

United Nations Convention on the Law of the Sea (UNCLOS)
PART II  TERRITORIAL SEA AND CONTIGUOUS ZONE
SECTION 3. INNOCENT PASSAGE IN THE TERRITORIAL SEA
SUBSECTION A. RULES APPLICABLE TO ALL SHIPS
Article 19  Meaning of innocent passage
1. Passage is innocent so long as it is not prejudicial to the peace, good order or security of the coastal State. Such passage shall take place in conformity with this Convention and with other rules of international law.
2. Passage of a foreign ship shall be considered to be prejudicial to the peace, good order or security of the coastal State if in the territorial sea it engages in any of the following activities:
(a) any threat or use of force against the sovereignty, territorial integrity or political independence of the coastal State, or in any other manner in violation of the principles of international law embodied in the Charter of the United Nations;
(b) any exercise or practice with weapons of any kind;
(c) any act aimed at collecting information to the prejudice of the defence or security of the coastal State;
(d) any act of propaganda aimed at affecting the defence or security of the coastal State;
(e) the launching, landing or taking on board of any aircraft;
(f) the launching, landing or taking on board of any military device;
(g) the loading or unloading of any commodity, currency or person contrary to the customs, fiscal, immigration or sanitary laws and regulations of the coastal State;
(h) any act of wilful and serious pollution contrary to this Convention;
(i) any fishing activities;
(j) the carrying out of research or survey activities;
(k) any act aimed at interfering with any systems of communication or any other facilities or installations of the coastal State;
(l) any other activity not having a direct bearing on passage.
Article 24  Duties of the coastal State
1. The coastal State shall not hamper the innocent passage of foreign ships through the territorial sea except in accordance with this Convention. In particular, in the application of this Convention or of any laws or regulations adopted in conformity with this Convention, the coastal State shall not:
(a) impose requirements on foreign ships which have the practical effect of denying or impairing the right of innocent passage; or
(b) discriminate in form or in fact against the ships of any State or against ships carrying cargoes to, from or on behalf of any State.
2. The coastal State shall give appropriate publicity to any danger to navigation, of which it has knowledge, within its territorial sea.
Article 25  Rights of protection of the coastal State
1. The coastal State may take the necessary steps in its territorial sea to prevent passage which is not innocent.
2. In the case of ships proceeding to internal waters or a call at a port facility outside internal waters, the coastal State also has the right to take the necessary steps to prevent any breach of the conditions to which admission of those ships to internal waters or such a call is subject.
3. The coastal State may, without discrimination in form or in fact among foreign ships, suspend temporarily in specified areas of its territorial sea the innocent passage of foreign ships if such suspension is essential for the protection of its security, including weapons exercises. Such suspension shall take effect only after having been duly published.
SECTION 4. CONTIGUOUS ZONE
Article 33  Contiguous zone
1. In a zone contiguous to its territorial sea, described as the contiguous zone, the coastal State may exercise the control necessary to:
(a) prevent infringement of its customs, fiscal, immigration or sanitary laws and regulations within its territory or territorial sea;
(b) punish infringement of the above laws and regulations committed within its territory or territorial sea.
2. The contiguous zone may not extend beyond 24 nautical miles from the baselines from which the breadth of the territorial sea is measured.

PART V  EXCLUSIVE ECONOMIC ZONE
Article 56  Rights, jurisdiction and duties of the coastal State in the exclusive economic zone
1. In the exclusive economic zone, the coastal State has:
(a) sovereign rights for the purpose of exploring and exploiting, conserving and managing the natural resources, whether living or non-living, of the waters superjacent to the seabed and of the seabed and its subsoil, and with regard to other activities for the economic exploitation and exploration of the zone, such as the production of energy from the water, currents and winds;
(b) jurisdiction as provided for in the relevant provisions of this Convention with regard to:
(i) the establishment and use of artificial islands, installations and structures;
(ii) marine scientific research;
(iii) the protection and preservation of the marine environment;
(c) other rights and duties provided for in this Convention.
2. In exercising its rights and performing its duties under this Convention in the exclusive economic zone, the coastal State shall have due regard to the rights and duties of other States and shall act in a manner compatible with the provisions of this Convention.
3. The rights set out in this article with respect to the seabed and subsoil shall be exercised in accordance with Part VI.
Article 58  Rights and duties of other States in the exclusive economic zone
1. In the exclusive economic zone, all States, whether coastal or land-locked, enjoy, subject to the relevant provisions of this Convention, the freedoms referred to in article 87 of navigation and overflight and of the laying of submarine cables and pipelines, and other internationally lawful uses of the sea related to these freedoms, such as those associated with the operation of ships, aircraft and submarine cables and pipelines, and compatible with the other provisions of this Convention.
2. Articles 88 to 115 and other pertinent rules of international law apply to the exclusive economic zone in so far as they are not incompatible with this Part.
3. In exercising their rights and performing their duties under this Convention in the exclusive economic zone, States shall have due regard to the rights and duties of the coastal State and shall comply with the laws and regulations adopted by the coastal State in accordance with the provisions of this Convention and other rules of international law in so far as they are not incompatible with this Part.
Article 59  Basis for the resolution of conflicts regarding the attribution of rights and jurisdiction in the exclusive economic zone
In cases where this Convention does not attribute rights or jurisdiction to the coastal State or to other States within the exclusive economic zone, and a conflict arises between the interests of the coastal State and any other State or States, the conflict should be resolved on the basis of equity and in the light of all the relevant circumstances, taking into account the respective importance of the interests involved to the parties as well as to the international community as a whole.
Article 73  Enforcement of laws and regulations of the coastal State
1. The coastal State may, in the exercise of its sovereign rights to explore, exploit, conserve and manage the living resources in the exclusive economic zone, take such measures, including boarding, inspection, arrest and judicial proceedings, as may be necessary to ensure compliance with the laws and regulations adopted by it in conformity with this Convention.
2. Arrested vessels and their crews shall be promptly released upon the posting of reasonable bond or other security.
3. Coastal State penalties for violations of fisheries laws and regulations in the exclusive economic zone may not include imprisonment, in the absence of agreements to the contrary by the States concerned, or any other form of corporal punishment.
4. In cases of arrest or detention of foreign vessels the coastal State shall promptly notify the flag State, through appropriate channels, of the action taken and of any penalties subsequently imposed.

PART VI  CONTINENTAL SHELF

PART VII  HIGH SEAS
SECTION 1.  GENERAL PROVISIONS
Article 98  Duty to render assistance
1. Every State shall require the master of a ship flying its flag, in so far as he can do so without serious danger to the ship, the crew or the passengers:
(a) to render assistance to any person found at sea in danger of being lost;
(b) to proceed with all possible speed to the rescue of persons in distress, if informed of their need of assistance, in so far as such action may reasonably be expected of him;
(c) after a collision, to render assistance to the other ship, its crew and its passengers and, where possible, to inform the other ship of the name of his own ship, its port of registry and the nearest port at which it will call.
2. Every coastal State shall promote the establishment, operation and maintenance of an adequate and effective search and rescue service regarding safety on and over the sea and, where circumstances so require, by way of mutual regional arrangements cooperate with neighbouring States for this purpose.

海洋法に関する国際連合条約 (国連海洋法条約)
第2部 領海及び接続水域
第3節 領海における無害通航
A すべての船舶に適用される規則
第19条 無害通航の意味
1 通航は、沿岸国の平和、秩序又は安全を害しない限り、無害とされる。無害通航は、この条約及び国際法の他の規則に従って行わなければならない。
2 外国船舶の通航は、当該外国船舶が領海において次の活動のいずれかに従事する場合には、沿岸国の平和、秩序又は安全を害するものとされる。
a.武力による威嚇又は武力の行使であって、沿岸国の主権、領土保全若しくは政治的独立に対するもの又はその他の国際連合憲章に規定する国際法の諸原則に違反する方法によるもの
b.兵器(種類のいかんを問わない。)を用いる訓練又は演習
c.沿岸国の防衛又は安全を害することとなるような情報の収集を目的とする行為
d.沿岸国の防衛又は安全に影響を与えることを目的とする宣伝行為
e.航空機の発着又は積込み
f.軍事機器の発着又は積込み
g.沿岸国の通関上、財政上、出入国管理上又は衛生上の法令に違反する物品、通常又は人の積込み又は積卸し
h.この条約に違反する故意のかつ重大な汚染行為
i.漁獲活動
j.調査活動又は測量活動の実施
k.沿岸国の通信系又は他の施設への妨害を目的とする行為
l.通航に直接の関係を有しないその他の活動
第24条 沿岸国の義務
1 沿岸国は、この条約に定めるところによる場合を除くほか、領海における外国船舶の無害通航を妨害してはならない。沿岸国は、特に、この条約又はこの条約に従って制定される法令の適用に当たり、次のことを行ってはならない。
a.外国船舶に対し無害通航権を否定し又は害する実際上の効果を有する要件を課すること。
b.特定の国の船舶に対し又は特定の国へ、特定の国から若しくは特定の国のために貨物を運搬する船舶に対して法律上又は事実上の差別を行うこと。
2 沿岸国は、自国の領海内における航行上の危険で自国が知っているものを適当に公表する。
第25条 沿岸国の保護権
1 沿岸国は、無害でない通航を防止するため、自国の領海内において必要な措置をとることができる。
2 沿岸国は、また、船舶が内水に向かって航行している場合又は内水の外にある港湾施設に立ち寄る場合には、その船舶が内水に入るため又は内水の外にある港湾施設に立ち寄るために従うべき条件に違反することを防止するため、必要な措置をとる権利を有する。
3 沿岸国は、自国の安全の保護(兵器を用いる訓練を含む。)のため不可欠である場合には、その領海内の特定の水域において、外国船舶の間に法律上又は事実上の差別を設けることなく、外国船舶の無害通航を一時的に停止することができる。このような停止は、適当な方法で公表された後においてのみ、効力を有する。
第4節 接続水域
第33条 接続水域
1 治岸国は、自国の領海に接続する水域て接続水域といわれるものにおいて、次のことに必要な規制を行うことができる。
a.自国の領土又は領海内における通関上、財政上、出入国管理上又は衛生上の法令の違反を防止すること。
b.自国の領土又は領海内で行われた(a)の法令の違反を処罰すること。
2 接続水城は、領海の幅を測定するための基線から24海里を超えて拡張することができない。

第5部 排他的経済水域
第56条 排他的経済水域における沿岸国の権利、管轄権及び義務
1 沿岸国は、排他的経済水域において、次のものを有する。
a.海底の上部水域並びに海底及びその下の天然資源(生物資源であるか非生物資源であるかを問わない。)の探査、開発、保存及び管理のための主権的権利並びに排他的経済水域における経済的な目的で行われる探査及び開発のためのその他の活動(海水、海流及び風からのエネルギーの生産等)に関する主権的権利
b.この条約の関連する規定に基づく次の事項に関する管轄権
i.人工島、施設及び構築物の設置及び利用
ii.海洋の科学的調査
iii.海洋環境の保護及び保全
c.この条約に定めるその他の権利及び義務
2 沿岸国は、排他的経済水域においてこの条約により自国の権利を行使し及び自国の義務を履行するに当たり、他の国の権利及び義務に妥当な考慮を払うものとし、また、この条約と両立するように行動する。
3 この条に定める海底及びその下についての権利は、第6部の規定により行使する。
第58条 排他的経済水域における他の国の権利及び義務
1 すべての国は、沿岸国であるか内陸国であるかを問わず、排他的経済水域において、この条約の関連する規定に定めるところにより、第87条に定める航行及び上空飛行の自由並びに海底電線及び海底パイプラインの敷設の自由並びにこれらの自由に関連し及びこの条約のその他の規定と両立するその他の国際的に適法な海洋の利用(船舶及び航空機の運航並びに海底電線及び海底パイプラインの運用に係る海洋の利用等)の自由を享有する。
2 第88条から第115条までの規定及び国際法の他の関連する規則は、この部の規定に反しない限り、排他的経済水域について適用する。
3 いずれの国も、排他的経済水域においてこの条約により自国の権利を行使し及び自国の義務を履行するに当たり、沿岸国の権利及び義務に妥当な考慮を払うものとし、また、この部の規定に反しない限り、この条約及び国際法の他の規則に従って沿岸国が制定する法令を遵守する。
第59条 排他的経済水域における権利及び管轄権の帰属に関する紛争の解決のための基礎
この条約により排他的経済水域における権利又は管轄権が沿岸国又はその他の国に帰せられていない場合において、沿岸国とその他の国との間に利害の対立が生じたときは、その対立は、当事国及び国際社会全体にとっての利益の重要性を考慮して、衡平の原則に基づき、かつ、すべての関連する事情に照らして解決する。
第73条 沿岸国の法令の執行
1 沿岸国は、排他的経済水域において生物資源を探査し、開発し、保有し及び管理するための主権的権利を行使するに当たり、この条約に従って制定する法令の遵守を確保するために必要な措置(乗船、検査、拿捕及び司法上の手続を含む。)をとることができる。
2 拿捕された船舶及びその乗組員は、合理的な保証金の支払又は合理的な他の保証の提供の後に速やかに釈放される。
3 排他的経済水域における漁業に関する法令に対する違反について沿岸国が科する罰には、関係国の別段の合意がない限り拘禁を含めてはならず、また、その他のいかなる形態の身体刑も含めてはならない。
4 沿岸国は、外国船舶を拿捕し又は抑留した場合には、とられた措置及びその後科した罰について、適当な経路を通じて旗国に速やかに通報する。

第6部 大陸棚

第7部 公 海
第1節 総 則
第98条 援助を与える義務
1 いずれの国も、自国を旗国とする船舶の船長に対し、船舶、乗組員又は旅客に重大な危険を及ぼさない限度において次の措置をとることを要求する。
a.海上において生命の危険にさらされている者を発見したときは、その者に援助を与えること。
b.援助を必要とする旨の通報を受けたときは、当該船長に合理的に期待される限度において、可能な最高速力で遭難者の救助に赴くこと。
c.衝突したときは、相手の船舶並びにその乗組員及び旅客に援助を与え、また、可能なときは、自己の船舶の名称、船籍港及び寄港しようとする最も近い港を相手の船舶に知らせること。
2 いずれの沿岸国も、海上における安全に関する適切かつ実効的な捜索及び救助の機関の設置、運営及び維持を促進し、また、状況により必要とされるときは、このため、相互間の地域的な取極により隣接国と協力する。

U.S.-Japan Summit Meetings 日米首脳会談 Vol.3(Obama’s visit to Hiroshima Vol.3)

Here is just a part of Tweets related to the visit, war, peace, politics, science, et al (through noon on August 9 (JST)). [All the below are in English.]

Praying for peace in Nagasaki | @nhk_world_news

Nagasaki, 1945: “The world did not need your experiment” | @jricole

Hiroshima wrongly overshadows Nagasaki says @StimsonCenter’s Michael Krepon | @ReThinkDefense

Remembering Hiroshima and Nagasaki with George Shultz and Henry Kissinger, via @NTI_WMD | @ReThinkDefense

Inspired by Nagasaki’s steadfast commitment to the pursuit of peace. | @CarolineKennedy

The great science behind the terrifying history of the atomic bomb – great piece by @nevertoocurious | @kemal_atlay

“Fat Man” was dropped on Nagasaki on Aug 9, 1945, causing Japan to surrender | @newsflicks

This alone highlights need for diplomacy and non-proliferation: What Nagasaki looked like before and after the bomb | @JohnDAxelrod

#HiroshimaDay may have been yesterday, but the effects of a nuclear bomb are long-lasting | @ReThinkDefense

71 years ago today, this was the headline for @nytimes. | @ReThinkDefense

Must-watch: Hiroshima survivor Setsuko Thurlow talks about her life at @ArmsControlNow | @ReThinkDefense

Japan calls for a nuclear weapons free world & for all world leaders to visit | @ReThinkDefense

Obama’s Hiroshima trip stirs debate on Truman’s fateful choice | @ThePartykaGroup

Apology Diplomacy at Hiroshima: my 2010 article in @TheAtlantic | @profLind

On anniversary of Hiroshima bombing, re-up of my piece about memory and reconciliation in US-Japan relations | @profLind

6 August 1945 the Hiroshima explosion recorded at 8.15 a.m. on the remains of a wrist watch found in the ruins | @UN_Photo

Read Harry Truman’s statement on Hiroshima on August 6, 1945 | @Miller_Center

Hiroshima: President Obama and Harry Truman. | @IWF

Obama’s visit to Hiroshima, contextualized via the Truman Library: President Barack Obama is the first sitting U.S.… | @POLSMiami

Truman’s note to Stalin about dropping atomic bomb on Hiroshima #HiroshimaVisit | @Danovate

The Christian answer to all this meaningless suffering is more suffering, willingness to suffer for one’s enemy… | @CosmosTheInLost

Why 71 years after Hiroshima every baby born in 2016 contains nuclear radiation | @3tags_org

The decision to destroy Hiroshima and Nagasaki was a political not a military decision. | @NatCounterPunch

7 stories from Hiroshima and Nagasaki on the 71st anniversary of the nuclear strike | @TIME

On this day in 1945, the US dropped the Atomic Bomb on Hiroshima. See the aftermath | @LIFE

Today in history: The United States drops the “Little Boy” atomic bomb on Hiroshima, killing 70,000 instantly. | @ForeignAffairs

N Korea’s ballistic missile launch lands in Japan’s EEZ, escalating regional tensions | @nukes_of_hazard

@KingstonAReif: Reducing our commitment to#Japanwould ultimately increase threat by nuclear weapons to the US” | @ArmsControlNow

Hiroshima and Nagasaki push for @POTUS to support nuclear arms control efforts in powerful new letter. | @nukes_of_hazard

Still time to advance @POTUS vision of a safer world. “A Nuclear Legacy Within Reach” | @DarylGKimball

U.S.-Japan Summit Meetings 日米首脳会談 Vol.2(Obama’s visit to Hiroshima Vol.2)

Here is just a part of Twitter articles related to the visit (through early August 6 (JST)). [All the below are in English.]

On Aug. 6, 1945, an A-bomb devastated Hiroshima, where Obama paid his respects this year. | @The_Japan_News

Today on The Bridge @MarcM_Tweets looks at Pres Obama’s Hiroshima comments and wonders if the Asia Pivot has begun. | @Strategy_Bridge

As Obama touches down in Hiroshima, @FitzpatrickIISS reflects on the impact of his visit | @IISS_org

Japan remembers Hiroshima, urges world to follow Obama and visit | @ReutersWorld

Obama’s Hiroshima rhetoric obscures a growing role for nuclear weapons, write Stephan Frühling and @oneil_ak | @LowyInstitute

“Obama’s Hiroshima rhetoric obscures growing role for nuclear weapons” – Stephan Fruehling #ANU_SDSC | @ANUBellSchool

Obama’s Prague vision, Hiroshima visit undermined by Republicans & Putin – @MilesPomper @MarkThompson_DC in @TIME | @CNS_Updates

Only nuclear weapons can turn a small confrontation into a catastrophe like the one Obama commemorated in Hiroshima | @ProSyn

Obama in Hiroshima: A Mandate for Looking Back #twitterstorians | @The_OAH

Nukes Will Be Obama’s Legacy @johnfeffer | @myfairobserver

Obama called for a moral revolution at Hiroshima. Will he lead it? | @americamag

At Hiroshima, President Obama spoke eloquently against nuclear weapons. But do his policies send the same message? | @BosPublicRadio

Dan Sneider in @nippon_en: “The best judgment of the impact of Obama’s Hiroshima visit may be what follows…” | @StanfordSAPARC

In Hiroshima President Obama Can Help Save History leadership | @Real_Leaders

Obama, Truman and Hiroshima #culture | @COZMOPOLIS

Hibakusha group says Obama Hiroshima speech ‘avoided responsibility’ via the Japan Times | @TheAtomicAge

Overwhelming majority in Japan & esp Hiroshima think of President Obama’s visit as an implicit apology | @LSEUSAblog

Japan atomic bomb survivors criticise Obama’s Hiroshima speech | @France24_en

Obama’s Ironic Visit to Hiroshima | @opednews

How President Obama’s recent visit to Hiroshima makes the world more dangerous | @theTrumpet_com

At Hiroshima, Obama Asks Fundamental Questions About Science And War | @mrjimmc

Take a look at the context behind President Obama’s trip to Hiroshima | @amsecproject

Pres. Obama calls for a “moral revolution” w/ regard to nuclear weapons. Read his full Hiroshima speech here | @nextgenshapers

Photo of Obama, origami cranes on display at A-bomb museum in Hiroshima | @DaiwaFoundation

Hiroshima Peace Memorial Museum places Pres Obama’s origami cranes on display @japantimes | @Stimson_EAsia

ICYMI: President Obama’s visit to Hiroshima last month. Here’s the full length of his speech (video)…. | @NYPeaceFilmFest

Preliminary Reflections on Political Forgiveness — a compelling new policy brief from @wendyrsherman @BelferCenter | @HarvardAsh

Australia オーストラリア Vol.3

オーストラリア貿易・投資概観です。(Links except 2(4)are in Japanese.)

1.(1)オーストラリア連邦(Commonwealth of Australia)基礎データ 平成27年11月11日 の「経済」の「9 総貿易額及び主要貿易相手国」によると、オーストラリアの2013/14年度の
貿易総額は6,692億豪ドル、相手国は中国23.9%・日本10.8%・米国8.7%、
輸出額は3,312億豪ドル、相手国は中国32.5%・日本15.4%・韓国6.8%、
輸入額は3,380億豪ドル、相手国は中国15.4%・米国12.2%・日本6.3% となっています。
 また、「10 主要貿易品目」によると、
輸出は鉄鉱石(22.6%)・石炭(12.1%)・個人旅行サービス(9.0%)、
輸入は個人旅行サービス(8.2%)・原油(6.7%)・精製油(6.0%)
となっています。

(2)「二国間関係」の「3 経済関係」によると、日豪二国間貿易(2014年、財のみ)は、
貿易総額約6兆5,909億円、
輸出(日本→豪州)約1兆5,012億円、
輸入(豪州→日本)約5兆0,897億円、
となっています。
 また、主要品目は、
輸出(日本→豪州)では自動車(47.3%)・石油製品(16.4%)・電気機器(4.0%)・ゴムタイヤ及びチューブ(3.4%)・建設用鉱山用機械(2.7%)、
輸入(豪州→日本)では石油ガス類(33.0%)・石炭(26.2%)・鉄鉱石(17.8%)・非鉄金属鉱(4.3%)・牛肉(3.3%)、
となっています。
 そして、日本の対豪直接投資残高は約661億豪ドルとなっています。
 なお、日豪経済連携協定が2015年1月15日に発効しています。

ほか参考:
オーストラリア輸出統計(国・地域別) 最終更新日:2016年1月28日 | JETRO
世界経済のネタ帳 オーストラリアの貿易

2.(1)オーストラリアからの輸入 ー 産業情報 | @Austrade @AusUnlimited に主要分野として、
・ クリエイティブ(映画・テレビ、音楽産業、芸術・出版)
・ バイオテクノロジー
・ クリーンエネルギー・省エネ(概況、事例紹介、政策支援、ニュース)
・ インフラ・資源開発(建設、航空・空港、資源開発)
・ 金融サービス(アセット・ベース・ファイナンス/リース、ファンドマネジメント、ヘッジファンド、保険、投資銀行、支払・決済システム、プライベート・バンキング、プライベート・エクイティ/ベンチャー・キャピタル、リテール・バンキング)
・ 消費財(化粧品、ファッション、宝石)
・ 食品・飲料・農水産物(概要、農水産物、加工食品・飲料、ワイン、ネイティブ・フード、オーストラリア食品カタログ、食品関連ニュース)
・ 環境技術(グリーンビルディング・その他の環境技術のケーススタディ、その他オーストラリアの環境関連企業)
・ 医療機器とヘルスケア産業(治療機器及び手術用具・設備、ヘルスIT、保健インフラとサービス、臨床試験)
・ 情報通信技術(製品開発(R&D)施設、コンテンツ開発、技術支援センター、グローバルソーシング)
・ サービス産業(コンサルティング・アドバイザリー、法務サービス、物流、フランチャイズ)
・ スポーツ・オリンピック(2012年ロンドンオリンピック ~ スポーツ分野でのオーストラリア企業の成功例)
・ 資源技術・専門性
・ グローバル人材育成(多文化・多民族国家で世界に通じるグローバルなビジネススキルを習得できる;世界で最もグローバルな教育環境でグローバルなセンスを磨ける;グローバル化のニーズにあった研修プログラムが充実;安心して社員を送れる理想的な海外研修先)
が挙げられ、それぞれに概況や各種情報が掲載されています。

(2)また、オーストラリアへの投資 ー 分野別概況 | @Austrade @AusUnlimited には一覧として、
・ 再生可能エネルギー・環境(上記(1)「クリーンエネルギー・省エネ」)
・ エネルギー効率化
・ バイオ燃料
・ 風力発電
・ 太陽光発電
・ 鉱業と資源(豊富で多様な鉱物資源、高度な採掘装置・技術・サービス、投資のチャンス)
・ 水関連事業
・ 建築・建設(建築建設サービス、建築用品と材料、グリーンビル)
・ ICT産業(急成長を遂げるダイナミックな市場)
・ プロフェッショナル・ビジネスサービス
・ 金融サービス
・ バイオテクノロジー
・ 食品飲料
・ インフラ ~ 洗練されたPPP
・ 農林水産物
が挙げられ、それぞれに概況が掲載されています。

(3)なお、上記(1)及び(2)は、
・ クリーン(再生可能)エネルギー
・ インフラ(建設)
・ 情報通信技術(ICT)
・ 金融
・ (プロフェッショナル・ビジネス)サービス産業
・ 資源
・ 食品飲料・農水産物
・ バイオテクノロジー
などを共通して挙げています。

(4)Why Australia: Benchmark Report (PDF) の p.9: AUSTRALIA’S REAL GROSS VALUE ADDED BY INDUSTRY では、
・ Financial and Insurance 9.3%
・ Mining 9.3%
・ Construction 8.2%
・ Health Care and Social Assistance 7.0%
・ Manufacturing 6.6%
・ Professional, Scientific and Technical 6.4%
・ Education and Training 4.9%
・ Transport, Postal and Warehousing 4.9%
・ Information Media and Telecommunications 3.2%
・ Agriculture, Forestry and Fishing 2.4%
などとされています。
 また、同 p.10: GROWTH BY INDUSTRY IN AUSTRALIA’S REAL GROSS VALUE ADDED (All-Industries Average 3.2%) では、
・ Information Media and Telecommunications 5.3%
・ Professional, Scientific and Technical Services 5.0%
・ Construction 4.6%
・ Financial and Insurance Services 4.5%
・ Mining 4.4%
・ Health Care and Social Assistance 4.2%
・ Transport, Postal and Warehousing 3.5%
・ Agriculture, Forestry and Fishing 3.0%
などとされています。

 加えて(p.8,12,20,24,32,39,42,44,48,49,50,53を下に貼っておきます)、
p.8: PRODUCTIVITY OF AUSTRALIAN INDUSTRY SECTORS COMPARED WITH GLOBAL COMPETITORS
p.12: AUSTRALIA’S GLOBALLY SIGNIFICANT INDUSTRIES
p.13: AUSTRALIA’S ENERGY AND RESOURCES SECTOR
p.14: TOP 10 EXPORT DESTINATIONS FOR AUSTRALIAN FOOD AND FIBRE
p.16: DISTRIBUTION OF FOREIGN STUDENTS IN TERTIARY EDUCATION BY COUNTRY OF DESTINATION – 2013
p.17: GLOBAL SIGNIFICANCE OF AUSTRALIA’S INVESTMENT FUND ASSETS POOL
p.20: HOW AUSTRALIA COMPARES WITH LEADING OECD COUNTRIES: KEY INNOVATION INDICATORS
p.22: WORLD OF RESEARCH AND DEVELOPMENT
p.24: RELATIVE IMPACTS OF AUSTRALIAN SCIENTIFIC PUBLICATIONS BY RESEARCH FIELD
p.30: AUSTRALIA’S EMPLOYED PERSONS BY INDUSTRY – 2015
p.32: GLOBAL TALENT COMPETITIVENESS RANKING – 2014
p.36: FOREIGN-BORN POPULATION
p.39: AUSTRALIA’S TRADE BY BROAD SECTOR AND TOP FIVE COMMODITIES
p.42: TOTAL FOREIGN INVESTMENT STOCK IN AUSTRALIA – 1995–2015
p.43: AUSTRALIA’S SHARE OF GLOBAL FOREIGN DIRECT INVESTMENT STOCK – 2004–14
p.44: MAIN SOURCES OF FOREIGN DIRECT INVESTMENT STOCK IN AUSTRALIA – 2009–14
p.48: INDEX OF ECONOMIC FREEDOM WORLD RANKING – 2015
p.49: KEY INDICATORS OF EASE OF DOING BUSINESS
p.50: GLOBAL PRIME OFFICE OCCUPANCY COSTS – 2015
p.51: REMUNERATION OF MANAGEMENT
p.52: BUSINESS EFFICIENCY AND ENVIRONMENT – 2015
p.53: WORLDWIDE GOVERNANCE INDICATORS
など各種の有用なデータが含まれています。
p.8p.12p.20p.24p.32p.39p.42p.44p.48p.49p.50p.53

ツイッター paper.li Vol.3

All the below links are in English.

弊社ツイッターアカウントの一つ @WSjp_insight のRTによるpaper.li掲載記事5件を貼っておきます。

Brexit is already proving to be a huge victory for global free trade | @LSolomonTweets

A chocolate bar from Canada won 1st prize | @RCInet

About Renewable Energy | @NRCan

This year, Oscar speaks with an Irish accent | @BarryODowd_Irl

San Diego to become largest U.S. city to run on 100% renewable energy | @envirojourno @inhabitat

Canada カナダ Vol.3

(Most of the links in 1. are in Japanese, and those in 2. are in English.)

日本・カナダ間の貿易・投資関連概観 及び カナダ連邦及び各州の主要経済分野 です。

1. 日加経済 平成28年2月4日 の カナダ経済と日加経済関係 (PDF) p.3,4,9,10,11 に日加間貿易・投資関連データが掲載されています。
日本からカナダへの輸出は
輸送用機器(自動車を含む)、一般機械、電気機器など、
日本のカナダからの輸入は
菜種、金属鉱、石炭・コークス及びれん炭、木材及びコルク、肉類及び同調製品、穀物及び同調製品、医薬品、魚介類及び同調製品など、
です。
 また、日加首脳会談 平成28年5月24日 の 3(3) にあるとおり、インフラ、エネルギー、科学技術、ビジネス環境・投資、観光・学生交流の5分野に焦点を当て両国間の協力を進めることとされています。

ほか参考:
カナダ(Canada) 基礎データ 平成28年2月23日
世界のインフラは量のみならず質も重視する時代へ(動画)(平成28年5月19日)
「質の高いインフラ輸出拡大イニシアティブ」(首相官邸ホームページへリンク)(平成28年5月23日)(PDF)
質の高いインフラ投資の推進のためのG7伊勢志摩原則 (PDF)
カナダの基礎情報 | 海外建設・不動産市場データベース
原子力安全セキュリティ・グループ(NSSG)報告書 (PDF)
自動走行車・燃料電池自動車プレゼンテーション 平成28年5月26日
競争力の優位性 | The Canadian Trade Commissioner Service
SR&ED優遇税制 | The Canadian Trade Commissioner Service
“Policy Package for Promoting Foreign Direct Investment into Japan to Make Japan a Global Hub” (May 20, 2016)(PDF:115KB)
“Five Promises for Attracting Foreign Businesses to Japan” (March 17, 2015) (PDF:90KB)
日・カナダ科学技術協力 平成25年2月1日
投資/科学技術 | @CanEmbJapan

2. カナダ各州の主要経済分野に係る情報は、例えば、以下のものがあります。
(1)オンタリオ州 Ontario
 Industries | @InvestOntario(頁下部)では、Aerospace、Automotive、Chemical and biochemical、Financial services、Food and beverage manufacturing、Industrial Automation and Robotics、Information technology、Life sciences、Mining、Tourism、Water technology の11分野が挙げられ、それぞれにおいて多くの情報が掲載されています。

(2)ブリティッシュコロンビア州 British Columbia
 産業セクター | @BCTradeInvest では、農業食品、林業、鉱業、天然ガス、テクノロジー、観光、運輸 の7分野が挙げられ、それぞれにおいて主な利点、概略、統計、支援、インセンティブ、サクセスストーリー、インフラなどの項目が立てられ、多くの情報が掲載されています。

(3)ケベック州 Quebec
 INDUSTRIES | @InvestQuebec では、AEROSPACE、AGRI-FOOD、GROUND TRANSPORTATION、INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES、LIFE SCIENCES、MICROELECTRONICS、MINING、MULTIMEDIA の8分野が挙げられ、それぞれにおいて多くの情報が掲載されています。

(4)アルバータ州 Alberta
 AlbertaCanada.com (@YourAlberta) では、 「アルバータ州の産業に関する詳しい情報は、以下をご覧ください。」とされて、航空宇宙・防衛機器、農業・畜産食品、建築製品・技術、工学・建造技術、環境製品・サービス、金融サービス、工業製造、情報通信技術、生命科学、物流と市場へのアクセス、原油・ガス、精製、石油化学、生化学製品、観光の13分野が挙げられ、それぞれにおいて概要が説明されています。

(5)マニトバ州 Manitoba
 Growth, Enterprise and Trade | @MBGov では、Key Industry Sectors として Aerospace、Agribusiness: Food Processing、Agribusiness Manufacturing & Technology、Building Products、Education、Electricity、Environmental Industries、Financial Services、Heavy Vehicle Manufacturing、Information & Communications Technologies & Media、Mining, Minerals & Petroleum、Retail、Tourism、Transportation & Logistics の14分野が挙げられ、それぞれにおいて概要等が掲載されています。

(6)サスカチュワン州 Saskatchewan
 OUR KEY ECONOMIC SECTORS | @SKGov では、”The sectors listed below have been identified as having the most potential for economic growth.” とされて、Agriculture & Agri-Value、Energy、Forestry、Life Sciences & Biomass、Manufacturing、Minerals の6分野が挙げられ、それぞれにおいて概要説明やまとめPDF等が掲載されています。

(7)ニューファンドランド・ラブラドール州 Newfoundland and Labrador
 Supporting Business Sectors | Department of Business, Tourism, Culture and Rural Development @GovNL では、”Strategic sector development focuses on the development and implementation of industry strategies to take advantage of new business opportunities. The department works closely with industry, economic development groups, the federal and provincial governments to develop and implement strategies that support the growth and diversification of strategic sectors.” とされて、Aerospace and Defence、Agrifoods、Craft and Gift、Environmental Industries、Information and Communications Technology、Life Sciences/Biotechnology、Manufacturing、Ocean Technology and Arctic Opportunities の8分野が挙げられ、それぞれにおいて概要が掲載されています。

(8)プリンスエドワードアイランド州  Prince Edward Island
 STRATEGIC SECTORS | @Innovation_PEI (@InfoPEI) では、”Prince Edward Island is developing a solid reputation as the location of choice for many leading international companies. Regardless of sector, we have a variety of financial supports and services to support the Island’s economic growth. Since the early 1990’s, the province’s economy has undergone considerable growth particularly in high knowledge sectors such as: Aerospace and defence, Bioscience, and Information communications technology. As these sectors have grown, our need for primary industries has faded. There is little to suggest these trends will not continue. Along with these trends and our province’s economic strategy, we are focusing on five main growth sectors: ” とされて、Information and Communications Technology、BIO Science、Aerospace and Defence、Renewable Energy、Financial & Business Services、Marine の6分野が挙げられ、それぞれにおいて概要説明やビデオ等が掲載されています。その後、社会的・経済的に成長している分野として、Advanced Manufacturing and Processing including value-added food development and production、Financial Services、Small Business が挙げられています。

ほか参考:
TradeTeamPEI
Invest PEI

(9)ノバスコシア州 Nova Scotia
 Our Growth Sectors | @NSBI では、Agriculture and Agri-Food、Clean Technology、Defence, Security & Aerospace、Digital Media、Financial Services、Information Communications Technology、Life Sciences、Manufacturing、Ocean Technology の9分野が挙げられ、それぞれにおいて企業・組織名を挙げた概要説明等が掲載されています。@NSBI は、
@ns_dob  の一番下に紹介されています。
 また、Industry Sectors | @hfxnovascotia では、Oceans、Life Sciences、Aerospace & Defence、Finance & Insurance、Education の5分野が挙げられ、それぞれにおいて概要説明やビデオ等が掲載されています。

(10)ニューブランズウィック州  New Brunswick
 rebuilding New Brunswick [PDF] | @Gov_NB では、Aerospace and Defence、Biosciences、Information and Communications Technology、Industrial Fabrication、Value-Added Food、Value-Added Wood の6分野が2012-16年の経済成長重点分野として挙げられています。また、Industry | @Gov_NB では、Forestry、Fishing、Mining、Construction、Manufacturing、Food Service の6分野が挙げられています。

(11)ユーコン準州  Yukon
 Priority Sectors | @InvestYukon では、Film and Sound、Forestry、 Innovation and Technology、Mining and Exploration、Oil and Gas、Tourism and Culture の6分野が挙げられ、それぞれにおいて概要説明等多くの情報が掲載されています。

(12)ノースウェスト準州 Northwest Territories
 Sectors | Industry, Tourism and Investment @ Government of the Northwest Territories では、”There are ten areas of focus identified by the Department for which programs and services are delivered directly or indirectly: ” とされて、Business and Economic Development、Traditional Economy、Tourism、Parks、Mines & Minerals、Diamonds、Oil & Gas、Arts, Crafts, and Film、Agriculture & Fisheries、NWT Geological Survey の10分野が挙げられ、それぞれにおいて概要説明等多くの情報が掲載されています。

(13)ヌナブト準州 Nunavut
 Department of Executive and Intergovernmental Affairs @GOVofNUNAVUT では、Economy として Mineral Exploration and Mining、Traditional Harvesting、Fisheries、Tourism、Inuit art の5分野が挙げられています。

(14) なお、Explore Canada | The Canadian Trade Commissioner Service にも、Sector Strengths(主要経済分野)も含めたカナダ各州・都市の経済情勢等が掲載されています。

3. Innovation, Science and Economic Development Canada (@MinisterISED) で “Export” “Import” と “Invest in Canada” について調べることができます。
 後者については、”It’s no wonder that Canada is a recognized world leader in many industries” とされて、Aerospace、Automotive(工場一覧にホンダ及びトヨタの記載有り)、Information and Communications Technologies、Shipbuilding の4分野が挙げられ、それぞれにおいて企業や政策の紹介、また、検索コーナーなどが掲載されています。
 前者については、- Search by product において検出された2015年の、カナダの輸出先国及び金額、カナダの輸入元国及び金額、13(準含む)各州から日本への最大輸出品目及び金額 を以下貼っておきます。
Canada export 2015Canada import 2015
Ontario largest to Japan 2015
BC largest to Japan 2015
Quebec largest to Japan 2015
Alberta largest to Japan 2015
Manitoba largest to Japan 2015
Sask largest to Japan 2015
NL largest to Japan 2015
PEI largest to Japan 2015
NS largest to Japan 2015
NB largest to Japan 2015
Yukon largest to Japan 2015
NWT largest to Japan 2015
Nunavut largest to Japan 2015

Ireland アイルランド Vol.3

日本・アイルランド間の貿易・投資関連概観です。

1. 日・アイルランド外交関係樹立60周年(2017年)記念の Partnership for Innovation and Growth: Joint Declaration by the Prime Minister of Japan and the Taoiseach of Ireland(「イノベーションと成長のためのパートナーシップ」首脳による共同宣言)[PDF] p.2-4において、
・ 農業・食料、金融サービス、ICT、生命科学、クリーンテクノロジー(agri-food, financial services, ICT, life sciences, clean technologies)などの主要経済分野における投資・貿易を両国相互に増やせる大きな可能性
・ 新しい医療機器・技術(new medical devices and technologies)、再生エネルギーやスマートシティ(renewable energy and ‘smart’ cities)、ICTの高齢者への活用、における両国間の一層緊密な協力
につき述べられています。

ほか参考:
安倍総理大臣のアイルランド訪問(概要と評価) 平成25年6月20日
ケニー・アイルランド首相の訪日 平成25年11月27日
アイルランド(Ireland) 基礎データ 平成28年6月15日
アイルランド概況 [PDF] | JETRO
アイルランド [PDF] | 国際金融情報センター

2. Facts about Ireland Autumn 2015 [PDF] | @IDAIRELAND
p.2に、輸出主要分野(PHARMA & CHEMICALS 28%, COMPUTER SERVICES 22%, BUSINESS SERVICES 12%, FINANCIAL SERVICES 10%, MEDICAL DEVICES 6%, MACHINERY & TRANSPORT 6%, FOOD & BEVERAGE 5%)、
p.8に、調査研究重点分野
が掲載されています。

3. 進出日本企業 2011 [PDF] | JETRO p.7-10 には、
【製薬】アステラス製薬、武田薬品工業、第一三共、小林製薬
【金融】野村ホールディングス、大和証券
【メーカー】アルプス電気、ネリキ、ブラザー工業、日立工機、富士通、レクザム
【その他】ガーラ(オンラインゲーム)
が挙げられています。

4. なお、北アイルランドにつき、あくまで参考:
安倍総理大臣の北アイルランド日系企業関係者等との交流 平成25年6月18日
ノーザンアイルランド 2016年3月 [PDF有] | @InvestNI

ツイッター paper.li Vol.2

All the below links are in English.

弊社ツイッターアカウントの一つ @WSjp_insight のRTによるpaper.li掲載記事5件を貼っておきます。

Canada can transition to renewable energy in just a few decades, says Stanford University professor @mzjacobson | @monique_muise

Irish ANZACS database at @UNSW | @IrelandSydney

@CharlieFlanagan addressed the diplomatic corps on Brexit and the Day of Commemoration | @IrelandEmbUSA

Kenny in hot water for backing Scotland – Scottish Tories angry at Irish intervention | @1johnmacdonald; @CormacMcQuinn @KevDoyle_Indo

Vancouver company @SewageSHARC turns sewage into heat | @CanCGChicago; @jackiewattles

“The Creation and Destruction of Value” 価値の創造と破壊 Vol.8

(All the below links are in English.)

Vol.8 金融革命の度合と限界(第4章-1)

 証券化に係る最も最近の根本的な技術革新は、1990年代半ばに始まり、J.P.モルガンが関係している。決定的だったのは、1997年に着手された Broad Index Securitized Trust Offering (BISTRO) であった。この制度では、元々の債権関係が細分化され、簿外単位で証券化され、Structured Investment Vehicle (SIV) として取引された。21世紀に入ると、証券化は不動産ビジネスの形を変え始めた。サブプライム・モーゲージは、認証後に債権に何が起こっても認証者が責任を負わないものであった。
 2005-07年には、5400億ドルの抵当化債務及び不動産証券が創り出された。2009年初期までにはこれらの内1020億ドルが整理され、優先債の32%、メザニン債の5%しか回収されなかったことになる。ジョージ・ソロス曰く、合理的期待形成モデルへの過度な思い入れについては、経済学者は投資銀行員と同様に責任があり、その間違いの代償を払うべきである。

参考
Robert Lucas, rational expectations, and the understanding of business cycles | @LarsPSyll
LIFE AFTER “RATIONAL EXPECTATIONS”?: Imperfect Knowledge, Behavioral Insights and the Social Context [PDF] | Roman Frydman and Michael D. Goldberg
The New Paradigm for Financial Markets: The Credit Crisis of 2008 and What It Means [PDF] | George Soros